TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【コラム】大阪・梅田の楽器屋さん、徹底比較!

このブログの執筆者である私・てぃーけーは、関西在住。

 

ということで、私が普段通っている、関西エリアの楽器屋さんをご紹介したいと思います。

 

まずは今回、梅田エリアから、行ってみましょう!

 

 

イシバシ楽器・梅田店

まずはここ、イシバシ楽器梅田店です。NU茶屋町の5階にあります。

 

イシバシ楽器梅田店の特徴は、圧倒的な在庫と展示数にあると言って良いでしょう。エスカレーターでNU茶屋町の5階に上がると、まず眼前に広がるのは、フロアの左右にある中古楽器の数々。

 

そして正面に所狭しと展示されているのが、フェンダーのギターです。ストラト、テレキャス、ジャガーにジャズマスターといったおなじみのモデルについて、日本製フェンダーからUSAのアメリカン・プロフェッショナル、アメリカン・オリジナルまで、幅広く揃えられています。

 

そして、そこから右手に進むとあるのが、エフェクターやアンプコーナー。その奥にはギブソンやPRSが並べられており、個室にはアコースティックギター。さながらギターの博物館ですね。見ているだけで飽きません。

 

一方、エスカレーターから見て左手は、書籍・楽譜や、ドラム・電子ドラムやシンセサイザーなどのコーナーになっています。ギター系に強いお店のイメージがありますが、シンセサイザーやDTMなどの品揃えも充実していますね。

 

このお店、ギターやベースについては、新品・中古ともに圧倒的な品揃えがあり、梅田でギターを選ぶときには、この店を拠点に考えることになるでしょう。

 

一方で、イシバシ楽器の例に漏れず、店員さんには全体的に話しかけにくいオーラが漂っており、初心者さんは少し敷居の高さを感じてしまうかもしれません。また、これは梅田店に限った話ではありませんが、イシバシ楽器は下取り査定が全体的に辛い点も注意が必要です。

 

島村楽器梅田ロフト店

続きまして、関西人にはおなじみの梅田ロフトの最上階、8階に店を構える、島村楽器梅田ロフト店。梅田の楽器屋さんとしては比較的後発の部類です。

 

梅田ロフトの最上階まで上がらないといけないので、少しアクセスは悪いですが、こちらもなかなかの品揃えです。

 

梅田ロフト8階までエスカレーターまで上がり、左回りで逆進すると、まず見えてくるのが、おおむね10万円くらいまでのギター。日本製フェンダーやCoolZなどを中心に並べています。

 

そして、そこから右に進んだところにある部屋は、比較的高額なギターが並んでいます。フェンダーUSAのほか、通好みなギターが数々置かれています。このあたり、フェンダー、ギブソン、PRSといったメジャーどころを重点的に揃えるイシバシ楽器梅田店との差かもしれませんね。。

 

部屋を出ると、エフェクターコーナーがあって、その先にあるのがベースコーナー。こちらも、フェンダー系というよりも、アトリエZなどの他メーカーに力を入れているあたりが、イシバシ楽器梅田店との差かなあという印象です。

 

ベースコーナーの逆サイドにある部屋は、アコースティックギターコーナー。また、ギターやエフェクターコーナーの逆サイドには、シンセサイザーや電子ドラム、楽譜などが揃えられています。このあたりのデジタル機器の展示数も多いです。

 

このほか、島村楽器には珍しく、中古楽器もある程度展示があります。

 

こちら島村楽器梅田ロフト店は、店員さんが全体的にさわやかで、話しかけやすい雰囲気があります。また女性スタッフも多く、女性のお客さまにとっての心理的ハードルはだいぶ低いのではないでしょうか。

 

ただし、ギター、ベースの在庫については、イシバシ楽器梅田店を見た後だと、物足りなさを感じることが多いのも、正直事実です。ちまたで「定番」とされている人気のギター・ベースが展示すらされていないことも多いので…。

 

ESPカスタムショップ

JR大阪駅から一番近い楽器屋さんは、ここではないでしょうか。ヨドバシ梅田の北東、国道176号線沿いにあるのが、ESPカスタムショップです。

 

この楽器屋さんは、ESPのお店というだけあって、他の楽器屋さんと異なり、ESP系列のブランドが中心に販売されています。具体的には、ESPのほか、Navigator、Edwards、Grassrootsなどですね。また、ESPが輸入代理店をやっている経緯もあり、LAKLANDなどもたくさん揃えられています。

 

国道176号線側から入ると、EdwardsやGrassrootを中心に、概ね20万円以内くらいのギターやエフェクターが展示されており、中からビルの共用廊下を通じて奥の売場へ行くと、より高額な楽器やオーダーメイドの受付、ピックアップなどが売られています。

 

ESPはセイモア・ダンカンの輸入代理店をやっていることもあって、ダンカンピックアップの品揃えが良く、また店内に工房を持っているので、ギターやベースさえ持ち込めば、その日のうちにピックアップを取り付けてくれます。工賃も店内のパッシブPUを取り付ける場合は1個2,000円と、割とお値頃です。

 

ESPといえば、良くも悪くもアーティストモデルのイメージが強いわけですが、そのためアーティスト本人使用楽器が展示されていることも多く、とりわけファンの多いLUNA SEA(SUGIZO、J)やL'Arc~en~Ciel(tetsuya)の特集が展示されているときは、プレイヤー以外の方でも賑わっています。

 

さて、そんなESPカスタムショップですが、店員さんが非常に気さくで、店に入ると「いらっしゃい」のかけ声。「いらっしゃい『ませ』」ではないんですよね。

 

そして、少しでも興味ありげな感じでギターを眺めていると、「もし良かったら音出しできますので言ってくださいね」との声かけがあります。このお店も、全体的にハードロック系の雰囲気を醸す店員さんが多いので、はじめのうちは驚くかもしれませんが、基本的に良い人が多いので、物怖じしなくても大丈夫です。

 

ただ、この声かけが本当に多いので、一人でゆっくり見たいときには若干面倒に感じることが多いのも事実。また、店の性質上、仕方がないのでしょうが、とにかくすぐにESP系列の楽器を勧めてきます。まあ、Edwards以上になると、普通に楽器の品質は良いのですが、非常に皆さんが熱心なので、ESP系以外の楽器を買う際に心理的なプレッシャーを感じることもあります…。

 

三木楽器梅田店

イシバシ楽器も島村楽器も関東発祥の楽器屋さんなわけですが、関西の楽器屋さんといえばこちら、三木楽器。

 

三木楽器梅田店は、ESTのすぐそばにあります。JR大阪環状線で、天満から大阪へ向かっている途中に見ることもできますね。少し狭いビルではありますが、4階構成になっています。

 

この三木楽器梅田店、時期によってフロア構成が結構違うのですが、2018年11月現在の状況で申し上げると、次のような感じです。

 

まず1階は、エピフォン全般、ギブソンの概ね20万円前後くらいまでのレスポール、SGと、フェンダーを含めたさまざまなメーカーの楽器が置かれています。ただ、ギブソン系以外は決して品揃えが充実しているわけではなく、「選択と集中」の考え方で展示品が選定されているようなイメージです。

 

2階はハイエンドとヴィンテージのエレキギター。梅田エリアで高額なヴィンテージがあるのは、この三木楽器梅田店くらいではないでしょうか。私が足を運んだときには、1965年製のストラトが200万円くらいの価格で売られていました…。

 

3~4階はアコースティックギターのフロア。エントリーモデルからハイエンドまで、さまざまな商品が並んでいます。

 

基本的にこのお店、フロアがあまり広くなく、店員さんもやはり少し話しかけにくい上、品揃えもマニアックで、少し上級者向けなところがありますね。ただ、そんな上級者にとっては、かなり楽しめるお店になっていると思います。

 

なお、この三木楽器梅田店、毎週水曜日が定休日です。大手の楽器屋さんで定休日があるところは珍しいので、お気をつけ下さい。気合いを入れてギターを買いに行ったのにお店が閉まってた、なんて悲しすぎますからね…。

 

ワタナベ楽器梅田店

このワタナベ楽器も、関西に拠点を構える楽器屋さんです。

 

ワタナベ楽器梅田店は、前述のESPカスタムショップがあった国道176号線を、もう少し北上したところにあります。お店の前には、国道176号線の高架がそびえ立っています。

 

このワタナベ楽器、フロアとしては奥に細長いスペースのワンフロアと、決して広くないのですが、品揃えは非常に充実しており、フェンダーやギブソンの定番品から、ヴァンザンドやSagoなどの通好みメーカーまで、実に幅広くラインナップしています。

 

また、他のお店と比べて、価格が安いことが多いのも特徴です。最近は各店舗とも、特価品をラインナップしていることが多いですが、ワタナベ楽器梅田店はそうした特化販売品が非常に多く、安くお買い物したいならまずはここ、といったイメージです。

 

店員さんも、島村楽器のような圧倒的な話しかけやすさがあるわけではありませんが、非常に親切で、そして知識も豊富。「このお店で買いたい」と思わせるような、不思議な説得力があると感じます。

 

他の楽器屋さんのように、近隣に他の商業施設があるわけではなく、あまり目立たないところではあるのですが、非常に素敵な楽器屋さんです。

 

まとめ

梅田エリアには、このような楽器屋さんがあることを、改めて整理してお知らせしました。

 

まとめると…

  • 数多くのギターを見たい人は、圧倒的な展示量のイシバシ楽器梅田店
  • 初心者の方や人見知りの方は、店員さんが話しかけやすい島村楽器梅田ロフト店
  • ESP系の楽器やピックアップ交換ならESPカスタムショップ
  • ヴィンテージ楽器を見たいなら三木楽器梅田店
  • ロケーションが微妙だけど実は穴場のワタナベ楽器梅田店

といったところかなあ…と思います。

 

どの楽器屋さんも強みと弱みがあるのが実情であり、私も上記のような観点で、お店を使い分けています。

 

それぞれのお店の個性をこうやって見比べてみるのも、面白いものですね。