ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】LAKLAND SK-4DX ・SK-5DX 個性派ベースの入門編。

本日は、LAKLANDのベース、SK-4DX、そしてこれの5弦ベースバージョンとなるSK-5DXについてレビューしてみようと思います。

 

 

LAKLANDのベースとSK(Skyline Japan Series)の位置づけ

LAKLANDは、アメリカ・シカゴに拠点を置くベースメーカー。木材や電装系などにかなりのこだわりを持っており、どちらかというとハイエンド系のメーカーとして知られているところです。

 

ひなっちこと日向秀和氏をはじめ、プロベーシストでも多々使用者がいらっしゃいます。このメーカーだと、L'Arc~en~Cielのベーシスト・tetsuya氏のイメージを持つ方も多いかもしれませんね。

 

ちなみに、輸入代理店をESPが務めており、ESP系の楽器店では、かなり多くの商品を手にすることができます。

 

さて、そんなLAKLANDのベースですが、ラインナップとしては、大きく、

  • U.S.A. SERIES:アメリカ製のハイエンドベース
  • SHORELINE SERIES:USAシリーズの部品を使いながら日本で加工したベース
  • SKYLINE JAPAN SERIES:コストパフォーマンスに優れたベース

という3つがあります。

 

もちろん、上位のUSAやSHORELINEシリーズの品質の高さは間違いないのですが、価格がとんでもないことになっており、USAシリーズは90万円近く、そしてSHORELINEシリーズでも30万円台後半と、はっきり言ってとても気軽に買えるベースではありません。

 

今回紹介する、SK-4DX、SK-5DXは、「SKYLINE JAPAN SERIES」という、上位ラインナップのコンセプトを維持しつつ、コストパフォーマンスが高いモデルという位置づけです。

 

SK-4DXのスペック

さて、そんなSK-4DX・SK-5DX。

 

まず目をひくのは、キルトメイプルトップの美しいルックス。このゴージャスさだけでも、このベースを持つ価値があるのではないかと思えるほどの、圧倒的存在感です。

 

そして、ボディ材はアルダー。いわゆる「メイプルトップ、アルダーバック」の使用ですね。ですので、木材が音に与えるイメージとしては、一般的なアルダーのそれをイメージしておくと良いでしょうか。

 

ネックはハードメイプルで、指板はローズウッドとメイプルを選択できます。ルックス的にはメイプル指板が合いそうな気もしますが、ローズウッドの希少価値なども踏まえつつ、こちらを選択するのも一手かと思います。

 

そして、ピックアップは、フロントシングル、リアハムになっており、3バンドイコライザー付きプリアンプを内蔵した、アクティブタイプです。

 

ルックスも含め、かなり現代的な仕様になっている印象です。

 

そして、ネックはボルトオンジョイントの形をとっているのですが、この形状に一工夫がなされており、ハイフレットでの演奏性が非常に高いです。

 

ネックの握り心地は、心持ち太めな印象。とはいえ、全体的にプレイアビリティは高く、弾きにくいとは感じません。

 

そうそう、このベース、ピックガードがありません。トラディショナルなフェンダー系のベースに慣れている方は、この点に最初は違和感を覚えるかもしれませんね。

サウンドは…明るく、音抜けの良さが印象的

 

さて、そんなSK-4DX、SK-5DXのサウンドについて。4弦・5弦のサウンド差は一定程度あるものの、基本的な傾向は同じなので、まずは下の動画をご覧ください。

 


Lakland SK-5DX Skyline Japan Series

 

ハイミッドに特徴のある、かなり明るい音だ、という印象を受けた方が多いのではないでしょうか。

 

特に、リアハムだけで鳴らしているときのサウンドは、かなりスティングレイに近く、あのブリブリとした中域の雰囲気を味わうことができます。

 

一方で、フロントを足していくと、音が引き締まっていきます。サウンドメイク的には、フロントの足し方がキモになるかなあ、という印象ですね。

 

もし「低音が少し不足するなあ」と思ったら、アクティブにしてローをブーストするような形でのフォローもありうるかと思います。

 

まとめ…個性的な15万円クラスのベース!

このように、SK-4DX、SK-5DXについて、その概要を見ていきました。

 

比較的ハイエンドな商品を主力にしているLAKLANDにあって、15万円前後の価格というのは、かなり買いやすい部類に属します。

 

一方で、他のメーカーでこのあたりの価格帯を探すと、だいたいがスタンダードなジャズベかプレベばっかりするので、そうした中にあって、このベースの個性というのは、ひときわ光っているような気がします。

 

特に、SK-5DXについては、弾きやすさやアクティブ仕様な点などを考えると、5弦ベースの入門編としてもかなりオススメなのではないかと思います。

 

上位モデルと比べると物足りない…という声も聞きますが、価格差がとんでもないことになっているので、そこは個人的には比較対象にしてはいけなくて、むしろ同価格帯のベースと比較してどうか、という目線を持つべきです。

 

その目でみると、かなりコスパの高いベースであることは間違いありません。

 

それ以外の弱点を挙げるなら…LAKLANDはESP系列の楽器屋さんで取り扱われていることが多いのですが、ESP系列の楽器屋さんは総じて接客態度に賛否両論があり、避けている方も多いという点ですね。楽器の品質に関係のない話ではありますが、気になる人は気になるところでしょう。

 

とはいえ、あくまで楽器として見たときには、トラディショナルなルックスを維持しつつも、そんな中に華を持たせるようなタイプのベースを探している方には、本当にオススメです。