TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】BOSS ME-80 初心者は「学び」に、上級者は「実戦」に。

本日は、BOSSのマルチエフェクター、「ME-80」をご紹介しようと思います。

 

 

MEシリーズの最上級モデル

エフェクター界の王者とも言って良い、BOSS。もちろん、マルチエフェクターにおいても定評があります。

 

BOSSのマルチエフェクターというと、どちらかというと上級者向けとされている「GTシリーズ」と、初心者~中級者くらいに向けた「MEシリーズ」の2つのラインナップがあります。

 

今回紹介するのは、そのMEシリーズの中で上位に位置する「ME-80」というモデルです。

 

マルチエフェクターというと、一般的には音作りを「パッチ」で管理する形をとるものが多いです。慣れてしまえば非常に便利なのですが、コンパクトエフェクターのように、「つまみの位置」で直感的に設定を把握することができないので、特に初心者の方を中心に、分かりにくいところがあると思います。

 

この点、ZOOMのG3シリーズは「コンパクトエフェクターのように」というのを売りにしていて、非常に分かりやすくはなっているのですが、それでも1つのつまみに複数の役割を担わせて、それを液晶画面を見ながら操作していくという手法になりますので、「直感的」とまでは言いにくい。

 

「コンパクトエフェクターをたくさん並べたボード」と理解する

その点、このME-80はどうかというと、まず筐体を見ると、ところ狭しと並んでいるつまみ類。一瞬、「なんか難しそうだなあ…」と思うかもしれませんが、これが違うんです。

 

これらは、要するに「たくさん並べたコンパクトエフェクター」だと思ってしまえばいいんです。

 

すると、たくさんあるつまみ類も、自ずと「プリアンプ(PREAMP)」、「歪み(OD/DS)」など、役割ごとに整理して理解できるようになります。そして、使わないエフェクターのことは忘れてしまえばいい。

 

で、これらのオン・オフを足下にある8個のスイッチで切り替えてやる、というような使い方をすると、まるで「たくさんのコンパクトエフェクターを1台で済ませる」というような使い方ができてしまうのです。

 

 

初心者は「エフェクターの役割」を学ぶ

これ、たとえばギター初心者が、どのようなエフェクターがどのような効果を持つかがよく分からないときに、お金をかけずに、たくさんのコンパクトエフェクターの効果をひととおり試せる、というようなメリットがあります。

 

たとえば、コンプのような、初心者にはその効果が分かりにくいものや、トレモロのように「面白いけど買うほどではない」というようなエフェクターについては、まず、こういう使い勝手の良いマルチで使い方を覚えるのがいいと思います。

 

よく、初心者の方がエフェクターを買うときに、「最初はマルチかコンパクトか」というのを悩むことがありますが、その結論を出すためのアイテムとして、「マルチとコンパクトのいいとこどり」をした、こいつが役に立つ、というわけなのです。

 

もちろん、そうした「初心者向け」の要素を持ちつつも、音はしっかり本格的なので、スタジオ練習やライブでも十二分に使えるクオリティを維持しています。このあたりは、さすがBOSSですよね。歪み系は、良くも悪くもBOSSの音なので、賛否両論が出そうですが、空間系やクリーントーンは安定のハイクオリティ。

 

もし弱点があるとすれば、このエフェクターは、他モデルのようにディスプレイ表示が充実しているわけではないので、パッチ管理は不可能ではないとはいえ、やはり苦手な部類に属します。

 

やはり、コンパクトを同時に使う、という使い方をした方が、商品コンセプトには合う感じですね。

 

初心者の「学び」として使うには、これ以上ない、最高の商品だと思います。

 

上級者は直感的に触れる点を強みに

また、上級者の方にとっては、「エフェクターの設定を詰めることに時間をかけるより、練習やライブに時間をかけたい」という、生粋の「ギターを弾くのが好きな人」にもオススメです。直感的に触れるこのマルチエフェクターは、ライブ直前の微調整もやりやすいので、実は意外と実戦的なモデルだったりもするんです。

 

初心者は「学び」に、上級者は「実戦」に。ME-80、なかなか、使えますよ。