ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

フェンダー公式ショップへ行ってきました(大阪心斎橋・アメリカ村)

2019年4月、アジア初のフェンダー公式ショップが、大阪・心斎橋の三木楽器2階にオープンしました。

 

「公式ショップ」…正式には、SHOP in SHOP「FENDER SHOP in MIKI GAKKI AMERICAMURA」という言い方をするそうです。

 

フェンダー愛好家にとってはたまらない店のはず!さっそく、行ってきましょう!

 

 

場所は大阪・心斎橋の三木楽器アメリカ村店

このフェンダーShop in Shopは、三木楽器アメリカ村店の2階にあります。アクセスの詳細なご紹介は公式ページに譲りますが、大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)御堂筋線の心斎橋駅、または四ツ橋線の四ツ橋駅から徒歩5分で行くことができます。

www.mikigakki.com

 

営業時間は午前11時から午後8時。あと、毎週水曜日が定休日ですので、ご注意ください。

 

店内はフェンダー一色!まずは写真をご覧ください

さて、そんなわけで、早速足を踏み入れてみると…

 

これはすごい!見渡す限り、フェンダーのギターで埋め尽くされています。

 

まず、入って奥に見えるのが、フェンダーからリリースされているシグネチャーモデルや、アメリカ製の標準的なモデルです。

上の写真の右に鎮座しているのは春畑道哉モデル、下の写真にはSCANDAL・MAMIモデルが見えますね。残念ながら写真が見切れてしまっておりますが、フジファブリック・山内宗一郎モデルもあります。

f:id:takashi-kato-guitar:20190517200423j:plain

 

f:id:takashi-kato-guitar:20190517200448j:plain

 

そして、左を向くと見えるのが、ジャガー系ギター。ジャガーは大きな楽器屋さんでないと置かれていないことも多い中、このショップではこれだけの展示がなされています。

f:id:takashi-kato-guitar:20190517200517j:plain

 

さらにその左には、日本製フェンダーのストラトがずらっと並んでいます。非常にカラフルで、圧巻です。

f:id:takashi-kato-guitar:20190517200541j:plain

 

右側に並ぶのはテレキャスター。こちらも、これだけ数多くのテレキャスを並べられると、非常に存在感があります。ていうか、見てると、一本、欲しくなってきますよね。

 

f:id:takashi-kato-guitar:20190517201520j:plain

 

そうそう、入って正面には、ギターアンプのコーナーもありました。

f:id:takashi-kato-guitar:20190517201822j:plain

 

このほか、写真はありませんが、ジャズマスターのコーナーや、小物類のコーナーもしっかり設置されています。

 

とにかく、店のコンセプトが明確で、展示もかなり洒落た感じになっており、非常に居心地のよい雰囲気です。

 

憧れのカスタムショップコーナーも!


そして、このお店の一番の見所は、右奥にある小部屋。ここは、カスタムショップのギターが展示されています。

 

部屋の入口に掲げられた、カスタムショップのロゴが、とにかく圧倒的な存在感を放っています。

 

f:id:takashi-kato-guitar:20190517202825j:plain

 

中にあるカスタムショップのギターは、現代風のものからハードレリックが施されたヴィンテージ指向なものまで、実に多岐にわたっています。

f:id:takashi-kato-guitar:20190517203228j:plain

f:id:takashi-kato-guitar:20190517203242j:plain

 

すべてに言えるのは、やはりカスタムショップ製のギターは、見た目からして、出ているオーラが違うこと。なかなか気軽に買えるギターではありませんが、フェンダーのラインナップの頂点にある、このカスタムショップ製。ぜひ一度は、この手にとってみたいと思います。

 

注意…ここにあるのはギターだけ!ベースはありません

このように、見ているだけでも楽しいフェンダーSHOP in SHOPですが、一点だけ、注意事項があります。

 

それは、このお店、「ギターしか扱っていない」ということ。

 

言うまでもなく、ベースの業界においても、フェンダーはプレシジョンベースとジャズベースという、歴史に残るスタンダードを作り上げてきたわけですが、そうしたフェンダー製のベースは、ここには一切置かれておりません。ですので、フェンダーのベース愛好家の方にとっては、少し肩透かしを食らってしまうような向きもあるかと思います。

 

ちなみに、三木楽器はアメリカ村にベース専門店「BASS SIDE」というお店を別途持っています。こちらはフェンダーに特化しているわけではないですが、カスタムショップのほか、ホンモノのヴィンテージがあったりと、これはこれで、すごいお店です。

www.mikigakki.com

 

【まとめ】フェンダーのギターを選ぶなら、ぜひここへ!

このように、フェンダーの公式Shop in Shopの様子を写真でご紹介させていただきました。

 

フェンダーのギターが好きな方なら、きっと、この写真を見ているだけで、胸がわくわくしたのではないでしょうか。

 

ここ、本当にかなりの数のギターが展示されていますので、一般に市場に出回っているフェンダーのギターであれば、まず間違いなくここで現物を確認することが出来ます。

 

フェンダーのギターをご検討の際は、ぜひここにお立ち寄りいただくと、大変有意義な時間が過ごせるのではないでしょうか。