ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Dimarzio Air Norton フロントの定番…でもリアでもいける!

今回は、ギターのピックアップ紹介をしようと思います。 

 

ディマジオのハムバッカーの定番、DP193 Air Norton(エアノートン)です。

 

Tone Zoneとの棲み分け

前に、同じディマジオのTone Zone(トーンゾーン)をご紹介しました。

 

www.tk-guitar.com

 

そのときにも、私は「ディマジオは現代的なサウンドが得意なイメージ」というようなことを書いたのですが、このAir Nortonは果たしてどうか。

 

扱いやすいクリーンサウンドが得意

確かに現代的なんですが、非常に扱いやすいクリーンサウンドが出せる印象です。

 

フロントの音というと、低域~中域あたりが強調された、甘い音になるのが一般的でして、確かにこのAir Nortonもそうなのですが、そういった中で、非常に音がスッキリしており、聞きやすい音になっていると感じます。

 

丸い音なんだけど、一方でどこかスカッとした雰囲気も併せ持っている、この二律背反的な感じが、とても印象的ですね。

 

ですので、たとえばクリーンで早弾きなんかをすると、音色的にも合っている上、早いパッセージにもしっかり音がついてきてくれるので、メチャクチャ気持ちいいですよ。

 

パワーは控えめ、だからこそ面白い!

パワー感は、たとえば同じディマジオのTone Zoneなどと比べると、控えめに感じますが、それがゆえに、こういったディマジオのハイパワー系をリアに置いて、フロントをこれにすると、クリーンからハイゲインまで幅広く扱える、万能ギターが出来上がります。

 

たとえばIbanezのRGなどは、こういった組み合わせにするのが定番ですよね。

 

なお、フロントで用いられることが多いこのAir Nortonですが、もちろんリアで使うのもアリだと思います。Tone Zoneなどでは暴れすぎる場合、このあたりにすると、紳士的なハードロックを奏でることができるのではないでしょうか。

 

ハイパワーピックアップとセットでフロントに載せて、モダンサウンドの申し子のようなギターを作るか、あるいはリアに乗せて、大人のハードロックを楽しむか。

 

非常に扱いやすく、そしてプレイヤーの可能性を引き出してくれる一品だと思います。