ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】SONY WF-1000XM3 完全ワイヤレスのノイキャンイヤホン…その実力は?

本日は、ソニーが満を持して送り込む完全ワイヤレスのノイズキャンセルイヤホン、WF-1000XM3についてのレビューをお届けいたします。

 

 

最近注目の「ノイズキャンセル」と「完全ワイヤレス」

最近のヘッドホン、イヤホン業界において注目を集めている、2つの機能があります。

 

1つが、ノイズキャンセリングタイプのヘッドホン・イヤホン。騒がしい飲食店の中や、さまざまな音が気になる電車の車内などにおいて、このタイプのヘッドホン・イヤホンを身につけるだけで、一瞬で静寂の世界を作り出すことができる…。

 

とりわけ、最近のノイズキャンセル機能は本当に性能が上がり、状況によっては一切の外部ノイズが聞こえなくなるほどに進化してきました。

 

そして、もう1つの機能が、完全ワイヤレス。プレイヤーとヘッドホン・イヤホンをつなぐ線どころか、イヤホンの左右をつなぐ線すら省略してしまい、あたかも耳栓をつけているかのような感覚で扱えるタイプのイヤホン。この分野の開拓者は、言わずと知れたAppleのAirPodsなわけですが、その後、さまざまなオーディオ機器メーカーが、自社の技術力を活かしながら、この分野に積極果敢に飛び込んできています。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

 

 

満を持して登場したWF-1000XM3

そして、今回紹介するソニーのWF-1000XM3

 

今回、かなりソニーが強力なキャンペーンを展開していることもあり、ウェブ広告などで目にする機会も多々あったのではないでしょうか。

 

このWF-1000XM3の最大の特徴は、「完全ワイヤレス」と「ノイズキャンセル」の双方を、高いレベルで実現してきたことにあります。

 

実はこの商品の前モデルとして、「WF-1000X」というものがあり、このモデルでも既に「完全ワイヤレス」と「ノイズキャンセル」の両方の機能を搭載してきていたのですが、これらの機能に関する熟度が十分に高かったわけではなく、市場では必ずしも高い評価を得ることができませんでした。

 

一方で、ソニーは、ノイズキャンセリングヘッドホンの分野では、WH-1000Xシリーズが、圧倒的なノイズキャンセリング性能と高品質な再生能力を両立して、比較的高額な価格帯にありながらも、非常に高い人気を誇っていました。

 

その後、このWH-1000シリーズは、マイナーチェンジを重ね「WH-1000XM2」「WH-1000XM3」へと進化していきます。

 

そして、そうしたヘッドホンタイプで得た高い評価を、完全ワイヤレスの方へフィードバックするかのような位置づけでリリースされたのが、この「WF-1000XM3」。完全ワイヤレスの方は、2代目でありながら、「M2」を飛ばして「M3」を名乗っているあたりに、ソニーのこだわりがうかがえます。

 

ここがすごいぞWF-1000XM3

このように、広告戦略的にも、そしてネーミング的にも、ソニーがかなりこだわりをもって送り出してきたことがわかる、このWF-1000XM3。

 

さて、具体的にどのあたりがすごいのか、1つ1つ、見ていきましょう。

WH-1000XM3と同様のノイズキャンセリング機能

一般的に、ノイズキャンセリング機能というのは、マイクで外音を取り込み、その音を分析して、逆位相の音をぶつけて消音する、という手法をとります。

 

ソニーは、このノイズキャンセル技術において、既にヘッドホンのWH-1000XM3でかなりの実績を積み上げてきているのですが、そこで得られた技術を、こちらのWF-1000XM3の方にも活かしてきています

 

具体的には、WH-1000XM3で培った技術を活かした「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」です。プロセッサー「QN1e」は、ヘッドホンのWH-1000XM3に搭載された「QN1」をよりコンパクトにしたものとなっています。

 

このノイズキャンセル技術のすごいところは、本当に「静寂」を作り出すことができるところ。試しに耳にして、電源を入れるだけで、たとえ音楽を流していなくても、スッと周りの雑音が消えていくのがわかります。

 

ハイレゾ相当の音源を作り出す「DSEE HX」

そして、これもソニーのワイヤレスイヤホン・ヘッドホンでは定番になっている「DSEE HX」。圧縮音源であるMP3、CD音源などを解析し、ハイレゾ相当にアップグレードするというものです。

 

もちろん、擬似的に再現しているだけではあるのですが、これを使うだけで音質の向上が感じられるのが面白いところ。

 

この機能、実は完全ワイヤレスではこのWF-1000XM3が初搭載になります。

 

瞬時に外音が聞ける「クイックアテンション」

これはノイズキャンセリングタイプに限らず、一般的なヘッドホン・イヤホンでも割とよくあるシーンかと思いますが、「急に外の音が聞きたい」となることがあります。たとえば電車の車内アナウンスに耳を傾けたいときとかですね。

 

通常、こういうシーンにおいては、ヘッドホン・イヤホンを外すのが一般的ですが、このWF-1000XM3では、左耳のイヤホンを触り続けると、ノイズキャンセリングに使うマイクを通じて外音を取り込むことができるようになります。

 

これが「クイックアテンション」モード。これがあるおかげで、音楽を聴いているときにも指先一つで外の音が把握できるようになるのです。

 

ちなみに、クイックアテンションモードの間も、音楽は流れ続けており、うっすらと聞こえてきます。イヤホンから指を離すと、再びノイズキャンセリングモードに戻る…という格好です。

 

意外と保ちの良いバッテリー…本体のみで6時間

これも一般論ですが、ノイズキャンセリングイヤホンは、通常のBluetoothイヤホンと比べて、「外音を取り込んで逆位相の音をぶつける」というプラスアルファの機構があるがゆえに、バッテリーの消耗が激しくなりがちです。

 

また、完全ワイヤレスだと、どうしても本体のサイズも小さくしないといけませんので、バッテリーのサイズにも制約がかかります。

 

従って、「完全ワイヤレスのノイキャンイヤホン」というのは、バッテリーの保ちという面において、非常に不利な状況にあるのですが…。

 

そんな中にあって、このWF-1000XM3は、本体のみで連続再生6時間を実現。これは、相当に高いレベルにあると言って良いでしょう。

 

ちなみに、ケースに格納すると充電ができるのですが、このケース兼充電器は3回の充電が可能。従って、理論上は、「6時間+(6時間×3回充電)=24時間」の使用が可能という計算になります。

 

付け心地は良好!ノイキャンも絶好調!

さて、そんなWF-1000XM3のこうした機能、実際に使ってみるとどうなのでしょうか。早速、聞いてみることにしましょう。

 

まずは付け心地ですが、本体もそれほど大きくないので、耳にかかる負担は非常に軽いです。イヤーピースについては、なんと7種類も同梱されているので、もし「何か収まりが悪いな~」と思われたら、ぜひイヤーピースを交換してみてください。イヤーピースのフィット感も、サウンドやノイズキャンセリングの効き方に影響してきますので。

 

さあ、電源をオンにします…すると、一気に周りの雑音が小さくなっていきます。さすがに完全に無音になることはありませんが、それでもかなりの威力です。この小ささで、WH-1000XM3と同等とまではいかなくとも、それに肉薄するノイキャン性能があることは、よく分かります。これはすごい…。

 

サウンドも高音質!どちらかというと中域~高域タイプか

そして、サウンド面ですが…こちらも、前モデルの微妙な評価がウソのような、圧倒的な高音質です。サウンドの傾向としては、特定の周波数に強かったり、特定のジャンルに特化したりするようなタイプではなく、どちらかというとスタンダードな印象です。とはいえ、モニタータイプのような感じではなく、しっかりリスニング用にチューニングはされています。

 

あえて言うなら、低音を強く聞かせるというよりは、むしろ中域~高域の方にインパクトがあるような印象を受けますね。奇しくも、同時期にオーディオテクニカから、Solid Bassシリーズの完全ワイヤレスイヤホンがリリースされていますので、そちらとうまく棲み分けができているような印象を受けます。

 

とはいえ、低音がスカスカということはなく、あくまで「相対的に」という程度のレベルですので、その点はご安心ください。

 

とにかく、これだけの高音質を楽しめるのは、その前提にノイズキャンセリング機能があってこそ。ノイズキャンセリングイヤホンの素晴らしさに、改めて驚きます。

 

価格は3万円弱…完全ワイヤレスとしては高いがノイキャンとしてはお手頃

そんなWF-1000XM3の価格。実売価格はおおむね3万円弱くらいが相場になっているようです。

 

完全ワイヤレスイヤホンの定番商品は、価格が1万円~2万円くらいに収まっていることが多いので、そこからすると、少し高いのかな…という気もしますが、ヘッドホンタイプのWH-1000XM3は、これよりもう1万円ほど高い、4万円弱くらい。それを思うと、「あれ、意外と安いかも?」と思えてきますね。

 

発売直後は品薄傾向

なお、このWF-1000XM3、注目度が非常に高かったためか、発売直後からしばらくの間、品薄状態が続いており、少し入手が困難な状況にあります。

 

ほどなくして在庫も安定してくるとは思うのですが、早いうちに欲しい方は、ぜひ早め早めに動いていくことをオススメいたします。

 

【まとめ】ここまで来たぞ!完全ワイヤレスのノイキャンイヤホン

このように、このWF-1000XM3は、前モデルまでの微妙な評価がウソのような、圧倒的な高性能を手にして、ヘッドホンタイプのWH-1000XM3に肉薄するレベルにまで達して、私たちのところへ帰ってきてくれました。

 

圧倒的なノイズキャンセリング性能が生み出す「静寂の空気」の中で、ソニーならではの高音質を楽しむことができる。しかも、顔の周りには、邪魔なケーブルが一切何もない状態で…。

 

一度、この快適さを覚えてしまうと、もう他のヘッドホン・イヤホンには戻れないのではないかと思えるほどです。WH-1000XM3ほどではないにせよ、それに肉薄する性能を、このサイズで実現しているのは、相当に魅力的です。

 

今年の夏は、梅雨明け後からずっと猛暑が続いており、ヘッドホンタイプを使うのがつらいですよね。そんなときは、ぜひこの完全ワイヤレスのノイキャンイヤホン、お試しいただきたいと思います。