TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Providence Velvet Comp 上質なコンプならコレ!

今回は、Providenceのコンプレッサー、Velvet Compをご紹介します。

 

 

名前からして「上質」。

Providenceというと、とにかく上質なエフェクターやケーブルを作っており、まさに、そんな「上質」という言葉がしっくりくるブランドかなあ…と思っています。

 

そんなProvidenceがリリースしているコンプレッサーが「Velvet Comp」。なんといいますか、もう、名前からしてすでに上質感が漂っています。

 

コンプレッサーの役割とVelvet Comp

ギターでコンプレッサーを使う場合、その役割は、大きく2つあると考えられます。

 

1つが、音量の補正。音の粒立ちを均一にそろえる、というやつですね。この点、このVelvet Compは非常に自然に音の粒をそろえてくれます。Attackを控えめに、Sustainも控えめ気味に設定すると、そういった「粒立ち調整」がうまくいくような印象がありますね。

 

そして、もう1つの役割が、積極的な音づくり。そう、コンプを使うことで、あの独特の「パコパコ」感を作り出すことができます。このときは、Attackを強めに設定すれば良いですね。このパコパコの効き方も、しっかり聞くんだけど、どこか上質さが残るあたりが、このVelvet Compらしさかなあ、と思います。

 

ノイズの少なさも優秀

そして、さらに「上質さ」を感じる点が、ノイズの少なさ。コンプレッサーは、その設計上、どうしてもノイズが出てきがちなのですが、このVelvet Compは、かなりノイズを上手に押さえ込んでいます。この点は、他のコンプと比べたとき、ホントに驚くところではないかと思います。

 

ホントにProvidenceらしさが前面に出ている、とっても素敵なコンプです。ギター向けコンプで迷われている方、ぜひこいつを一度、手に取ってみてくださいませ♪