ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】SONY MDR-7506 こちらも定番!MDR-CD900STとの違いは?

本日は、ソニーのモニターヘッドホン、MDR-7506についてのレビューを書きたいと思います。

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

 

 

ソニーのモニターヘッドホンといえば…

多くの人が、「ソニーのモニターヘッドホン」といえば真っ先に思い浮かべるのが、あのMDR-CD900ST。このブログでも、先日、レビュー記事を書かせていただいています。

www.tk-guitar.com

 

今回ご紹介するMDR-7506も、商品の方向性としてはほぼ同じ、プロ指向のモニターヘッドホン。

 

国内では圧倒的にMDR-CD900STの方がプロ現場で活用されているようですが、一方で海外に目を向けてみると、こちらMDR-7506の方が多く使われているという話も聞きます。

 

どちらも、モニターヘッドホンとして高い評価を得ているのは、共通なのです。

 

となると、気になるのは、やはりこれら両者の違いかな、と思います。今回は、その点にフォーカスを当てながら、MDR-7506について考えていきましょう。

 

単体で聞くと…中域~高域寄りの方向性

まず、比較対象を置かずに、シンプルにMDR-7506を単体で視聴してみます。

 

すると、印象として感じるのは、まずどちらかというと中域~高域が強調された感じ。一方で低域は、しっかりと鳴っているのは分かるのですが、全体の印象としてはかなり控えめに感じます。

 

また、音の解像度が非常に高く、まさにモニターヘッドホンらしい特性を、ふんだんに感じることができていると言えるでしょう。

 

とはいえ、これらの特徴は、比較対象であるMDR-CD900STも同様に持ち合わせています。そういった意味では、まさにこれらの特性は、ソニーのモニターヘッドホンに共通するものであると言えるでしょう。

 

MDR-CD900STの特徴が「マイルド」に

次に、このMDR-7506を、MDR-CD900STと比較して聞いてみたら、どうか。

 

すると、前述の「中域~高域の強調」や「解像度の高さ」といった、MDR-CD900STとMDR-7506に共通する特徴が、MDR-7506については全体的に少しマイルドになっていることが分かります。

 

基本的なソニーのモニターヘッドホンとしてのアイデンティティは維持しつつも、その特徴…言い方を変えると「クセ」が少し弱くなっているので、たとえばMDR-CD900STだと「あれ、耳に刺さるな」とか「解像度が高すぎて疲れるな」といった部分についても、MDR-7506だと、違和感なく受け入れることができます。

 

また、低音についても、MDR-7506の方が強く出ている印象を受けます。MDR-CD900STだと、あくまでモニターとして「低音が鳴ってるな、ということを確認できる」程度の鳴り方にとどまっていますが、MDR-7506だと、他の音と一緒になって、低音がきちんと「音楽的に鳴っている」というふうに感じ取れるようになっています。

 

ですので、もし普段使いと言いますか、音楽制作以外の用途でもモニターヘッドホンを使おうとする場合、MDR-7506の方が使い勝手が良いのは、間違いないでしょう。

 

むしろ、ヘッドホンとしての素養の高さを活かし、場合によってはリスニング用として使っても良いくらいかもしれません。

 

音質面以外の使い勝手もMDR-7506が上!

また、MDR-7506は、MDR-CD900STより後発の商品となるのですが、それゆえ、使い勝手の部分においても改良が加えられています。

 

まず、プラグについては、MDR-CD900STにおいては標準プラグ(いわゆる大きい方)しか使えなかったのですが、こちらMDR-7506については、ミニプラグにも対応が可能です。スマートフォンやポータブルオーディオでの使用はもちろん、ギターアンプやマルチエフェクター等のヘッドフォン端子も最近はミニプラグのものが増えてきているので、日常的な使い勝手は、こちらの方が圧倒的に便利です。

 

次に、ケーブルなのですが、MDR-7506は伸縮可能なカールケーブルが採用されており、作業中・演奏中のちょっとした移動がかなり楽です。MDR-CD900STは長めのストレートケーブルですので、移動時はいいのですが、普段は少し邪魔になったりするんですよね。

 

また、折りたたみ機構が搭載されているのも、MDR-7506の特徴。これのおかげで、普段はコンパクトにたたんでおくことができます。

 

まとめ…日常用途なら、こっちの方がむしろ良い?

このように、MDR-7506の特徴を、主にMDR-CD900STと比較するような形でまとめてみました。

 

要約すると、

  • 基本的な方向性は、モニターヘッドホンということで共通している
  • 一方で、中域~高域の強さや解像度の高さが少しマイルドになっており、扱いやすい
  • プラグやカールコードなど、日常の使い勝手が改善されている

といったところが、MDR-7506の特徴でして、これはすなわち「MDR-CD900STだと、ちょっと極端すぎるなあ」という人にとって、ちょうど良い感じに仕上がっている、ということなのです。

 

業界標準となったMDR-CD900STに興味がありつつも、そこまで極端なものは求めていない…という層は、ライトなユーザーさんの間には結構いるような気がします。

 

そして、そういう層にこそ、このMDR-7506はピッタリはまります

 

この2機種、どちらも大変に優れたヘッドホンで、それぞれが高く評価されているため、購入を検討するとき、相当に迷うかもしれません。ぜひ大型店等で、しっかり聞き比べて、納得の行く1本を選んでいただければな、と思います。

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506