TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】VOX amPlug2 AC30

本日は、VOXのヘッドホンアンプ「amPlug2 AC30」をご紹介しようと思います。

 

 

amPlug2シリーズの特徴

このVOXのamPlug2シリーズは、

  • 非常にコンパクトでかわいい
  • ミニジャックのイヤホンを差して使うというお手軽さ
  • 意外としっかり音が出る
  • 種類も多く、コレクター心をくすぐられる

などの要因から、非常に多くの方に人気があり、楽器屋さんでも所狭しと並べられていたりします。

 

AC30を名乗るモデル

今回紹介するのは、そのうちもっともスタンダードなモデル、VOXのAC30を名乗るタイプです。

 

このamPlug2シリーズ、操作方法はおおむねすべて共通でして、本体側面のスイッチが電源&モード切り替え、上部にはボリューム、ゲイン、トーンのつまみ、そしてFXスイッチ。

 

また、AUX端子を搭載しており、スマホや音楽プレイヤーなどをつなぐことで、他の音と合わせた練習も可能になっています。

 

サウンド面はまさにAC30の方向性

この点を予備知識として有した上で、このAC30のサウンド面を見ていきましょう。

 

このサイズのヘッドホンアンプですので、実際のAC30と似ているかどうかという議論は難しいところはありますが、目指している方向性はよく分かります

 

ゲインを控えめにしても、ほんのり歪む、この感じ。

 

一方で、ゲインをフルアップしたときは、元気で張りのあるサウンドだけど、ハードなサウンドというよりは、割とポップなサウンドに合う感じの、あのオーバードライブ。

 

AC30のサウンドが好きな人なら、かなり楽しめるのではないでしょうか。

 

「お手軽さ」が最大の武器になる

で、そのサウンドを、ギターにamPlug2を差し、そこにつながったヘッドホンを耳に入れるだけで楽しめてしまう、このお手軽さ。

 

まさにそのお手軽さが、amPlugの人気の秘訣なんだと思います。

 

これまで、ヘッドホンでギターの練習というと、どうしてもマルチエフェクターのヘッドホン端子というのが主流でしたが、これは非常に良い音で練習できる一方で「手軽さ」の点が少し弱かった。

 

でも、このamPlug2は、まさにその「手軽さ」に徹底的にこだわった感じですね。

 

マルチエフェクターと比べると、音作りの範囲はもちろん狭くなりますが、その分、音作りに時間をかけずに、練習に割ける時間が増えるというメリットもあります。(個人的には、これ、結構大事なことだと思うんです)

 

そしてこの小ささですので、ライブハウスの楽屋でのウォーミングアップなどにも使えそうですね。

 

価格もお手頃の4,000円台

そうそう、お手軽なのは使い勝手のみならず、価格面もそう。なんと4,000円台でゲットできてしまいます。この値段なら、コレクター心がくすぐられてしまっても、なんとかなってしまいますよね。

 

amPlug2シリーズ、気軽な練習用のヘッドホンアンプとしては、ホントにオススメです。今回はAC30シリーズを紹介しましたが、今後、他のシリーズも含め、ご紹介しようと思います。