TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Ampeg BA-108 自宅アンプにアンペグを!

きょうは、アンペグの家庭用ベースアンプ「BA-108」をご紹介しようと思います。

AMPEG BA-108 ベースコンボアンプ V2

AMPEG BA-108 ベースコンボアンプ V2

 

 

 

定番のベースアンプ・アンペグ 

アンペグというと、ベースアンプの定番中の定番。とりわけ、ロックベースといえばコイツ、というくらいの絶大なる信頼感があって、スタジオやライブハウスで聞くことのできるあのパワフルなベースサウンドを、なんとかして家でも…というふうに思う方は、かなり多かったのではないかと思います。

 

にもかかわらず、アンペグは、なかなか家庭用ベースアンプをリリースすることがなく、なかなか自宅でのプレイ環境が整わなかった、というのが現状でした。

 

自宅で使える「アンペグ」の登場。

そうした状況を打破するべく現れたのが、このBA-108。

 

もちろん、あのアンペグサウンドが自宅で鳴らせるか…最大の関心事がそこである点は、言うまでもないでしょう。

 

もちろん家庭用なので、過度な期待は禁物ですが、個人的には「十分アンペグらしさはでているな」という印象を受けました。とりわけ、パッシブのジャズベとの相性がいい感じです。

 

シンプルながらも使えるコントロール

出力は20W、スピーカーは、8インチのものが1つ搭載されています。自宅練習用なら、これでも十分すぎるくらいのパワフルな低音が鳴らせます。おそらく、普通の部屋なら、ボリュームは9時くらいでもいけそうな感じですね。

 

コントロール面は、3バンドのイコライザーとボリューム、それと-15dBスイッチのみのシンプルな構成。といっても、ベースの場合、自宅練習でそこまでサウンドを徹底して追い込む必要はあまりないでしょうから、これだけついていれば十分かな、と思います。

 

価格も1万円台でお買い得 

シンプルで出力もほどほどな分だけ、価格も控えめ。実売ベースで1万円台は、かなりお買い得でしょう。

 

自宅でのベースの練習の場合、アンプではなく、マルチエフェクター等にヘッドホンをつなぐという選択肢もあり得るとは思いますが、やはり個人的には、音は耳だけでなく、体でも感じていたい

 

そういうとき、やはりアンプから直接出力される音は、ベーシストにとって、本能的にとても心地よく、それを家庭で気軽に感じられるこの一品というのは、大変に重要なのではないかと考えています。

 

本物のアンペグサウンドを自宅で気軽に…いい時代になりましたね。自宅練習用に、非常にオススメできる一品です。