ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ベースアンプ

【レビュー】ハートキー HD15 本格派の自宅用ベースアンプ。

本日は、自宅用のベースアンプのご紹介です。HARTKE(ハートキー)の、HD15について書いてみようと思います。

 

そもそもハートキーって?

ハートキーといえば、アンペグに次ぐ、リハスタでよく見るベースアンプの定番ですよね。

特によく見るのは、HA3500というアンプヘッドに、4スピーカーのキャビネットの組み合わせでしょうか。

アルミコーンを搭載したキャビネットから鳴る、中域~高域もしっかりと抜けてくる、いわばハイファイなサウンドは、アンペグとは少し雰囲気が異なりつつ、これはこれで、1つのベースサウンドの標準になっているような印象です。

HD15の特徴

で、今回ご紹介するHD15は、そんなハートキーからリリースされている、自宅向けの小型ベースアンプです。

ハートキーらしさと、自宅で使える使い勝手の良さがどう両立しているかが、ポイントになってきそうです。

さて、まずサウンドの第一印象なのですが…

そうそう、これぞハートキーの音!」っていう感じ。


Hartke HD15 15 watt Hydrive Bass Guitar Amp – DeMo/ReViEw

HA3500をはじめとする、ハートキーの大型アンプが持つ、ハイファイで中高音域にもパワーを感じるあの鳴り方、このアンプでも健在です。

見てみると、このHD15は、紙製コーンとアルミコーンのハイブリッド方式となっており、このクラスでハートキーサウンドを出そうと工夫した形跡が見られます。

出力は15Wということになっていますが、自宅で使うには十分すぎるくらいのサウンドで、何なら生ドラム不在の小規模ライブならこれでやれてしまうのでは…という印象もあります。

サウンドコントロール部は割とシンプルで、ボリュームと、3バンドイコライザーのみ。このサイズの家庭用ベースアンプでは、この部分に力が入っているものは、そう多くないので、音づくりにこだわりのある方は、別途エフェクターを置いた方がいいかもしれません。

でも、自宅で使うベースアンプなら、細かいところのサウンドメイキングを追い込んでいくというよりは、難しいことを考えずに、手軽にかっこいいサウンドを出せる方がメリットは大きいので、個人的にはこれくらいでいいのでは、という気もしています。

価格とアンペグとの競合…

さて、気になる価格ですが、約1万円前後。これは安い!

といっても、このクラスでもライバルになるアンペグの、BA-108あたりもおおむね同価格帯にいたりするので、これら両者の比較は、悩みどころかもしれません。

【レビュー】Ampeg BA-108 自宅アンプにアンペグを!きょうは、アンペグの自宅用ベースアンプ「BA-108」をご紹介しようと思います。 なお、アンペグの自宅用ベースアンプについては、2...

といっても、同じ価格帯で、自宅用ベースアンプという前提条件こそ共通しているものの、サウンドの方向性は、まさに「アンペグ」と「ハートキー」の特徴がそれぞれ非常に強く出ているので、実は選ぶのはそれほど難しくない、と思っています。

アンペグとハートキー、どっちが好き?

これに尽きるのではないでしょうか。あるいは、メインで入っているスタジオやライブハウスが、どっちのアンプを置いているか。

なお、最初のベースと一緒に買う場合は、「『どっちが好き?』とか『どっちがスタジオにある?』と言われても…」という感じでしょうが、そのときは、店員さんに弾き比べてもらって、よりかっこいいと思った方を買えばいいかと思います。

個人的には、低音の迫力を求めるならアンペグ、ハイファイなベースサウンドを求めるならハートキーですかねえ。

まとめ

最近はヤマハTHRのように、ベースアンプも兼用できるギターアンプも増えてきましたが、本格的なベースサウンドを出そうとすると、やはり「餅は餅屋」、ベースアンプ専門のものに一日の長があります。

意外と奥が深い、家庭用ベースアンプ。ぜひいろいろ、弾いてみていただきたいな、と思います。

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!