ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】SONY MDR-M1ST 次世代モニターヘッドホンの標準機…?

本日は、ソニーからこの夏にリリースされたモニターヘッドホンの新商品、MDR-M1STについてレビューさせていただこうと思います。

 

 

ソニーのモニターヘッドホンといえば…

ソニーのモニターヘッドホンといえば、誰もが知る圧倒的な定番品、MDR-CD900STがあります。当ブログでも、以前、レビュー記事を書かせていただいております。

www.tk-guitar.com

 

多くのレコーディングスタジオ等で長きにわたり活用されている、伝統のモニターヘッドホン。まさに「業界標準」なわけですが、高域に寄っていると感じられるその特性や細かな部分の使い勝手の悪さなど、今日的な視点に立つと、やはり若干の設計の古さは否めないところでありました。

 

一方で、同じくソニーのMDR-7506、こちらも同様に定番の一品。MDR-CD900STの弱点と言われる部分をしっかり克服しつつも、価格はかなりお手頃になっており、むしろこちらを勧める人も多いほどです。

 

www.tk-guitar.com

 

満を持して登場した「MDR-CD900STの後継機」

そうした中、 「MDR-CD900STの後継機種」の触れ込みとともに、満を持して登場したのが、このMDR-M1ST

 

MDR-CD900STと同様に、「業務用モニターヘッドホン」の位置づけとなっており、MDR-CD900STと同様に、化粧箱には入っておらず、きわめてシンプルな包装。このあたりが逆に燃えてくる、という方も多いのではないでしょうか。

 

長きにわたって業界標準の座をキープし続けてきた、MDR-CD900STからのモデルチェンジとなると、かなりプレッシャーも大きいところかとは思いますが、どのあたりが改良され、パワーアップしてきたのか。早速、見ていくことにしましょう。

 

外観にあふれる高級感

まずこのMDR-M1ST、手にした第一印象は「おお、高級そう」というところ。

 

前モデルのMDR-CD900STやMDR-7506あたりは、良くも悪くも道具然としており、ガシガシと使い込んで行けそうな雰囲気が漂っているのですが、このMDR-M1STについては、それらとは異なり、少し価格が高めのヘッドホンと同様の高級感を身につけています。


360°動画 SONY / MDR-M1ST

 

装着感にも高級感!適度な側圧が心地よい

そして、このMDR-M1STを装着してみると…ホントに絶妙の付け心地なのが、よく分かります。

 

前モデルのMDR-CD900STについては、長時間着用を想定し、側圧がホントに優しくて、つけているかつけていないか分からない…と言っても良いくらいだったのですが、今回のMDR-M1STについては、そこから少し、ほんの少しだけ、側圧を強めているような感じです。

 

といっても、これがホントに「ほんの少し」でして、その結果何が得られるかというと、これくらいの方がかえって心地よいという事実。これくらいの側圧がある方が、着用感的にも音質的にもちょうどいいのではないかと思えるような印象です。

 

少なくとも、オーディオテクニカのATH-M50xのような側圧の強いモニターヘッドホンとは全く別物。MDR-M1STの方は、多少側圧があるとはいえ、モニターヘッドホン全体で見ると「付け心地が優しい」部類に入るのは間違いありません。

 

このあたりは、ぜひ一度、ご自身でも試着いただければ、と思います。

 

ケーブル着脱が可能に!折りたたみ機構も搭載

そしてこのMDR-M1STは、MDR-CD900STが苦手としていた「使い勝手面」についても、しっかり改良を施されてきています。

 

まずは、ケーブルの脱着機構の搭載。前のMDR-CD900STは、ケーブルの脱着が出来ず、断線してしまうと修理に出すしかなかったのですが、こちらについてはケーブルの付け替えで対応が可能になります。

 

また、折りたたみ機構が搭載されているので、持ち運びや収納時にも場所を取らなくて済むようになっています。

 

このあたり、小さいことかもしれませんが、長く付き合っていく上では、結構重要なところでもあります。

 

音質は…MDR-CD900STから大幅に進化!リスニング用としても使える

さて、ヘッドホンにおいて、一番気になるのが、音質。前のMDR-CD900STについては、モニターヘッドホンらしい解像度の高さ、そして高域の強さが非常に印象的でしたが、今回のMDR-M1STは果たしてどうか。

 

…まず、第一印象として思うのが「上質なサウンド」ということ。

 

モニターヘッドホンなので、基本的には全域をフラットに鳴らすのがこれの役割なのですが、ホントに見事にフラットになっており、少なくともMDR-CD900STのように「高域が耳につく」といったようなことは、全くありません

 

そして、高域が相対的に抑えられていることと、そして前述の側圧のささやかな強化の合わせ技か、MDR-CD900STよりも低音がぐっと聞き取りやすくなっています

 

最近はユーザー側も低音重視系の環境で音楽を聴くケースも多いので、ある程度ベースを効かせたサウンドをモニターするのであれば、むしろこういったヘッドホンの方がモニターには向いているのだろうと思います。

 

そして、これだけサウンドのクオリティが高いと、単なるモニターヘッドホンにとどまらず、リスニング用としても積極的に使っていきたいと感じされる魅力が、このMDR-M1STにはあります。

 

間違いなく、相当に上質なモニターヘッドホンです。

 

弱点は価格…MDR-CD900STが2個買える

さて、そんなMDR-M1STですが、あえて1つ弱点を挙げるとすれば、それは価格

 

MDR-CD900STが1万円台半ばくらいで購入できる中、このMDR-M1STについては、実売価格が3万円強。単純計算で、MDR-CD900STが2個買えることになってしまいます。

 

もちろん、上質なヘッドホンがそれ相応のお値段であることは、ごくごく当たり前の話ではあるのですが、3万円となると、さすがにちょっと躊躇する人も多いかもしれません。

 

また、これだけの価格となると、MDR-CD900STのように、プロからアマチュアまで幅広く浸透…というのは難しいようにも思います。

 

今後、このMDR-M1STが「次世代の標準機」になるためには、この価格がこれからどれだけ下がってくる…その点も、結構重要なのではないかと思います。

 

【まとめ】次世代標準機にふさわしい本格ヘッドホン!あとは価格…

このように、このMDR-M1STについては、これまでの業界標準機であったMDR-CD900の後継機として、そのウィークポイントをことごとく克服し、次世代の標準機にふさわしいサウンドと使い勝手を身につけていることが確認できました。

 

とりわけ、ホントに適度な側圧と、真の意味でフラットなサウンドの特徴は素晴らしく、モニターからリスニング用途まで、幅広く活用していくことが期待できそうです。

 

一方で、やはり価格が3万円を超えてくると、やはり購入に二の足を踏んでしまう人が多いのも、また事実。特に現行の標準機・MDR-CD900STが1万円台半ばで買えてしまうことを踏まえると、ここは相当に引っかかるところです。

 

とはいえ、その価格分の価値があるヘッドホンであるのも、また事実。それだけの実力を秘めた、非常に魅力的な一品であることは間違いないので、ぜひぜひ、試聴の上、購入を検討いただきたいと思います。