TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】最新技術てんこ盛り!BOSS OD-1X。

今回は、BOSSの「OD-1X」を紹介したいと思います。

 

 

デジタルタイプの「X」シリーズ

ここまでは、昔から親しまれているアナログのオーバードライブを紹介してきましたが、今回の「OD-1X」は、デジタル回路で歪みを作り出すタイプのエフェクター。

 

この「X」シリーズは、他にもディストーションで、DS-1の方向性に沿って作られた「DS-1X」というものもあり、最近のBOSSが推しているのはこれ、といったような印象ですね。

 

ところが、デジタルによる歪みというのは、「歪みがわざとらしい」とか「弾いていて気持ちよくない」などの理由から、どうもギタリストさんが違和感を持たれるようで、割と避けられがちなのが現実だと思います。

 

もちろん、BOSSもそうしたギタリストの声は重々承知なはず。一方で、BOSSといえば、コンパクト・マルチを問わず、さまざまなエフェクターをアナログ・デジタルで作り続けてきた、そのノウハウの蓄積ぶりは、他のメーカーの追随を許さないはず。

 

通すだけで音が太くなる

さて、そんなBOSSが作り出した「OD-1X」、どんなもんでしょうか。

 

まずこのエフェクターを通したときの第一印象は「音が太くなるなあ」ということ。これを通すだけで、無条件で音がパワーアップするような、そんな印象を受けます。

 

とりわけ、「ドライブ0の状態」、これが最高なんです。通すだけで音に艶が出る…。まさに、魔法の箱、って感じですね。

 

つまみの振れ幅が大きい!

そして、気になる歪みのクセ。

 

まず、「DRIVE」つまみ、これが要はゲインなわけですが、これがおおむね9時くらいまでの間は、クリーンかクランチか、くらいのホントに微妙なところで気持ちいい音を出してくれます。

 

そして、12~2時くらいまでが、心地よいオーバードライブ。このあたりは、ポップス~ロックくらいで使っていると、かなりご機嫌になれる、非常に素晴らしいサウンドです。

 

そしてフルアップにすると、「上質なディストーション」と言っていいようなサウンドを作り出してくれます。

 

この、「つまみの幅の振れ幅」が大きいというのは、ゲイン(「Drive」つまみ)のみならず、「LOW」「HIGH」においても同様。なので、かなり音作りが柔軟にできるようになります。

 

すべてフルテンにしても面白い!

ちなみに、「DRIVE」「LOW」「HIGH」をすべてフルアップにしている状態だと、ハードロック~メタルでも使えそうな、現代的なディストーションを作り出すことが出来ます。

 

普通のエフェクターでこんな極端な設定にすると、だいたいまともな音にはならないもんですが、 OD-1Xは、こんなところにまで、使えるサウンドを用意していました。恐れ入りました。

歪ませたときのコード感が抜群

そして、適度なコンプ感があり、また歪ませたときにも、よほど極端な設定にしない限り、コード感がしっかり残っているので、使い勝手としても極上です。

 

私が使ったときの感覚では、BOSSの他のオーバードライブの例に漏れず、やはりシングルコイルのギターの方がより相性が良いように思います。フェンダー系の音を志向する方に向いているような印象ですね。

 

とまあ、このようなOD-1X。上質なオーバードライブが欲しい方、せっかく新品を買うなら、最新技術のものがほしいという方には、特にオススメです。

  

BOSSのオーバードライブは、本当に粒ぞろいで、目移りしますね。