TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Ampeg Classic Analog Bass Preamp アンペグサウンドをコンパクトに!

今回は、ベースのプリアンプということで、AmpegのClassic Analog Bass Preampをご紹介しようと思います。 

 

 

コンパクトなアンペグのペダル

アンペグのプリアンプと言えば、先日、SCR-DIという、DI機能を搭載したプリアンプについてレビューを行ったところです。

 

tk-guitar.hatenablog.com

 

こちらは、アンペグサウンドをポータブルなものにしたという点、そしてそのサウンドが素晴らしいものであることをしっかり書かせていただきましたが、一方でユーザーさんの中には「せめてもう少し小さければ…」というような声があるのも事実です。

 

その点、このペダルについては、完全にコンパクトエフェクターサイズになっているので、大きさ・重さの問題は完全にクリアされています。

 

小さくてもコントロールはほぼ共通

一方で、小さくなっても、SCR-DIのうちプリアンプ機能についてはしっかりと継承されています。従って、3つのイコライザーつまみに、「Ultra Lo」「Ultra Hi」のスイッチも同様に引き継がれています。

 

ちなみにこの「Ultra Lo」「Ultra Hi」は、それぞれ低域と高域を強調するスイッチ。アンペグのベースアンプ「SVT-3Pro」に搭載されていることで有名ですね。

 

サウンドはアンペグサウンドそのもの

ということで、サウンド面を見てみましょう。

 

アンペグ特有のサウンドの「艶」をしっかりまとった音を作ることができます。イコライザーや、各種Ultraスイッチもいいところに効くので、かなり実用性の高いペダルじゃないかなあ、と思います。

 

SCR-DIからの省略ポイント

ところで、このペダル、SCR-DIから省略されているものとして、

  • 歪みモード
  • DI機能
  • 外部入力機能

などがあります。

 

歪みモードが気になる方は、別途「Scrambler Bass Overdrive」というペダルが用意されているので、歪みに興味のある方はこちらを選んでみるのもアリかと思います。(これはこれで別途レビューします)

 

DI機能がなくなっているところ、気になる人は気になるでしょうが、ライブハウスでの使用においては、現地でDIがセットされているのが通常なので、そこはあまり気にしなくて良いでしょう。

 

というか、要はこのペダル、「SCR-DIのプリアンプ部分だけを抜き出してコンパクトにした」という方が分かりやすいかも知れませんね。

 

価格は1万円台後半…コスパは高いぞ!

ちなみに、そんなペダルですが、市場では概ね1万円台の後半くらいでゲットすることができます。もし歪みが不要なら、こっちを選ぶ方がコストパフォーマンスは高いですね。

 

以上、Ampeg Classic Analog Bass Preampのレビューでした。アンペグサウンド好きにはもちろん、コンパクトなプリアンプを探されている方にも、オススメです。