TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Fender INORAN ROAD WORN JAZZMASTER

今回も、ギター本体のレビューです。

 

Fenderからリリースされている、LUNA SEAのギタリスト・INORANのシグネチャーモデルとなる、Road Wornシリーズのジャズマスターです。 

 

 

INORANのギタリストとしてのイメージ

INORANといえば、LUNA SEAの中で、クールにカッティングやアルペジオを奏でる姿がとても印象的ですね。作る楽曲も、総じてゆったりした、あるいは荘厳なロックナンバーであることが多く、「動のSUGIZO、静のINORAN」というイメージを持たれていることも多いのではないでしょうか。

 

ちなみに私は、INORANらしさが際立つLUNA SEAの楽曲といえば、「gravity」や「SANDY TIME」あたりを思い浮かべますね。どちらもアルペジオが楽曲全体を彩る、非常に美しい曲です。

 

フェンダーからリリースされるINORANモデル

さて、そのINORANですが、かつてはSUGIZOとともにESPのギターを手にしていましたが、活動を再開して以降は、フェンダーとエンドース契約を締結し、基本的にライブではINORANモデルのジャズマスターを使うことが多くなっています。

 

で、それをシグネチャーモデルとして市販しているのが、このRoad Worn JazzMaster。

 

そういえば、以前紹介したレッチリのフリーモデルも、このRoad Wornシリーズで、メキシコ製でしたね。 

 

www.tk-guitar.com

 

で、このINORANモデルも同様にメキシコ製。そのため、実売価格は10万円台の後半となっており、少し高いながらも、十分手の出せる範囲内の価格に収まっています。

 

ジャズマスターのサウンドを上質に

さて、どのようなサウンドなのでしょうか。

 

ところで、これはINORAN氏もフェンダー公式サイトのインタビューで語っているのですが、「ジャズマスターって、ストラトやテレキャスほど、音のイメージが共有されていない」んですよね。

 

あえていえば、「オルタナとかグランジとかのジャンルで、しっかり歪ませて轟音家のサウンドを鳴らす」というイメージがあるのかもしれないですけど、実は結構クリーンでアルペジオやカッティングを鳴らすのにも向いています。

 

ジャズマスターの特徴と言えば、この大型シングルコイルピックアップなわけですが、この影響か、ストラトやテレキャスより、少し高温の削れた、太くて甘い音、でもしっかりシングルコイルの味がする音、というのが挙げられますが、このINORANモデルは、そうしたジャズマスターの特徴を、きわめて上質に引き出しています

 

とりわけ、このギター、フェンダーUSAのヴィンテージシリーズと同じ、ジャズマスター用の「American Vintage ’65」が搭載されています。この点も、サウンドに大きな影響を与えていると感じます。

 

実は、いわゆるフェンダージャパンのジャズマスターって、そのあたりが少し弱くて、「ジャズマスターっぽいんだけど、太さが足りない音」という印象に鳴ります。ですので、ジャズマスターが大好きで、その音を求めるのであれば、自ずとこのモデルを選ぶことになるでしょう。

 

一般的なジャズマスターからの進化点

また、このINORANモデルが有する、一般的なジャズマスターからの進化点として、「バズストップバーの搭載」「スイッチの角度変化」が挙げられます。

 

ジャズマスターの弱点として、「弦落ち」…強くピッキングをすると、弦が外れてしまうという現象があるのですが、それを回避するために、バズストップバーが搭載されています。

 

また、ジャズマスターの豊富なスイッチ類がピッキングのときに邪魔になる(間違って当たってしまい、音を買えてしまう)という声があることから、このINORANモデルでは、スイッチの角度が90度回転しています。小さなことですが、ジャズマスターの実用面での弱点をうまく克服しているところですね。

 

今、一番使えるジャズマスターはコレ!

このように、基本的なジャズマスターの良さを活かしつつ、細部にわたるこだわりを通じて、非常に実践的に使えるギターに仕上がったのが、このINORANモデルのジャズマスター。

 

シグネチャーモデルというと、どうしても特定のアーティストを想起させるということで避ける向きがありますが、このINORANモデルは、外見もごく普通のジャズマスターなので、ファンの方はもちろん、必ずしもそうでない方も、普通に使うことができます。

 

何より、今、「一般的な価格帯の中で、もっともジャズマスターらしいジャズマスター」を買おうとすると、このINORANモデルが真っ先に出てくるんですよね。

 

INORANファンの方はもちろん、使えるジャズマスターをお探しの方に、ぜひ手にしていただきたい一本です。

 

なお、カラーバリエーションとしては、白が一般的なのですが、イケベ楽器限定のブルーのものも存在します。

 

ここは完全に好みなので、気に入った方をお選びください。