TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Epiphone Tak Matsumoto DC Custom…あの「松本モデル」をエピフォンで。

本日は、EpiphoneからリリースされているB'zの松本孝弘モデルEpiphone Ltd. Tak Matsumoto DC Standardについてレビューしてみようと思います。

 

 

エピフォンの松本モデル

B'zの松本孝弘さんといえば、押しも押されぬ、我が国を代表するスーパーギタリスト。誰もが一度は耳にしたことのある、B'zの多くの楽曲を作曲しているなど、コンポーザーとしてもおなじみですし、ギタリストとしても、日本人で初めてギブソンとエンドース契約を締結するなど、その実力は内外から非常に高く評価されています。

 

そんなわけで、松本孝弘モデル…いわゆる「Tak Matsumotoシグネチャー」というギターは、ギブソンからリリースされているのですが、さすがは天下のギブソンということで、価格が非常に高く、新品で買おうとすると、100万円近くになってきます。

 

これでは普通のギターキッズが買えない…と、そこに登場したのが、エピフォンの松本モデル。

 

エピフォンといえば、かつては「エピフォン・カジノ」をはじめとした商品でおなじみの、独立したギターメーカーではありましたが、最近はGibsonの廉価版ブランドとしてのイメージの方が強いところではあります。

 

そのエピフォンが作った松本モデルということになれば、これはいわばギブソン直系なわけですので、当然に本家のスチューデントモデルとして理解できるわけなのです。

 

Tak Matsumotoモデルの基本的な仕様

さて、そんなエピフォンのTak Matsumotoモデルですが、基本的にはレスポールのダブルカッタウェイ仕様。いわゆる「DC」として親しまれており、商品名も正式には「Epiphone Tak Matsumoto DC Custom」といいます。

 

で、その「Epiphone Tak Matsumoto DC Custom」については、過去、カラーバリエーションと細部の仕様を変えながら、何度かリリースされておりまして、

  • 初代:レスポール・カスタム的なブラックの仕様
  • 2代目:上記と同様ながら色がゴールド
  • 3代目:上記と同様ながら色がアクアブルー(ただし実際は緑色の個体も多い)
  • 4代目:初代と同様のカラーリングだが指板がエボニー

といったような感じになっています。

 

とはいえ、上記いずれも、基本的な仕様はおおむね共通でして、ディープ・セット・ジョイントとダブルカッタウェイによるハイフレットの弾きやすさが目を引くものの、その他については、ボディのマホガニーをはじめとして、基本的には一般的なレスポールと概ね同等の仕様になっています。(3代目のアクアブルーについては、メイプルトップのマホガニーバックといったつくりになっていますね)

 

特筆すべきはピックアップ!バーストバッカーを搭載

そんな中、このギター最大の注目点は、ピックアップです。

 

一般的なレスポールと同様、このギターも2ハム仕様なわけですが、なんと搭載されているピックアップはギブソンのバーストバッカー

 

フロントにはGibson USA Burstbucker 2、リアには同じくBurstbucker 3が搭載されています。このバーストバッカー、ギブソンのP.A.Fを復刻したピックアップということで、普通に人気のあるピックアップなんですよね。

 

このギブソンのバーストバッカーは、一般的な廉価版レスポールに搭載されていることはありませんので、この1点だけとってみても、松本モデルにはその存在価値を見出すことができます。

 

サウンドは…廉価版とは思えぬ高級感!

さて、そのサウンドを聴いてみますと…。

 


#1090千夢一夜 松本孝弘 cover epiphone tak dc custom

 

基本的な個々のパーツがしっかりしているためか、かなり本格的なサウンドが鳴っていることが分かります。少なくとも、私の感覚で言うと、一般的なエピフォンのレスポールよりは数段上の感じです。このあたり、ギブソンのバーストバッカーが載っている部分が、かなりプラスに出ているのではないでしょうか。

 

ネックも、最近はやりの薄型ネックに慣れている人にとっては太く感じるかもしれませんが、個人的にはこれくらいの方が好印象。このネックの厚みがサウンドに効いている部分もあると思います。

 

ハードケースとギグバッグの両方付き!

このEpiphone Tak Matsumoto DC Custom、新品で購入すると、特典として、本人のサインが記された、ハードケースとギグバックの両方がついてきます。この価格帯のギターでハードケースがついてくることは珍しく、ファングッズとしての面を超えて、普通にありがたいと感じますね。

 

ギグバッグの方も、日常的に持ち歩くときにはこちらの方が便利なことも多いので、これらが両方着いてくるというのは、非常にすごいことだと思います。

 

このあたりも、お買い得感に大きく貢献してきますね。

 

弱点は作りの甘さ…

さて、そんなEpiphone Tak Matsumoto DC Customですが、価格は新品で概ね10万円前後で、3代目のアクアブルーのモデルについては、色が緑がかっているものについては6~7万円くらいの大幅値引きで販売されていることも多々ありました。

 

本家・Gibsonのものと比べると、相当なバーゲンプライスです。

 

大幅な価格低下を実現させた要因は、細部のパーツの違いなど、もろもろ理由はありますが、やはり一番大きいのは生産国。このエピフォンの松本モデルは、他のエピフォンギターと同様、中国で生産されています。

 

だから…といって良いかどうかは分かりませんが、個々のパーツの品質は高いものの、細部の作り・組み込みが甘いというか、雑になっている箇所が、どうしても散見されます。

 

特に電装系はサウンドにも影響するので要注意。気になるときは、信頼できるリペアショップで見てもらうのも一手でしょう。個々のパーツは良いので、細部を締めれば、一気にクオリティが大幅アップします。

 

まとめ

ここまで、エピフォンの松本モデルについて、さまざまな角度から見てきましたが、実はここに至るまでの間、本家ギブソンの松本モデルや、あるいは松本孝弘さんのギタープレイ等に関して触れることは、ほとんどありませんでした。

 

それはなぜかというと、このギターは、単に「松本モデル」で終わるものではなく、低価格でハイクオリティな一般向けギターとしての可能性に満ちあふれているから。

 

エピフォンのレスポール、決して悪いわけではないのですが、どうしても「廉価版」のイメージが強いです。そんな中、この松本モデルであれば、廉価版の価格でありながら、作りの甘さという弱点さえクリアできれば、堂々と第一線で使っていけるだけのポテンシャルを秘めています。

 

そして、このような意欲的なギターが廉価版で出る背景には、やはり松本孝弘さんというギタリストへの尊敬の念を、多くの人が有しているという点を抜きにしては語れないでしょう。

 

そういった意味においても、ギタリスト・松本孝弘さんは、本当に偉大だと思います。

 

そんな松本孝弘さんのこだわりがつまったシグネチャーモデル。ギターとしての使い勝手も抜群ですので、ぜひ多くの人に手にしていただければ、と願わずにはいられません。