ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】HISTORY CV-TV このテレキャス、お値頃なのに個性的!

本日は、島村楽器オリジナルブランド「HISTORY」からリリースされているテレキャスタータイプのエレキギター、「CV-TV」についてレビューさせていただこうと思います。

 

 

ヒストリーが送り出すエントリーモデル

島村楽器のオリジナルブランド、HISTORY(ヒストリー)。

 

一昔前は、「島村楽器に楽器を買いに行くと、とにかくこればかり勧められる」ということで、楽器のクオリティではないところで話題になるところが多いものでしたが、一方で、製作にはあのフジゲンがかかわっていることもあり、「実は普通に良いギター」ということも、ギターファンの間ではよく知られた話でもありました。

 

そんなヒストリー、最近までは上位モデルが「HISTORY」、エントリーモデルに「CoolZ」というブランドが用いられていましたが、最近はこれらのブランドを「HISTORY」に統合し、その中で上位モデルとエントリーモデルが存在しているような構図になっています。

 

CVシリーズのテレキャス「CV-TV」…その中身は?

現在、ヒストリーのエントリーモデルとして位置づけられているのが「CV」シリーズ。最終的な組み込みは国内で行っていますが、ボディの加工を海外で行うことでコストカットに成功し、学生さんなどに良質なギターを手にしてもらえるように工夫したものです。

 

そんな中で、今回ご紹介させていただくのが、テレキャスタータイプのギターである「CV-TV」。価格も7万円を下回る程度と、非常にお求めになりやすい一本です。

 

外形上は、スタンダードなフェンダーのテレキャスターを踏襲していますが、中身を見ていきましょう。

 

バスウッドボディに「カリマンタンエボニー」?

まず、ボディ材については、アルダーではなくバスウッドが採用されています。エントリーモデルのギターにバスウッドが用いられるというのは、割と一般的なパターンなのですが、これは決してネガティブに評価すべきところではなく、「出音が素直になる」「ギターが軽くなり、扱いやすくなる」というメリットがある点を、むしろポジティブに見ていきたいところです。

 

そして、指板なのですが、一見ローズウッドに見えるこれ、実は「カリマンタンエボニー」というものが採用されています。

 

エボニー指板というと、一般論としては比較的高級なギターに採用されていることが多いものですが、この価格帯で「エボニー」を名乗る指板のギターを手にできることに、ある種の満足感を得る方も多いのではないでしょうか。

こういうマーケティングができると、パーフェローも正しく評価されそうなんですけどね…

www.tk-guitar.com

 

なお、フレットはミディアムの22フレット仕様です。ですので、この点に関して言えば、どちらかというとややモダンな設計になっている印象を受けますね。

 

サウンドは…テレキャスらしい歯切れの良さ!

さて、そんなCV-TVなのですが、サウンド面はどうなのでしょうか。

 

試奏するために、まず手にしてみるのですが…まず驚くのが、前述の「軽さ」。これはバスウッドボディがかなり効いていると思うのですが、非常に軽く、長時間のライブでも全く苦にならない扱いやすさだと思います。

 

 また、低価格帯のギターではあるのですが、そんなギターにありがちな「安っぽさ」「作りの雑さ」は、このCV-TVにおいては、ほとんど感じることがありません。もちろん、高級ギターのような存在感はないのかもしれませんが、かといって「安っぽさ」がないというのは、長くギターと付き合っていく上で、非常に重要なところかと思います。

 

そして、実際に音を鳴らしてみると…さすがテレキャスタイプといった感じの、歯切れ良い、小気味良いサウンドが、あたりに響き渡ります。

 

このあたり、このギターのアイデンティティといえる「カリマンタンエボニー」のエボニーらしさ、すなわち高音域が強く出るという特性が、しっかりとサウンドに反映されているという印象を受けますね。

 

そして、電装系のつくりもしっかりとしているのか、変なノイズの乗り方があまりないのも特徴的。ヒストリーのギターが高評価なのは、こういう楽器の基礎的な部分にぬかりがないところが大きな要因になっているのですが、その点はエントリーモデルにおいても同様。非常に好印象です。

 

フェンダーの「MIJ Traditional」や「Player」シリーズと比べると…?

さて、このギター、購入検討時においては、おそらくフェンダーの「Made in Japan Traditional」シリーズや「Player」シリーズのテレキャスターあたりと競合してくるのではないかと予想されるところです。

 

まず、日本製の「MIJ Traditional」シリーズと比較すると、日本製フェンダーにありがちな「薄膜の貼ったようなサウンド」が、こちらヒストリーにおいては全くなく、良くも悪くもエッジの立ったサウンドが感じられるような印象です。ギターとしての作りの良さは五分五分なので、ここは「どちらのサウンドが好みか」というところで選択することができそうですね。

 

次に「Player」シリーズと比べると、一番「テレキャスらしい」サウンドが出るのは、このPlayerシリーズのテレキャスかなあ、と思います。フェンダーらしい、カラッとした明るいサウンドが、このギターでは楽しめます。ただし、工業製品としてのギターの作りについては、やはりヒストリーに一日の長があるように感じるのも事実。

 

ただ、ヒストリーには当然、フェンダーほどの強固なブランドイメージはありません。「ヘッドのロゴからも音が出る」と考える人にとっては、ここは少し思案のしどころかもしれません。

 

なお、価格帯については、MIJ Traditionalが10万円弱と少し高く、PlayerシリーズとヒストリーのCV-TVが7万円前後と、概ね同レンジにいるようなところですね。

 

【まとめ】カリマンタンエボニーの個性が光るお手頃テレキャス!これは面白い!

このように、ヒストリーが送り出す新たな若者向けテレキャスター「CV-TV」については、価格の安さ、作りのきめ細かさ、価格を感じさせないサウンドクオリティといった、島村楽器のエントリーモデルの強みは十分活かしつつも、「カリマンタンエボニー」という個性的な指板を採用することで、単なるエントリーモデルには終わらない意欲作になっていることが分かりました。

 

ブランドイメージでは本家フェンダーには及びませんが、この商品力の高さは、同価格帯の本家テレキャスターを十分に脅かすほどのクオリティだと思います。

 

初心者の方はもちろんなのですが、ベーシストが持つギターや、サブで持つギターとしても、十分すぎるほどのポテンシャルを秘めています。

 

多くの場合、島村楽器の初心者コーナーに展示されていることが多い一本ですが、その中身は本格派の、このギター。

 

ぜひぜひ、多くの人に、弾いていただきたいと思います。