ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギターエフェクター

【レビュー】BOSS JB-2 最大の名作!?本気で使えるコラボペダル!

今回は、BOSSのJB-2をご紹介します。

登場当時、かなり話題になったBOSSとJHSのコラボペダル。その実力のほどは…早速、見ていくことにいたしましょう!

この記事はこんな人にオススメ
  1. BOSSとJHSがコラボしたペダルについて調べている
  2. JB-2がどのようなサウンドを出せるのかを知りたい
  3. JB-2でどのような音作りができるのかを教えてほしい
  4. 1台で複数の歪みを楽しめるエフェクターが欲しい

BOSS BD-2とJHS Angry Charlieのコラボ

このペダルは、エフェクター界の巨人ともいっていいBOSSと、コアなファンを抱えるJHSがコラボして作られた、「Angry Driver」というモデルです。

では、どうコラボしたのかというと、これがまた面白くて、

  • BOSSのBD-2(BLUES DRIVER)
  • JHSのAngry Charlie

2つをそのまま1つのペダルにしてしまったという、まあ分かりやすいというか、ある意味、力技な設計になっています。

では、これをどうやって使うのかというと、ここはさまざまなエフェクターを世に送り出したBOSSのノウハウが遺憾なく発揮されている感じです。

スイッチで2つのペダルを切り替え・ミックス

このペダル、一番右に切り替えスイッチがあります。

この切り替えスイッチで、以下の6つのモードを切り替えて使うことが出来るのです。

  • BOSSモード(ブルースドライバーが使える)
  • JHSモード(Angry Charlieが使える)
  • JHS/BOSSモード(フットスイッチで両者を切り替える)
  • J→Bモード(JHS→BOSSの順でつないだモード)
  • B→Jモード(BOSS→JHSの順でつないだモード)
  • Parallelモード(両者を並列につないでブレンドしたモード)

詳細は後述しますが、単なる「切り替え」だけでなく、直列や並列でこれら2つのエフェクターをつなぎ、BD-2とAngry Charlieのサウンドをブレンドさせて使うことができるというのが、このエフェクターが単なる「ニコイチ」では終わらない、とてつもない可能性を見いだせるところです。

2軸つまみでそれぞれのエフェクターをコントロール

そして、BOSSモードとJHS、それぞれに対応した「LEVEL」「TONE」「DRIVE」の3つのつまみがあるのですが、これらは2軸つまみで、上段がJHS、下段がBOSSのモードに対応しており、それぞれ独立して音作りをすることができるのです。

実はこの設計、このJB-2が初めてではなく、かつてBOSSに存在した「SD-2」というエフェクターで用いられていた考え方なんです。

SD-2は「Dual Overdrive」という、クランチとリードの、2つの種類のオーバードライブを切り替えて使えるエフェクターだったのですが、世に出たのが早すぎたのか、早々に廃盤となってしまった、不遇の名作です。

このSD-2の設計が、まさかここで、BOSSとJHSのコラボのときに復活してくるとは…BOSSファンにとっては、非常に興味深い展開なのではないでしょうか。

独立サウンドは安定感抜群

さて、そのサウンドはどうか。

まず、BOSSモードについては、安定のBD-2サウンドですね。少しBD-2そのものよりハイ寄りかな、という気もしますが、基本的にはほぼ一緒と考えて良いでしょうか。

そして、JHSモードは、Angry Charlieらしい、マーシャルのJCM800のような歪み方をしてくれます。本物のAngry Charileと違って、つまみが「トーン」しかないので、少し音作りが限定的にはなりますが、それでもこれだけしっかり音を出してくれれば十分すぎるくらいです。

両ペダルの「直列モード」で真骨頂発揮! 並列モードもあるよ

そして、このペダルの真骨頂となるのが、「J→B」、「B→J」の直列モード。これらはまさに、2つのペダルをパッチケーブルで直接につないだかのような音を出してくれます。

「J→B」モードでは、BD-2の歪みにより深みを増すような使い方が、「B→J」モードでは、BD-2の方をブースター的な設定にしてAngry Charileを活かしていくのがオススメでしょうか。

さらに、このモードの時には、外部のフットスイッチを接続することで、手前にいる方のエフェクターをオン・オフができます。なので、先ほど言ったブースター的な使い方をするときの、ブーストのオン・オフができてしまうのです。

そして、Parallelモードを使うと、これら2つを混ぜ合わせた、まさにJB-2だけでしか出せないような音を作り出すことができます。

このように、このJB-2、まるでマルチエフェクターのように、歪みをかなり細かく設定していくことができます。

場合によっては、このエフェクター1つだけで、さまざまな楽曲に対応できるようなライブができてしまうかもしれません。それほどの幅広さを、このペダルは有しています。

Angry Charlieより安い値段でBD-2がついてくる!?

気になるお値段は、約2万円。BOSSペダルとしてはやや高額な部類に属しますが、BD-2とAngry Charlieを個別に買うよりはもちろんお買い得。

ていうか、Angry Charlieより安い価格で、BD-2付きのペダルがついてくるという、この価格破壊っぷりは、本当に強烈ですよね。

このペダル、本当にオススメです。BOSS最大の名作になるかもしれませんね。

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!