TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】XVIVE XV-U2 この価格で今すぐ手に入る!お手軽高品質ワイヤレス!

本日は、XVIVEのワイヤレスシステム、XV-U2をご紹介します。

 

 

解放感抜群!低価格ワイヤレスの時代 

ギターのワイヤレスシステムというと、一昔前は高嶺の花、という印象がありましたが、LINE6のRelayシリーズが2~3万円台でリリースしてきたこともあって、だいぶ買いやすくなりました。

 

と、そんな低価格化の中にあって、堂々の1万円台でリリースされてきたのが、このXV-U2です。

 

このXV-U2は、トランスミッター(発信器)とレシーバー(受信機)が同じ形をしており、トランスミッターをギターに、レシーバーをアンプ(またはそこにつながったエフェクター)に接続します。

 

これまで主流だったワイヤレスシステムは、トランスミッターには短いシールドが、そしてレシーバーにはACアダプターが必要だったため、それなりに荷物がかさばることが多かったのですが、このXV-U2はトランスミッターとレシーバー、どちらにもプラグがついていて、ギターやアンプ等に直差しできる上、バッテリーはMicroUSBの端子から充電することができるため、演奏時にACアダプターは不要。

 

そんなわけで、これまでのワイヤレス以上に解放感が大きいです。

 

そして、接続ができれば、チャンネルを合わせて、あとは音を出すだけという簡単設定。どのチャンネルになっているかは、LEDランプの点滅回数で判断します。少し分かりにくいかもしれませんが、それと引き換えに筐体がこれだけ小型化していますので、これは大いにアリですね。

 

ワイヤレスの音質も良好!

気になる音質ですが…かなり良好です。シールドと比べると少しハイファイですが、音作りの中で調整することができる範囲ですね。

 

距離は、カタログスペック上は30メートルまで離れることができます。相当大規模な会場でなければ、問題なく運用できるでしょう。少なくとも、一般的なリハスタやライブハウスでは、何の不自由も感じませんでした。

 

もし注意事項があるとすれば、トランスミッターをギターやベースに直差しするがゆえに、変形ギター等のだと、きちんと差せない場合があること。標準的なストラトやテレキャスやレスポール、ベースであればプレベやジャズベであれば問題なく使えますが、個性的なギターをお使いの場合はご注意ください。また、アクティブピックアップとの相性が悪い場合もあるようです。

 

BOSS WL-20との比較

なお、この商品のライバル機種として、BOSSのWL-20が想定されます。

 

BOSSのWL-20とXVIVEのXV-U2を比較すると、

  • 価格面においてはXV-U2が勝る
  • ブランドイメージとケーブル・トーン・シミュレーション(シールドの音質変化を再現)の点でWL-20が勝る
  • その他のおおまかな使い勝手はほぼ同等

といった印象があります。

 

本稿執筆時点(2018年9月15日)では、まだまだBOSSのWL-20は品薄で、入手困難となっています。手っ取り早く、お手軽なワイヤレスを入手しようと思うなら、このXV-U2は十分選択肢に入るでしょうし、価格面も踏まえて考えると、XV-U2の方にむしろ分があるという考え方もあると思います。

 

WL-20をきっかけに、コンパクトなワイヤレスシステムに興味をもったけど、すぐに買えなくてガッカリした方。このXV-U2、かなり満足できますよ。

 

まとめ

この価格であれば、ライブ用のみならず、自宅用としても使えてしまいます。自宅で自由に動き回りながらギターを弾けるの、かなり快適です。実はワイヤレスって、むしろ自宅で使った方がいいのでは…と思ってしまうほどでした。

 

ぜひぜひ一度、お試し下さいませ♪