TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Paul Reed Smith SE Custom 24 ガンガン使えるPRS!

本日は、PRSのギター「SE Custom」についてご紹介しようと思います。

  

 

PRSといえば高級ギター…?

PRS…Paul Reed Smithといえば、とにかく高級・ゴージャスなギターというイメージがありますよね。基本的に、楽器屋さんの奥の方に、いかにも高価格な雰囲気を漂わせながら鎮座している…そんな印象を、多くの人が持っていると思います。

 

お買い得なSEシリーズ

一方で、そんなPRSも、比較的お求めやすい価格帯のギターをラインナップにはそろえています。

 

それが、SEシリーズ。

 

ただ、このSEシリーズ、これまでは、ヘッドの部分に、やたらとでかい文字で「SE」の2文字が書かれており、これが「いかにも廉価版」という感じで、所有欲を大幅に減衰させる要素になっていました。

 

ところが、現在のモデルでは、SEの文字が小さくなっており、その代わり一般的なPRSと同様、「Paul Reed Smith」のサインが大きく書かれるようになっています。小さなことかもしれないのですが、やはり決して安くない買い物ですので、少しでも所有欲を高められるような小さな工夫は、嬉しいものです。

 

さて、そんなギターの基本的なつくりは、ボディがメイプルトップのマホガニーバックで、指板はローズウッド。ですので、持った印象は、少しずっしりくる感じですね。

 

高級感漂う上位機種譲りのサウンド…コイルタップでシングルにも

さて、サウンド面を確認していきましょう。

 

まず、クリーン~クランチくらいまでのサウンドだと、すごく高級感ただようサウンドであるというのは、一度弾いていただけると、それだけでお分かりいただけたかと思います。

 

私個人の印象だと、とりわけ高評価できるのは「音の分離感」と「ほどよい高域」ですね。

 

1音1音がはっきり分かれている感覚で、アルペジオなどが非常に美しく鳴り響いています。

 

また、ハムバッカーらしい、少し角の取れた音ではあるのですが、一方で音の明るさがしっかり残っている高域。カッティングなどにも非常に向いているギターだと思います。

 

また、このギターは、トーンノブを持ち上げることで、コイルタップし、シングルコイルの音を鳴らすこともできます。ストラトっぽい音作りをしたくなったら、こうすればいいわけですね。うん、万能ギターです。

 

ハイゲインサウンドも上質な歪み

さてさて、PRSというと、クリーンを得意とするギターのイメージもありますが、同時に、ハイゲインサウンドを自在に操る、ハードロックなイメージもあります。歪ませたときのサウンドも、気になるところですよね。

 

実際、ハイゲインサウンドを使ってみると、基本的には、かなり上質な歪みです。現代的なハードロック~メタルに、特にピッタリくる印象ですね。

 

もちろん、一方で、クリーントーンの方で聞けるポテンシャルの高さがありますから、ヴィンテージ系のサウンドも、なんだかんだでしっかりこなせてしまう、懐の深さもあります。

 

10万円前後のギターとしてはもっとも実戦的。弱点はギグバッグ?

このように、すべてのサウンドを高いレベルでこなしながらも、価格は10万円弱くらい。唯一のウィークポイントだった、ヘッドの大きな「SE」ロゴも小さくなっており、ネガティブな点はほぼ皆無。10万円前後の実戦的なギターとして、今、もっとも「買い」なギターの1本なのではないでしょうか。

 

ただ…もし唯一、弱点を挙げるとすれば、「SE」のロゴ、付属のギグバックに、メッチャ大きく書かれてるんですよ…。

 

いや、確かにSEだからそうなんだけど…そこ、そんなにも強調しないといけないのか、と(笑)

 

でもまあ、これはギターの使い勝手の良さの前では、ほんの些細なこと。

 

まとめ…芸術品みたいなのに実戦的

PRSというと、ややもすれば「美術品」のようなところがあり、なかなか実戦に投入しにくいところがあるのですが、このSEは、これだけ使えるギターでありながらこの価格帯なので、さまざまなライブなどに気軽に連れ出せる、良き相棒になること、間違いなしでしょう。

 

ちなみに、カラーバリエーションも豊富です。ブルーやブラウンが定番ですが、ほかにもいろいろあるので、ぜひお気に入りの色を選んで、ライブに連れ出してみてください!