ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】MXR Micro Amp 艶やかな音作りを、たった1つのつまみで。

本日は、MXRからリリースされているブースター、Micro Ampについてレビューさせていただこうと思います。

 

MXR M133 MICRO AMP

MXR M133 MICRO AMP

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

「つまみが1つ」のクリーンブースター

当ブログでは、これまで、たくさんのエフェクターを紹介してきましたが、このMXRのMicro Ampは、その中でもひときわ輝く個性を持っています。

 

それは、筐体を見て分かるとおり、「つまみがたった1つしかない」ということ。

 

Micro Ampは、これ自体で音作りを積極的に行おうとするタイプのエフェクターではなく、むしろ商品名に「アンプ」とあるとおり、音を「増幅」することに特化したペダルであるといえます。

 

要は、ブースターということですね。

 

シンプルに「音量を増幅」

そして、たった1つのつまみしかないので、音作りにおいてできることは単純明快、「音量のコントロール」だけなのです。

 

そして、それ以外のトーンコントロールであったり、ゲインを調整するようなつまみはありません。

 

従って、このMicro Ampでできることはというと、「ペダルを踏んだときに、音量を増幅し、再度踏んで音量を下げる」ことだけ。

 

ここまで潔い設計のエフェクター、なかなかありません。

 

つなぐだけで「ハリが出る」

ただし、機能面だけで見ると、単純に音量をコントロールするだけというふうになるのですが、実際はそれ以外にも、このMicro Ampならではの特徴というものがあります

 

少し、サウンドを聴いてみましょう。


MXR Micro Amp Boost Pedal

 

それは、つなぐことにより、音にハリが出ると言う効果。このMicro Ampをつなぐことで、たとえ音量がそのままであったとしても、音が少し太くなり、艶のある音が作り出せるようになります。

 

たとえば、普通にクリーンのサウンドを作ったとき、少し音の線が細いな…と思ったら、このMicro Ampを通してやることで、サウンドにプラスアルファの色気をオンすることができます。

 

言うなれば、プリアンプ的に使うイメージですね。

 

歪みのブーストも心地よい!

そして、このMicro Amp、アンプやエフェクターの歪みをブーストさせたときもまた、最高に心地よいんです。

 

Micro Ampのつまみを12時より上げた状態でつなぎ、アンプやペダルをドライブさせると、単体で歪ませたときよりも中域を中心にサウンドが持ち上がり、音抜けが良く、非常に迫力のあるサウンドを作り出すことができます。

 

一度このMicro Amp経由の歪みを知ってしまうと、もうこれなしには戻れないと言われるほどの、なんとも言えない魅力が、このMicro Ampの歪みブーストには存在しているのです。

 

ギターソロ時のブーストもGood!

前述のように、このMicro Amp、中域を中心にしたブースト感がとても印象的なのですが、このサウンド特性は、ギターソロ時のブースターとしても非常に優秀です。

 

ギターソロのときにこれを踏むことによって得られる中域は、まさにギターソロにピッタリ。

 

ブースター的に使えるペダルはたくさんありますが、このMicro Ampについては、シンプルだからこそサウンドに張りがあり、それが唯一無二の特徴、魅力になっているという印象があります。

 

価格も魅力的!1万円程度で買えちゃいます

そうそう、このMicro Amp、価格も1万円程度。機能もシンプルですが、価格も非常にお値頃になっています。

 

同じくらいの値段で、歪みペダルが買えてしまうので、機能がシンプルなMicro Ampが割高に見えるという話もあるのですが、このMicro Ampについては、機能にお金を出すというよりは、このシンプルな設計の中で作り出すサウンドに価値を見出し、お金を出すイメージをしておく方が、このペダルの特徴をより正しく理解できているといえそうです。

 

【まとめ】シンプルだからこそ、このサウンド。

このように、MXR Micro Ampについては、たった1つのつまみだけで、ギタリストの琴線に触れる魅力あるサウンドを容易に作り出せるというのが、その最大の魅力です。

 

音作りにおいてユーザー側に委ねられた自由度は確かに決して高くないのですが、そのシンプルさはギタリストに演奏に集中する余裕を与えてくれますし、ボリュームだけで操るサウンドの「艶」は、どのような使い方をしても確実に得ることが可能。

 

通すだけで自らのギターサウンドにプラスアルファの色気が加わる、まさに魔法の箱のようなエフェクター。

 

シンプルな設計だからこその、このサウンドの魅力。ぜひ味わっていただきたいと思います。