ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Ampeg SCR-DI ベースアンプメーカーのプリアンプ!

今回は、ベース用プリアンプ、Ampeg(アンペグ)SCR-DIのご紹介です。

 

 

「近くて遠い」アンペグへの憧れ

アンペグといえば、これはもう、ベースアンプの定番。多くのスタジオやライブハウスなどに備え付けられており、かつそのパワフルなサウンドが、すっかり「ベースサウンドの基本」として体にしみついているベーシストの方も多いのではないでしょうか。

 

実はこのアンペグのプリアンプ、ベース用プリアンプとしては比較的後発の部類で、発売は2015年。ベースアンプとしては長きにわたって、「王者」として君臨し続けてきたアンペグ。

 

一方で、そのサウンドを手軽に持ち出すことは難しいものです。

 

たとえば宅録派の人などは、現実問題として、ベース用マルチエフェクターのアンペグモデリング等で対応してきたのが現実ではないでしょうか。

 

また、ライブ派のベーシストにとっても、アンプ側でしっかり音作りしたにもかかわらず、実際にPAが使っているのはDI経由のライン音だったりすることも多く、実はなかなかベーシストにとって「近くて遠い」のがアンペグサウンドなのかもしれません。

 

そこへ、満を持して登場した、アンペグ純正のプリアンプ。ベーシストたちの期待が高まるのは、いわば必然でした。

 

ホンモノの「アンペグサウンド」を足下から。

さてさて、そのサウンドの特徴はどうか。

 

うん、基本的に、アンペグらしさがしっかり出ているサウンドキャラクターですね。これはとっても好印象です。

 

音作りの基本となるのは、右上にある5つのつまみ。左から

  • Volume
  • Bass
  • Mid
  • Treble
  • AUX Level

とあります。基本的には、ごくスタンダードなパターンですよね。

 

これに加えて、このSCR-DIに「アンペグらしさ」をただよわせているのが「Ultra Lo」と「Ultra Hi」の2つのスイッチ。これらは、アンペグの定番ベースアンプ「SVT-3PRO」にも登載されたもの。機能はその名のとおり、低域と高域をそれぞれ強調するものです。

 

「SCRAMBLER」モードの歪み

また、このプリアンプのもう一つの特徴が「SCRAMBLER」(スクランブラー)モード。こちらは、スイッチのオン・オフで切り替えることができる、歪みモードです。つまみとしては、

  • Drive
  • Brend

の2つがあります。使い勝手としては、一般的なベースの歪みエフェクター的な感じですね。

 

こちらはフットスイッチで歪みのオン・オフを切り替えることができるので、他のプリアンプのように、プリアンプのゲインを上げて歪ませる…というのとは、少し感じが違うような印象です。

 

そうして考えると、このプリアンプ、イメージとしては「クリーン系のプリアンプ+歪みエフェクターの2つが1つになった」みたいなとらえ方をすると、ピンときやすいのかな、と思います。

 

ちなみにこの歪み、相当に強く歪みます。軽くドライブさせている分には「おお~」って感じなのですが、あまりにも強くしすぎると、良くも悪くも「あれ、これってアンペグ?」というような雰囲気になってきます。個人的には、歪みは控え目くらいの設定がオススメですね。

 

DI機能もあり!弱点は大きさ・重さ…

その他、このプリアンプは「DI」を商品名に関していることからも想像がつくとおり、DI機能を有しています。また、外部入力端子やヘッドホン出力端子も持っているので、自宅練習用にも楽しく使うことができるのです。本当に、幅広い用途で使うことができるプリアンプですね。

 

もし弱点があるとすれば…その大きさ、重さですね。横幅約20センチ、重さ1.2キロは、エフェクター・プリアンプとしてはかなり大型な部類に属します。

 

とはいえ、あのアンペグサウンドを、いつでもどこでも楽しむためなら、この程度の大きさは気にならない!という人も多いはず。

 

ベースアンプメーカーの作ったプリアンプ、ぜひ、使ってみてください。