ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Fender Player Plus Stratocaster 新しいPlayerシリーズのストラト。

本日は、フェンダーのPlayer Plusシリーズから、ストラトキャスターを選んで、ご紹介させていただこうと思います。

 

大ヒット商品であるフェンダーのPlayerシリーズの上位グレードに当たるPlayer Plus。その魅力にも、あわせて迫ってみます。

 

それでは、行ってみましょう!

 

 

 

大人気だったPlayerシリーズ

まずは、今回ご紹介する、フェンダーのPlayer Plusについて、少しお話を。

 

もともとフェンダーには、初心者向けのリーズナブルなラインナップとして、Playerシリーズというものがありました。

 

これは、メキシコ製ということで価格を下げつつも、フェンダーらしいサウンドがしっかり継承されており、何より「紛うことなき本物のフェンダー」というブランドイメージも相まって、このPlayerシリーズは、世界的な大ヒット商品となりました。

 

当ブログでも、Playerシリーズのストラトについて、過去にご紹介をさせていただいたことがあります。

 

www.tk-guitar.com

 

細部の作りの甘さは気になるものの、6〜7万円台でフェンダーのストラトキャスターが手に入り、そして木材がアルダーボディ・メイプルネックと本格的なため、ピックアップ交換で大化けする可能性を秘めた、初心者から通好みな人までを幅広くカバーする、大変おもしろいギターです。

 

新しいシリーズ・Player Plusで付加された特徴

そして、今回ご紹介するPlayer Plusシリーズのストラトキャスターは、そうしたPlayerシリーズの個性はそのままに、プラスアルファの付加価値を付けてきたモデル、ということになります。

 

ラインナップとしては、伝統的なストラトと同様の3シングルモデルと、リアにハムバッカーを搭載したHSSモデルとがあります。

 

では、どのあたりに付加価値がついてきたのか…という話なのですが、基本的には「よりモダンな方向へのアレンジ」というような傾向にあります。

 

USA製のラインナップにおいて、標準的なAmerican Professionalシリーズと上位グレードでよりモダンなサウンドを指向するAmerican Ultraシリーズとがありますが、普通のPlayerシリーズとPlayer Plusシリーズの関係は、これにかなり近いと言って良いでしょう。

www.tk-guitar.com

 

 

では、具体的にはどういったところか。以下、見ていきます。

 

ノイズレスピックアップの採用

前回のPlayerシリーズでは、ピックアップが標準的なものが採用されており、それゆえに交換して自分好みに仕上げていく喜びなどもあったのですが…

 

今回のPlayer Plusについては、「Player Plus Noiseless Pickup」という、ノイズレスタイプのピックアップが搭載されています。

 

USA製の上位グレードと全く同じ、というわけではないのでしょうが、それでもノイズレスピックアップらしいノイズの少なさとエフェクター乗りの良さは、しっかり発揮されています。

 

トーンノブによるピックアップ切り替えのバリエーション

Player Plusシリーズのストラトについては、トーン・ノブにプッシュ・プルスイッチが搭載されており、これを切り替えることで、通常のストラトの5ウェイスイッチに加えたサウンドバリエーションを味わうことができます。

 

具体的には、3シングルタイプでは、トーンノブをプルすることで、フロントピックアップが常時オンになり、サウンドに「甘み」を付け足すことが可能に。

 

また、HSSタイプでは、リアのハムバッカーをコイルタップして、シングルコイルのサウンドを味わうことができるようになります。

 

そうそう、Player PlusシリーズのHSSストラト、最近のモダンなHSSストラトタイプのギターと同様、リアピックアップがカバードタイプになっているんですよね。これ、ルックス面にかなりのインパクトを与えていると思います。

 

「映え」を意識した個性的なカラーリング

今回のPlayer Plusシリーズ、とにかくカラーリングが超個性的です。

 

詳細なカラーは公式サイトのリンク先でイメージを湧かせていただければと思いますが、ストラトキャスターに関して言うと、

  • 3シングルタイプ:「3カラー・サンバースト」「オリンピック・パール」「エイジド・キャンディ・アップル・レッド」「テキーラ・サンライズ」「オパール・スパーク」

    www.fender.com

  • HSSタイプ:「3カラー・サンバースト」「コズミック・ジェイド」「ベルエアー・ブルー」「シルバーバースト」

    www.fender.com

といったラインナップになっています。

 

とりわけ個性的に感じるのが、太字にしているもの。鮮やかなオレンジのようなテキーラ・サンライズ濃いブルーから薄い水色まで大きくグラデーションで変化するベルエアー・ブルーは、理屈抜きに「欲しい!」と思わせるカラーです。

 

この個性的なカラーリングは、ライブステージはもちろんのこと、SNSでの「映え」にも一役買うこと、間違いなしでしょう。

 

指板はメイプルorパーフェロー

なお、ルックスに大きな影響を与える指板については、メイプルかパーフェローかの選択ということになります。

 

一般的なストラトといえば、やはりローズウッドが定番ですので、代替材になってしまうパーフェローは、気になる人は気になるところかと思います。

www.tk-guitar.com

 

そんな方は、メイプルとパーフェロー(ローズウッド系)のサウンドの特性の違いを念頭に置きつつも、メイプル指板のものを選んだ方が、余計な引っかかりを持つことなく、後々、幸せになれるかもしれませんね。

 

サウンドは…まさにモダンなストラト!

さて、そんなPlayer Plusシリーズのストラト。サウンドは、いかほどのものでしょうか。


www.youtube.com

 

まず、3シングルのオーソドックスなストラトキャスターなのですが、基本的にはストラトらしい、繊細なトーンがしっかり出ているように思います。

 

ノイズレスピックアップを搭載したギターにありがちな、高域の削れというか鼻づまり感のようなものも、さすがフェンダーというか、そのあたりはあまり感じさせず、フェンダーらしいブライトなサウンドに仕上がっています。

 

そして、特筆すべきが、HSSタイプのリアを歪ませて弾いたときのサウンド。こちらは、フェンダーらしさを残しつつも、まるでフェンダーのギターではないかのような現代的なドライブサウンドを奏でるという、相矛盾する要素を見事に同時に実現しているように感じられるのです。

 

このあたりのサウンドの傾向は、American Ultraシリーズでも同様に感じられるのですが、それをPlayer Plusという、比較的初心者向けのグレードでも展開できるあたりが、フェンダーのすごいところです。

 

なお、従来のPlayerシリーズと同様、プレイアビリティも抜群に良いです。ややフラットな指板ラジアスや、モダンCネックの仕上げが、良い仕事をしているように感じますね。

 

価格は12万円程度…普通のPlayerと比較すると高いけど

さて、そんなPlayer Plusのストラトの価格なのですが、おおむね市場では12万円程度

 

これを普通のPlayerシリーズと比較すると、実に5万円程度の価格差がありまして、率直に言うと「ちょっと上のグレード」という言葉では済まされないほど、大きな差があるかな…というふうに思ってしまいます。

 

日本製フェンダーのModernシリーズと比べるとお値頃です

ちなみに、同じフェンダーだと、Made in Japan Traditionalシリーズより高く、同Hybridシリーズとほぼ同じレンジにいるような感じでしょうか。

 

もっとも、Playerシリーズと比較すると高く感じる一方で、「フェンダー純正のモダンなストラト」という探し方をすると、American Ultraはもちろんのこと、Made in Japan Modernシリーズよりも価格は安かったりするので、この視点に立てばかなりお買い得に思えるのも、また事実です。

www.tk-guitar.com

 

【まとめ】この価格帯で現代的なギター!フェンダーの意欲作です

今回ご紹介した、フェンダーのPlayer Plusシリーズのストラト

 

このギターには、「Playerストラトの上位グレード」という側面と、「モダン系ストラトの入門グレード」という、2つの要素が同時にあるように感じます。

 

Playerストラトの上位グレードという視点で見ると、価格の上昇幅は大きいものの、サウンドバリエーションの強化や個性的なルックスが非常に魅力的で、「初心者ギター」の域を超えた即戦力の一本に。

 

そして、モダン系ストラトの入門グレードとして見ると、American Ultraシリーズで感じられるような、あの扱いやすさとパワフルさを、この価格帯にして手にできるという喜びが感じられる一本に。

 

そして、どちらの視点に立ってみても、フェンダーらしさは全く失われておらず、シンプルに「フェンダーのギター」として、非常に魅力的に仕上がっている…。

 

最近のフェンダーの新商品は、本当に輝いています。ぜひこのギター、直接手にして、弾いてみて下さいね。