ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】BOSS BB-1X 原音重視派にオススメの万能ペダル!

今回のレビューは、ベース向け。BOSSのベース用ペダル、BB-1Xです。

BOSS Bass Driver BB-1X

BOSS Bass Driver BB-1X

 

 

 

プリアンプ&歪みエフェクター

このエフェクターは、「ベース用プリアンプ」としても「歪みエフェクター」としても、またDIとしても使えてしまう、非常に便利なスグレモノです。

 

でもこれ、そんな「便利な道具」で終わらせるにはあまりにももったいない、音楽的にも素晴らしい機材なんですよ。

  

高級感こそただよっているものの、基本的にはBOSSのスタンダードなエフェクターという見た目ですよね。ですので、使い方はマニュアルを見なくても一目瞭然。強いて言うなら、一番左のつまみ、上の小さい方でボリュームを触り、下の大きい方のつまみで、原音とエフェクト音とのブレンド具合を調整する…あたりくらいは注意が必要でしょうか。

 

オンにするだけでスパイシーな味付けを

さて、このエフェクターの特徴は、「オンにすると無条件で音が太くなる」というもの。ちょっとスパイシーに味付けをしてくれる、といったところでしょうか。ですので、ドライブやブレンドを控えめにしていても、十分個性的なかっこいい音が作れてしまいます。

 

DRIVEつまみの使い方

で、このエフェクターの音づくりのキモは、「DRIVE」つまみにあります。このつまみの特性をいかにものにするかが大事です。

 

9時くらいの控えめなところでも、十分色気を持っているのですが、12時くらいまでは、あまり歪むこともなく、その色気が強くなってくるような印象。ここまでは、パンチ力こそあるものの、割と「クリーン」な音なのかな、という印象です。

 

ところが、ドライブを12時くらいより右へ回すと、ここから急に「歪みエフェクター」としての顔をのぞかせてきます。このあたりから急に「えっ?」と思うくらい、強烈に歪んでくれるのです。

 

なので、激しめのサウンドを求めている人は、思い切って3時くらいまでドライブつまみを振り切ってしまうと、かなり現代的な激しいベースサウンドを鳴らすことができるのではないでしょうか。

 

そして、これらをバンドサウンドにうまくとけこませるために、「BLEND」つまみを使って調整していく…というのが、このエフェクターの音作りの基本的な考え方になるでしょう。

 

原音を活かしながらサウンドに幅を

実際に使った印象なのですが、サウンドの幅がかなり広がる一方で、ベースの原音はしっかり活かしてくれるエフェクターという印象です。


BOSS BASS DRIVER BB-1X 【渋谷店】【新製品/予約受付中】

 

個性の強いエフェクター・プリアンプにありがちな「誰が弾いても・どんなベースを使っても同じ音」にはならず、プレイヤーやベース本体の個性を引き立ててくれるようなタイプのエフェクターです。指弾き・ピック弾き・スラップのいずれでも、活躍してくれること間違いなしでしょう。

 

実は最先端技術を駆使したデジタルエフェクター

ちなみにこのエフェクター、バリバリのデジタルです。アナログ派の人にとっては少しひっかかりがあるかもしれませんが、BOSSが最先端技術を駆使して徹底的にこだわり抜いて作られているので、「デジタル」とか「アナログ」とか、そういう予断を持つことは、正直あまり得策ではないような気がします。

 

あくまで、「音はどうか」という視点で試して見ることが重要ですね。

 

さてさて、このエフェクターは、通常の「OUTPUT」出力に加えて、「LINE OUT」という出力を別に持っています。前者は普通にアンプにつなぐためのものですが、もう一つの「LINE OUT」は、そのままPAに送るために最適化された出力端子になっています。これら両者を併用することもできるので、ライブハウスの状況などに応じて、うまく使えばいいのではないでしょうか。

 

まとめ

このエフェクター、見た目も少し高級感があって、「BOSSのようでBOSSでない」、そんな雰囲気が漂っているのが素敵です。

 

まだ発売されて数年程度と、比較的歴史の浅いエフェクターなので、あまり使っている人を多くは見かけませんが、これからきっと、使用者が増えていくエフェクターになるんだろうなあ…と、そんな予感がしています。

 

BB-1X、そう遠くないうちに、ベーシストの必携品になる予感、です。

 

BOSS Bass Driver BB-1X

BOSS Bass Driver BB-1X