TK GuitarBlog ~楽器レビューと音楽コラム~

楽器レビューや音楽のコラムを中心にしたブログです。

【レビュー】Ibanez "NTS" NU TUBESCREAMER…真空管入りのチューブスクリーマー。

本日は、Ibanez(アイバニーズ)からリリースされた、「"NTS" NU TUBESCREAMER」についてレビューしようと思います。

 

 

 

おなじみの「チューブスクリーマー」

「チューブスクリーマー」。知らない人はいないであろう、オーバードライブの定番品の一つですね。

 

歪みすぎない、適度なドライブ感と、中域を中心にした特徴ある音作りは、これ単体での使い方もさることながら、アンプをブーストさせる、ブースターとしての使い方を中心に、多くの人に愛されてきたペダルです。

 

今回紹介する「"NTS" NU TUBESCREAMER」は、そのチューブスクリーマーに、「Nutube」という真空管を搭載したものになります。

 

新搭載の「Nutube」とは

さて、この「Nutube」とは何かと言いますと、端的に言えば、従来の真空管を小型化・省電力化したもの。消費電力は従来の真空管の2%、容積も30%以下と、かなりの小型化を実現しており、今後、さまざまなエフェクター・アンプへの搭載が期待されています。

 

ちなみにこの「Nutube」、それだけで専用サイトがあります。よろしければこちらもご覧下さい。

korgnutube.com

 

真空管を搭載したチューブスクリーマー

ということで、この"NTS" NU TUBESCREAMERは、これまでから多くのギタリストに愛されてきた、あのチューブスクリーマーに、真空管が搭載されたエフェクターということで、非常に多くの注目を集めています。

 

おそらく、チューブスクリーマーを使う人の多くが、真空管アンプをブーストさせるためにこれを使用していたはず。

 

つまり、「真空管アンプの良さをより活かすため」に使っていたわけなのですが、そのチューブスクリーマーそれ自体に真空管が入ったわけですから、これは気にならないわけがありません。

 

真空管独特の温かさとコンプ感がいい感じ

で、そのサウンド面。

 


【Ibanez/NuTube Screamer】次世代真空管NuTube搭載TS

 

第一印象は、「おっ、温かい音」って感じです。

 

この手のペダルが持つ、ドライな感じというのが一切無く、感覚的な表現になるのですが、どこかウェットで、そしてウォームな感じ

 

中域のおいしいところだけを残して、他の不要な部分がバッサリとカットされるというのは、従来のチューブスクリーマーの特徴でもありましたが、この"NTS" NU TUBESCREAMERについては、それに加えて、残された中域に、温かさと音の丸みがあります。

 

また、真空管独特のコンプ感というのも、非常に心地よいです。

 

真空管の良さというのは、なかなか言葉で表現するのが難しいのですが、このナチュラルな温かいサウンド、めっちゃ気持ちいいです。これはぜひ、多くの方に一度体感していただきたいですね。

 

単体での歪みも使える

さて、従来のチューブスクリーマーについては、ブースター的な使われ方が主流になっていますが、歪みペダルとしての評価には結構賛否があるようです(私は好きなんですけどね)。

 

その点、この"NTS" NU TUBESCREAMERについては、真空管特有の音の温かさが付加されているため、ペダルのみで歪ませても、なかなか使えるサウンドが出てきます。

 

このペダルには、ギターのオーバードライブには珍しく、原音と歪み音のミックスつまみがついています。これを12時にセットしたくらいが概ね従来のチューブスクリーマーと同じ感じで、左に回すとクリーンに、右に回すとオーバードライブの比率が高まってきます。

 

このあたりも、サウンドメイキングにかなり効いてきます。

 

そのほか、このペダルについては、9V電源でも使えるのですが、18Vで駆動させることもできます。Nutubeのドライブサウンドの実力をフルに引き出すためには、できるだけ18Vで使ってみたいところですね。

 

弱点は価格…といっても3万円弱の価値は十分

さて、そんなNU TUBESCREAMERの弱点なのですが、やはり価格になるでしょうか。ある種、チューブスクリーマーのプレミアム版、みたいな位置づけのところもあって、価格は従来のチューブスクリーマーより1万円くらい高い、26,000円くらいが中心です。

 

内容を考えると、適正な価格かな、という気もするのですが、やはり歪みペダルが2万円を超すと躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

 

また、これはNU TUBESCREAMERに限らず、チューブスクリーマー全体の弱点かもしれませんが、LEDランプのオン・オフが結構見づらかったりします。このあたり、チューブスクリーマーの伝統的なところでもありますが、そこは良くも悪くもそのまんまだったりします。

 

まとめ

このように、Nutubeを搭載した、新しいチューブスクリーマーとして、この"NTS"NU TUBESCREAMERを見てきました。

 

TS系のオーバードライブサウンドが好きな人は、気に入ること間違い無しですし、また、真空管入りのオーバードライブという意味においても、非常に価値があります。足下で真空管サウンドを作り出せるというのは、サウンドにこだわりのあるギタリストさんにとっては、相当に魅力的なのではないでしょうか。

 

少し価格は高いですが、それだけの価値があるペダルだと思います。話題性も十分ですし、ぜひ多くの人に踏んでいただきたいペダルですね。

【レビュー】Trace Elliot ELF 憧れのベースアンプヘッドは手のひらサイズ!

本日は、Trace Elliot(トレース・エリオット)からリリースされているベースアンプヘッド、「ELT」についてご紹介しようと思います。

 

 

トレース・エリオットのベースアンプ

トレース・エリオットといえば、ベースアンプ業界ではよく知られたブランドの1つ。ロゴを初めとして、緑色で彩られたイメージが強いですよね。

 

非常にパワフルなベースアンプで、ロック系ベーシストの方に愛されている、このトレース・エリオット。

 

スタジオでも、一時はアンペグやハートキーに並ぶ定番ブランドだったように記憶していますが、最近はあまり見なくなったかな…という印象があるのは、私だけでしょうか。

 

トレース・エリオットの最新アンプは手のひらサイズ!

と、そんな中、トレース・エリオットが2017年にリリースした最新のアンプヘッドは、あまりにも衝撃的で、多くのベーシストの度肝を抜きました。

 

なんと、200ワットのアンプヘッドでありながら、手のひらの上に乗ってしまうほどの、圧倒的なコンパクトさ

 

そして、重量もなんと730g。「単位:グラム」で重さを表現できてしまうアンプヘッドなんて、いったい、誰が想像できたでしょうか。

 

ちなみに、大きさ・重さが弱点とされているアンペグのプリアンプ、SCR-DIは約1.2kg。プリアンプより軽いアンプヘッドということになります。(さすがにSANSAMP BASS DRIVERとかよりは重いですけどね)

 

アンプヘッドといえば、とにかく大型で、運搬に苦労するので、本当にプロを目指して必死に活動しているような人でないと気軽に持ち運べない…というか、都市部の住宅事情では、そもそもそんなものを自宅に保管しておくことすら難しいという状況の中、トレース・エリオットは、やってくれたわけです。

 

機能面も必要にして十分!DI機能とヘッドホン端子を両備え

このコンパクトさでありながら、音作り関係では、ゲインと3バンドイコライザー、それにマスターボリュームがありますので、アンプ単体でも結構音作りを追い込んでいくことができます。

 

そして、このアンプヘッドにはしっかりXLR端子がついていますので、このアンプヘッドにDI機能を担わせることも十分可能。アンプで作った音をミキサーに送ることができる、というわけですね。

 

そのような、ライブにおける使い勝手も考慮されていると同時に、ヘッドホン端子も備えられていますので、アンプヘッドでありながら、自宅練習でも使えてしまう汎用性の高さ。

 

小さくて多機能。どこまで優秀なやつなんでしょうか。

 

サウンドはパワフルで現代的!

さて、そんな小さなアンプヘッド、ELFですが、サウンド面はどうなんでしょうか。


Trace Elliot / ELF【デジマート製品レビュー】

 

聞いていただければ分かるとおり、小さいからといってサウンド面が犠牲になっている部分は一切なく、むしろこのサイズで、ここまでパワフルなサウンドが出せるのか、と驚かれた方が多いのではないでしょうか。

 

サウンドの特徴としては、ベースの原音を活かしつつも、現代的でハイファイだな、という印象があります。

 

おそらく、自分でヘッドを買おう、と思っているような方は、ベース本体も、しっかりしたものをお使いのことと思いますので、そのベースの良さを、しっかり引き出せるようなアンプではないでしょうか。

 

ちなみに、ハイファイなサウンドであるがゆえに、足下のプリアンプやエフェクターで積極的に音作りをされるタイプのベーシストさんとも、相性がいいと思います。

 

まとめ…憧れのアンプヘッドをお手軽に!

ということで、トレース・エリオットのベースアンプヘッド「ELF」について見ていきました。

 

手のひらサイズのアンプヘッド、という前代未聞のチャレンジでありながら、高出力かつ小型化に徹底的に取り組み、さらにサウンドも文句なし。そしてDI機能とヘッドホン端子がついていて、自宅からライブまで幅広く活用できてしまう、とっても便利な、ニクいヤツです。

 

そして、このELF、お値段も概ね35,000円以下程度と、ベースアンプヘッドとしては、相当にお手頃です。

 

この値段で、このサイズで、憧れのアンプヘッドを手にできる…。この「ELF」は、もはや、ライブ派ベーシストにとっての、マストバイアイテムと言っても良いのではないでしょうか。

【レビュー】Roland CUBE Lite ギターアンプとしても使えるスピーカー。

本日は、ローランドのCUBE Lite(キューブライト)についてレビューしてみようと思います。

Roland ローランド ギターアンプ CUBE-LT-RD レッド

Roland ローランド ギターアンプ CUBE-LT-RD レッド

 

 

 

基本的には省スペースなギターアンプ

ローランドのキューブシリーズといえば、ギターアンプやベースアンプで、今やすっかりおなじみになったところかと思います。

 

で、この「CUBE Lite」も、ギターアンプのカテゴリーに位置づけられています。そして、「Lite」の名が表すとおり、基本的には省スペース系の、コンパクトなギターアンプです。

 

幅250mm×奥行き147mm×高さ135mmは、もはや机の上に置いても違和感がないほどのサイズ。Cubeシリーズのコンパクトアンプといえば、他にMicroCube GXがありますが、コンパクトさはそれ以上と言って良いでしょう。

 

ギターアンプとしての機能は控えめ…?

このサイズの中に、3つのCOSMアンプが搭載されています。

  • JC CLEAN:おなじみJC-120のモデリング。
  • CRUNCH:クランチサウンド。そのまんまですね。
  • EXTREME:ハイゲインサウンド。

といった具合。ポイントはしっかり押さえてきていますが、最近のモデリングアンプとしては少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

で、コントロール面については、トレブルとベースの2つのみ、エフェクトはコーラスとリバーブを1つのつまみにセットにしている形(つまり、同時がけができません)。

 

全体的に見ると、ギターアンプとしての機能は、少し物足りないかな、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

サブウーファー付き2.1chスピーカーが絶品

でも、そこでこのCUBE Liteを過小評価するのは、ちょっと早いんです。

 

このCUBE Lite、特筆すべきはギターアンプとしての機能ではなく、音を鳴らすスピーカー部分。

 

なんとこのサイズにして、サブウーファーを搭載し、2.1chのステレオサウンドを鳴らすことができます。サブウーファーはアンプ下部に備えられており、ここから低音を鳴らすことができます。

 

ですので、低音と高音がしっかり分離して、迫力がありながらも、非常にすっきりと聞きやすいサウンドを鳴らすことができるのです。しかも、このコンパクトサイズで。

 

そして、2.1chステレオサウンドということは、内蔵エフェクトのコーラスも、JC-120と同様のステレオコーラスが実現できるということなんですね。

 


【デジマートNew Gear Showcase】Roland / CUBE Lite

 

そう、Cube Liteの存在価値は、この2.1chスピーカーにあるのだと思います。

 

普通のモニタースピーカーとしても使える

そしてこのCube Lite、このように高品質な2.1chステレオスピーカーがついておりますので、ギターアンプのみならず、普通のスピーカーとしても使えてしまう汎用性の高さがあります。

 

パソコンのそばに置いておいて、ギターアンプ兼パソコンのモニタースピーカーとして使う、なんていう使い方が想定されるでしょうか。

 

省スペースで多機能なので、部屋の中をスッキリさせる上で、このCube Liteは非常に便利です。デザインもスタイリッシュですし、リビングや書斎にあっても、何の違和感もないですよね。

 

また、このCube Liteには、iPhoneやiPadと連携する機能「i-CUBE LINK」というものがついています。

 

付属している4極ミニ・ケーブルをつかって、CUBE Liteのi-CUBE LINK端子とiPhone・iPadをつなぐと、iPhone・iPadのサウンドをCUBE Liteから鳴らすのみならず、ギターサウンドをiPhone・iPadに送って録音ができる…つまり、オーディオインターフェイスとして使えてしまう、ということなんです。

 

そして、この状態で活躍するRolandのアプリが「CUBE JAM」。ギターの録音から、センターキャンセル機能を使ったマイナスワントラックの再生や、演奏スピードの調整など、録音・練習の両面において非常に役立つアプリです。録音はこのCUBE Liteなどのような対応アンプが必要になりますが、練習アプリとして使うならCUBE Liteは不要で、誰でもダウンロードすれば使えてしまいます。これ、普通に便利ですよ。

CUBE JAM

CUBE JAM

  • Roland Corporation
  • ミュージック
  • 無料

 

 

ただ、ちょっと気になるのが、iPhone 7以降、ヘッドフォン端子が本体から省かれてしまっていること。

 

もちろん、例のLightning端子との変換コネクタを使えば問題なく使えるのですが、ほんの少し面倒ですね…。

 

まとめ…スピーカー面を重視して買うのがオススメ

このように、このCUBE Liteは、ギターアンプとしての性能はほどほどながら、スピーカー面に力を入れており、それゆえ、ギターアンプを超えた使い方ができるという点において、非常に魅力的な一品です。

 

そんなCUBE Lite、実売価格は16,000~17,000円くらい。比較的お値頃なところではないでしょうか。

 

ちなみに、同様の使い方ができる商品として、THR10があります。こちらはギターアンプとしての性能はCUBE Liteを大きく上回ってきますが、サイズも価格も一回り大きいです。(価格は約3万円が相場)

 

 

 

また、Rolandのブランド、BOSSからリリースされているKatana-Miniは、コンパクトなギターアンプという点で共通し、ギターアンプとしてのサウンドはこちらが勝りますが、スピーカーとしての使い勝手は圧倒的にCUBE Liteが勝ります。

www.tk-guitar.com

 

要は、「ギターアンプとしても使えるコンパクトなスピーカー」という探し方をすれば、おそらくこのCUBE Lite一択かな、と思います。

 

コンパクトギターアンプ業界、なかなか奥が深いですね。さまざまな商品が、微妙な仕様の違いで、それぞれの居場所を作っている…。

 

どんどん、ギターアンプのレビュー、続けていきたいと思います。お楽しみに!

【レビュー】Atelier Z M#245 アトリエZの代表モデル。

本日は、アトリエZの代表的なベース、M#245についてレビューしようと思います。

Atelier Z/M#245

Atelier Z/M#245

 

 

 

アトリエZといえば…このモデル!

 

国産ハイエンドベースは数あれど、その中でも特に知名度が高いのが、アトリエZ。とりわけ、このM#245は、70年代ジャズベースをモチーフとしつつも、非常にハイファイなサウンドと見た目の美しさで、非常に人気があるモデルです。

 

ちなみにこのM#245は、もともとはベーシストである、故・青木智仁氏のシグネチャーモデルだったのですが、いまやアトリエZそのものを代表するモデルになっています。

 

カラーリングもいろいろあるのですが、圧倒的に人気があるのが、冒頭のリンク先にもある、ナチュラルカラー。マーカス・ミラーがこのタイプを愛用していたためか、70年代ジャズベといえばコレ、みたいなところがありますよね。

 

ボディはアッシュ…肩への重みも低音もずっしりと

さて、まずはハードウェアの特徴を見ていきましょう。

 

最初にボディなのですが、ここはホワイトアッシュが用いられています。それも、「ミッドウェイト以上」のものを。

 

このような素材ですので、とにかくこのベース、重いんです。一般的なアルダーボディのジャズベースと比べると、肩に「ずしっ」と来ます。でも、それは、「ベースの低音は、まずはボディで作り出す」とでも言うような、このM#246の哲学がここに込められているからのような気がいたします。

 

ネックはメイプル1ピース。ここも、サウンドにかなり効いている印象です。

 

バルトリーニのプリアンプとオリジナルPUの組み合わせ

そして、ピックアップは、アトリエZのJBZ-4というピックアップが搭載されています。基本的にはヴィンテージ指向なのですが、とにかくローノイズで扱いやすいです。

 

で、そのピックアップの特性をさらに活かすのが、バルトリーニのXTCTというプリアンプ。このプリアンプとピックアップの組み合わせで、あの、おなじみのハイファイサウンドが作り出されている、というわけなのです。

 

ちなみに、プリアンプをオフにして、パッシブベースとして使うことも出来ます。こちらはこちらで、70年代ヴィンテージ寄りの雰囲気を楽しむことができます。

 

とってもハイファイなサウンド…スラップにピッタリ

さて、気になるサウンドですが…

 


Atelier Z 【アトリエZ】M#245 70 Custom Natural / Maple【渋谷店】

 

非常にハイファイで抜けが良く、弾いていて、そして聞いていて気持ちのいいベースです。低音も高音も、しっかり出ていますね。

 

やはりこのベース、フュージョンなどで多々使われている印象があり、実際にスラップを多用する人が多いイメージがあります。弦高も低いので、かなりスラップはやりやすいのではないかな、と思います。

 

一方で、指弾きでも、上品な中にパワーあるサウンドを出すことができますので、そちらも私は大変好みです。

 

とはいえ、このベースを持つと、やっぱりスラップをやりたくなってしまいますよね。

 

価格は26~27万円…ハイエンド系ではお値頃か

さて、このアトリエZのM#245、気になるお値段の方は、おおむね26~27万円くらいが相場。国産ハイエンド系としては、決して高くないところかと思います。

 

ちなみに、これくらいの価格だと、フェンダーUSAのアメリカン・オリジナル(旧アメリカンヴィンテージ)やアメリカン・エリートあたりが視野に入ってきます。アメリカン・オリジナルは方向性が結構違うので気にしなくて良いかと思いますが、アメリカン・エリートとはひょっとすると迷う人がいるかもしれません。

 

個人的には、このアトリエZの方が、ヴィンテージの色を残しながら現代的になっている印象ですね。逆に、フェンダーのアメリカン・エリートの方が、徹底的に現代的な仕様に振っている印象があります。

 

まとめ…重いけど素晴らしいサウンド

このベースの弱点…というか、気になるところは、やはり重さかなあ、と思います。ただし、その重さがあってこそ、この素晴らしいサウンドが手に入るのも、また事実。このサウンドを奏でるためなら、重さにだって、きっと耐えられるはず。

 

非常に弾いていて心地よいベースでもありますので、もし未経験の方がいらっしゃれば、ぜひ一度、このベース、手に取っていただきたいなあ、と思います。

 

【レビュー】Fender SOUICHIRO YAMAUCHI STRATOCASTER…フジファブリック・山内モデル

本日は、日本製フェンダーとしてリリースされている、フジファブリックの山内総一郎モデルFender SOUICHIRO YAMAUCHI STRATOCASTERについて、ご紹介しようと思います。 

Fender エレキギター SOUICHIRO YAMAUCHI STRATOCASTER

Fender エレキギター SOUICHIRO YAMAUCHI STRATOCASTER

 

 

 

フジファブリック・山内総一郎モデルのギターとは

フジファブリックの山内総一郎さんといえば、エモーショナルなボーカルと確かなギタープレイで、フジファブリックの顔になっている名ミュージシャン。

 

もともと山内さんは、フジファブリックのギタリストだったのですが、ボーカルの志村正彦さんがまさかの急逝。これ以降は、山内さんがギターボーカルとして活動をしています。

 

さて、この山内さん、フェンダーのストラトをこよなく愛していることで知られており、始めて買ったギターもフェンダージャパンのストラト。そして、今使っているのは、カスタムショップ製のオリジナルモデル。そう、あのフィエスタレッドのギターです。

 

で、そのカスタムショップのモデルを、一般的な価格で販売できるようにしたものが、今回、日本製フェンダーとしてリリースされている、山内モデルということになります。

 

オリジナリティあふれるストラト

この山内モデル、一見すると、普通のストラトなのですが、細部はオリジナリティにあふれています

 

まず、ボディはバスウッド。一般的には価格を抑えるための材、というイメージがありますが、個人的には軽くて素直な音が鳴るので、実は結構好印象があります。

 

次にネックですが、これが結構太め。薄型ネックのギターは言うに及ばず、一般的なストラトから持ち替えても「おっ」となるこの太さ。一見、戸惑ってしまいますが、実はこれ、すごく握りやすくて、弾きやすいんです。これはぜひ、現物で確認いただきたいところですね。

 

ちなみに、太さ以外のところを見ると、メイプルネックにローズウッド指板ですので、このあたりは一般的な60年代ストラトと同様のつくりですね。

 

なお、塗装は日本製フェンダーのHybridシリーズと同様のサテンフィニッシュ。手触りも気持ちよくて、弾きやすいです。

 

ピックアップはカスタムショップ製!

次にピックアップなのですが、ここが注目どころ。カスタムショップのFAT '50sが搭載されています。この価格帯の日本製フェンダーで、カスタムショップのピックアップが載っているというのは、非常に貴重です。

 

ちなみに、ピックアップ以外の電装系も、USAのパーツが採用されており、全体的にかなりの本格感がただよっています。

 

弾いてみると…すごく心地よくて面白い

そんなわけですので、このギター、アンプにつないで音出しすると…「えっ、すげえ!」というのが第一印象。とにかくパワフルで、なのに繊細で、非常に弾いていて、心地よく、そして面白いギターです。

 

主にネックの太さのおかげで、おそらく、一般的なストラトとは、だいぶ違った感じのフィーリングになり、そしてサウンド面は、カスタムショップのFAT '50sのおかげで、だいぶ上質な雰囲気を感じられる…。

 

これは、ホントにすごいギターです。

 

価格もお手軽な13万円台!

そして、こんなこだわりたっぷりのストラトキャスターが、価格はなんと約13万円で販売されているのが恐ろしいところ。

 

同じ日本製フェンダーだと、Hybridシリーズに少しお金を足すだけで、カスタムショップ製ピックアップの載ったストラトが手に入るわけですから、これは普通にお買い得なわけなのです。

 

フジファブリック・山内総一郎氏のこだわりがたくさん詰まったこのストラトは、ファンのみならず、一般的なストラトファン全般にオススメできます。

 

ぜひ多くの方に、このギターを手にしていただいて、そしてこの喜びを共有できればいいなあ、と思います。

【レビュー】Epiphone Tak Matsumoto DC Custom…あの「松本モデル」をエピフォンで。

本日は、EpiphoneからリリースされているB'zの松本孝弘モデルEpiphone Ltd. Tak Matsumoto DC Standardについてレビューしてみようと思います。

 

 

エピフォンの松本モデル

B'zの松本孝弘さんといえば、押しも押されぬ、我が国を代表するスーパーギタリスト。誰もが一度は耳にしたことのある、B'zの多くの楽曲を作曲しているなど、コンポーザーとしてもおなじみですし、ギタリストとしても、日本人で初めてギブソンとエンドース契約を締結するなど、その実力は内外から非常に高く評価されています。

 

そんなわけで、松本孝弘モデル…いわゆる「Tak Matsumotoシグネチャー」というギターは、ギブソンからリリースされているのですが、さすがは天下のギブソンということで、価格が非常に高く、新品で買おうとすると、100万円近くになってきます。

 

これでは普通のギターキッズが買えない…と、そこに登場したのが、エピフォンの松本モデル。

 

エピフォンといえば、かつては「エピフォン・カジノ」をはじめとした商品でおなじみの、独立したギターメーカーではありましたが、最近はGibsonの廉価版ブランドとしてのイメージの方が強いところではあります。

 

そのエピフォンが作った松本モデルということになれば、これはいわばギブソン直系なわけですので、当然に本家のスチューデントモデルとして理解できるわけなのです。

 

Tak Matsumotoモデルの基本的な仕様

さて、そんなエピフォンのTak Matsumotoモデルですが、基本的にはレスポールのダブルカッタウェイ仕様。いわゆる「DC」として親しまれており、商品名も正式には「Epiphone Tak Matsumoto DC Custom」といいます。

 

で、その「Epiphone Tak Matsumoto DC Custom」については、過去、カラーバリエーションと細部の仕様を変えながら、何度かリリースされておりまして、

  • 初代:レスポール・カスタム的なブラックの仕様
  • 2代目:上記と同様ながら色がゴールド
  • 3代目:上記と同様ながら色がアクアブルー(ただし実際は緑色の個体も多い)
  • 4代目:初代と同様のカラーリングだが指板がエボニー

といったような感じになっています。

 

とはいえ、上記いずれも、基本的な仕様はおおむね共通でして、ディープ・セット・ジョイントとダブルカッタウェイによるハイフレットの弾きやすさが目を引くものの、その他については、ボディのマホガニーをはじめとして、基本的には一般的なレスポールと概ね同等の仕様になっています。(3代目のアクアブルーについては、メイプルトップのマホガニーバックといったつくりになっていますね)

 

特筆すべきはピックアップ!バーストバッカーを搭載

そんな中、このギター最大の注目点は、ピックアップです。

 

一般的なレスポールと同様、このギターも2ハム仕様なわけですが、なんと搭載されているピックアップはギブソンのバーストバッカー

 

フロントにはGibson USA Burstbucker 2、リアには同じくBurstbucker 3が搭載されています。このバーストバッカー、ギブソンのP.A.Fを復刻したピックアップということで、普通に人気のあるピックアップなんですよね。

 

このギブソンのバーストバッカーは、一般的な廉価版レスポールに搭載されていることはありませんので、この1点だけとってみても、松本モデルにはその存在価値を見出すことができます。

 

サウンドは…廉価版とは思えぬ高級感!

さて、そのサウンドを聴いてみますと…。

 


#1090千夢一夜 松本孝弘 cover epiphone tak dc custom

 

基本的な個々のパーツがしっかりしているためか、かなり本格的なサウンドが鳴っていることが分かります。少なくとも、私の感覚で言うと、一般的なエピフォンのレスポールよりは数段上の感じです。このあたり、ギブソンのバーストバッカーが載っている部分が、かなりプラスに出ているのではないでしょうか。

 

ネックも、最近はやりの薄型ネックに慣れている人にとっては太く感じるかもしれませんが、個人的にはこれくらいの方が好印象。このネックの厚みがサウンドに効いている部分もあると思います。

 

ハードケースとギグバッグの両方付き!

このEpiphone Tak Matsumoto DC Custom、新品で購入すると、特典として、本人のサインが記された、ハードケースとギグバックの両方がついてきます。この価格帯のギターでハードケースがついてくることは珍しく、ファングッズとしての面を超えて、普通にありがたいと感じますね。

 

ギグバッグの方も、日常的に持ち歩くときにはこちらの方が便利なことも多いので、これらが両方着いてくるというのは、非常にすごいことだと思います。

 

このあたりも、お買い得感に大きく貢献してきますね。

 

弱点は作りの甘さ…

さて、そんなEpiphone Tak Matsumoto DC Customですが、価格は新品で概ね10万円前後で、3代目のアクアブルーのモデルについては、色が緑がかっているものについては6~7万円くらいの大幅値引きで販売されていることも多々ありました。

 

本家・Gibsonのものと比べると、相当なバーゲンプライスです。

 

大幅な価格低下を実現させた要因は、細部のパーツの違いなど、もろもろ理由はありますが、やはり一番大きいのは生産国。このエピフォンの松本モデルは、他のエピフォンギターと同様、中国で生産されています。

 

だから…といって良いかどうかは分かりませんが、個々のパーツの品質は高いものの、細部の作り・組み込みが甘いというか、雑になっている箇所が、どうしても散見されます。

 

特に電装系はサウンドにも影響するので要注意。気になるときは、信頼できるリペアショップで見てもらうのも一手でしょう。個々のパーツは良いので、細部を締めれば、一気にクオリティが大幅アップします。

 

まとめ

ここまで、エピフォンの松本モデルについて、さまざまな角度から見てきましたが、実はここに至るまでの間、本家ギブソンの松本モデルや、あるいは松本孝弘さんのギタープレイ等に関して触れることは、ほとんどありませんでした。

 

それはなぜかというと、このギターは、単に「松本モデル」で終わるものではなく、低価格でハイクオリティな一般向けギターとしての可能性に満ちあふれているから。

 

エピフォンのレスポール、決して悪いわけではないのですが、どうしても「廉価版」のイメージが強いです。そんな中、この松本モデルであれば、廉価版の価格でありながら、作りの甘さという弱点さえクリアできれば、堂々と第一線で使っていけるだけのポテンシャルを秘めています。

 

そして、このような意欲的なギターが廉価版で出る背景には、やはり松本孝弘さんというギタリストへの尊敬の念を、多くの人が有しているという点を抜きにしては語れないでしょう。

 

そういった意味においても、ギタリスト・松本孝弘さんは、本当に偉大だと思います。

 

そんな松本孝弘さんのこだわりがつまったシグネチャーモデル。ギターとしての使い勝手も抜群ですので、ぜひ多くの人に手にしていただければ、と願わずにはいられません。

【レビュー】ZOOM G3n・G3Xn コンパクト感覚の使えるマルチ。

今回は、ZOOMのギター用マルチエフェクター、G3nをご紹介します。

 

また、これにペダルがついたバリエーションモデルの、G3Xnも、機能面は同じですので、合わせてご紹介いたします。

ZOOM ズーム ギター用 マルチエフェクター G3n

ZOOM ズーム ギター用 マルチエフェクター G3n

 
ZOOM ズーム ギター用 マルチエフェクター G3Xn

ZOOM ズーム ギター用 マルチエフェクター G3Xn

 

 

価格は、G3nで18,000円前後、ペダル付きのG3Xnで20,000円前後くらいでしょうか。これらの商品、非常に人気があり、さまざままお店がセール等で特価をつけていることも多く、価格は結構な波があります。

 

とはいえ、基本的には「約2万円」ということで見ておけば、間違いはないでしょうか。

 

 

高品質だぞ!ZOOMのマルチエフェクター 

ZOOMのマルチエフェクターについては、かつてはリーズナブルであるがゆえに品質に疑問を持つような勢力も一部にはありましたが、最近の品質の高さは目を見張るものがあり、エフェクター業界の老舗・BOSSと人気を二分するところまで来ています。

 

このブログでは、かつてベース用のB3nをご紹介しましたが、今回はギター用のG3nシリーズについて見ていきます。

www.tk-guitar.com

 

パッチとコンパクトライク、両方の使い方。

ZOOMのマルチエフェクターは、前モデルのG3以降、「コンパクトエフェクターを並べたような操作感」というところを、1つの売りにしています。

 

簡単な使い方の説明

この前提に基づいて、筐体を見てみますと、そこには3つのディスプレイ。そして、その下には4つのつまみがあり、さらにその下には、上下の「TYPE」というボタンがあります。

 

ここにある「3つのディスプレイと4つのつまみ」は、「3つのコンパクトエフェクターと、それらをコントロールする4つのつまみ」というような使い方をすることになります。

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

まずは「TYPE」ボタンでエフェクトのタイプを選ぶと、これに対応したエフェクトのパラメーターがディスプレイに表示されます。そして、ディスプレイの下にある4つのつまみで、それぞれの設定を変えていく、というような感じです。

 

「TYPE」でエフェクターを選び、あとはコンパクトエフェクターの要領でサウンドを触っていくことができるわけです。

 

コンパクトライクであるがゆえの「自動保存」に注意

ちなみに、ZOOMのマルチエフェクターは、そうしたコンパクトエフェクターライクな使い勝手を再現するためか、初期設定では「自動保存」になっています。つまり、つまみを触ったら、その状態が自動的に保存されており、パッチを行き来してもその状態。このあたり、BOSSなどのマルチエフェクターでは「保存」をしないとその状態が記憶されないので、お間違えの無いようにご注意ください。

ちなみにこの機能、ネットでは評判が悪いようなのですが、私はコンパクトを直感的に触っている感じがして、結構好きなんですけどね…

 

エフェクトは最大7つまで同時使用

そして、筐体には3つしかディスプレイがありませんが、下段左、真ん中の「SCROLL」スイッチでスクロールさせることで、最大7つまでエフェクトを並べることができます。

 

とはいえ、ただし、CPUの処理能力を超えるエフェクトは置くことができず、エラーが出てしまいます。CPUに高負荷のかかるエフェクトを使う際は、お気をつけ下さい。

 

パッチモードでの使用もOK!

さらにさらに、これらのエフェクトのスイッチのオン・オフは、「TYPE」スイッチ下のフットスイッチで切り替えができるのですが、音色の切り替えはこれのみならず、「パッチ」を切り替える手法もとれるのです。

 

具体的には、右下のフットスイッチで「MEMORY」モードと「STOMP」モードを切り替えるわけですが、STOMPモードのときはコンパクトエフェクターのオン・オフ的に、MEMORYモードのときにはパッチ切り替え的に使う形となります。

 

ギタリストは曲ごとに大きく音色を変えなければならない局面も多いので、パッチモードとコンパクトモード(STOMPモード)をつどつど切り替えられるこの設計、かなり助かるのではないでしょうか。

 

G3nで使える音

さて、G3nの気になるサウンドについて。まず、特にサウンドに大きな影響を与える、モデリングアンプと歪みエフェクターをしっかり見ていきましょう。

 

アンプのモデリングは10種類

まず、アンプについては、下記の10種類が入っています。

  • MS800:マーシャルJCM800のモデリング。
  • FD TWNR:フェンダーTwin Reverb(65)のモデリング。
  • FD B-MAN:フェンダーBassman(59)のモデリング。
  • FD DLXR:フェンダーDeluxe Reverb(65)のモデリング。
  • UK 30A:おそらくVOX AC30のモデリング。(ここだけ、エフェクトリストには明確に書いていないんです)
  • BG MK3:Mesa Boogie Mark III combo ampのモデリング。
  • XtasyBlue:Bogner Ecstasy Blue channel のモデリング
  • HW 100:Hiwatt Custom 100 のモデリング。
  • Recti ORG:Mesa Boogie Dual Rectifier Orange Channel のモデリング。
  • ORG120:Orange Graphic120のモデリング。

数は絞り込み気味ですが、まさに「厳選」と呼ぶにふさわしいラインナップだと思います。個人的には、ボグナーを取り込んできたあたりがZOOMの特徴かなあ、と思います。このサウンド、かなり使えますよ。

歪みエフェクターは10種類

次に、同じくギターサウンドの要となる、歪みエフェクター。こちらは、下記の15種類が入っています。

  • TS Drive:Ibanez TS808をモデリング。いわゆるチューブスクリーマーですね。
  • EP Stomp:Maestro Echoplex のプリアンプをモデリング。
  • RC Boost:おそらくXotic RC Boosterのモデリング。
  • GoldDrive:おそらくKLON CENTAURのモデリング。
  • SweetDrv:おそらくMAD PROFESSORのSweet Honey Overdriveのモデリング。
  • DYN Drive:簡単に真空管アンプの暖かいドライブトーンが得られるエフェクト。(まさかとは思いますが、BOSS DN-2 Dyna Driveのモデリングではないですよね?)
  • RedCrunch:ブラウンサウンドの得られるエフェクト。元ネタはあるのかな…。
  • MetalWRLD:BOSS MT-2(Metal Zone)のモデリング。
  • TB MK1.5:伝統的なファズ。
  • OctFuzz:アッパー・オクターブを加えたファズ。おそらくFulltoneのOctafuzzのモデリング。
  • SpotBoost:フレキシブルな制御が可能なブースター。
  • Aco.Sim:歪みではないですが、いわゆるアコースティックシミュレーター。
  • NYC Muff:Electro-Harmonix Big Muff Pi のモデリングに、原音とエフェクト音のブレンド機能を追加。
  • HG THRTTL Mesa Boogie THROTTLE BOX(GAIN SWITCH:HI / BOOST:ON) のモデリング。
  • BG GRID Mesa Boogie GRID SLAMMER のモデリングに、原音とエフェクト音のブレンド機能を追加。

といったところです。 モデリングの元ネタとなるペダルの選定が、BOSSとはひと味違う感じがしますね。

その他のエフェクトも充実!

もちろん、マルチエフェクターですので、コンプレッサーのほか、コーラスやディレイなどの空間系のほか、ZOOMお得意の個性的なエフェクト「Bomber」(爆発音が鳴るエフェクト)も、バッチリ搭載されています。

 

また、ペダル付きのG3Xnであれば、ワウペダルも使っていくことができます。

 

Noise Gateが超優秀

そうそう、ZOOMのマルチエフェクターを使うときは、ぜひ「Noise Gate」に注目してください。これ、ホントにびっくりするくらい、ノイズをバサッとカットしてくれます。激しく歪ませるときなんかは、これを併用していると、非常に心強いですよ。

 

サウンドは超一流!マルチを超えた生々しさ

このように、どのような設定が出来るのかを、ここまでで見てきましたが、その結果出てくるサウンドが…これがまた、最高にかっこいいんです。

 


【GAKKI ソムリエ試奏動画】ZOOM G3n / G3Xn

 

まるでホンモノのアンプ、エフェクターを使っているかのような、生々しいサウンドは、いよいよマルチもここまで来たか、という感じ。

 

これを聞くと、いよいよ「ZOOM=廉価版」という主張が、20世紀の遺物だということを痛感させられます。すごいよ、ZOOM…。

 

念のため…細かい仕様には要注意

とまあ、ここまでG3n・G3Xnを見てきて、いかにこのマルチエフェクターが「使える」かをご理解いただけたかと思いますが、細かい仕様については、若干の注意があります。

 

電池駆動しません!電源はACアダプターのみ

まず、このG3n・G3Xn、電源はACアダプターのみで、電池駆動に対応しておりません。前モデルのG3や、ライバルのBOSS GT-1が電池駆動に対応しているので、つい先入観で「このG3nも…」と思ってしまいそうになりますが、くれぐれもご注意ください。

 

G3にあったXLR端子がありません

また、前モデルのG3にあったXLR端子が、 今回のG3nにはありません。あまりギタリストさんが使うものではないと思いますが、念のため、ご注意ください。

ちなみにベーシストは、たまにマルチエフェクターをDI的に使うことがあるので、B3からB3nになったとき、ここの端子がなくなったことにいろんな意見があったんですよね。

 

一方で、今回のG3nからは、Line in端子が新たに追加されています。自宅練習のときは、これがあると便利なんですよね。

 

まとめ

 

ここまで、ZOOM G3n・G3Xnについて、使い方からサウンドなど、幅広くチェックしてきました。

 

約2万円のマルチエフェクターで、これだけ高品質なサウンドを出すことができ、しかもその使い勝手も非常に優秀。そりゃあ、大ヒットもうなずけます。

 

この「2万円前後の高品質マルチ」は、これまでZOOMの独壇場といったところがありましたが、そこにBOSSがGT-1を投入してきたことで、ますます面白くなってきました。

 

このZOOM G3n、ZOOM派の方、そしてコンパクト的な使い勝手のマルチエフェクターをお探しの方にとっては、これ以上ない一品になるのではないでしょうか。