ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】ベーシスト必見!おすすめベース用プリアンプ、ベスト5

本ブログでは初めての試みとなる、おすすめの機材一挙紹介シリーズ。

 

今回は、ベース用プリアンプについて、私の独断と偏見でおすすめの機材を5点、まとめて紹介させていただきます。

 

1. aguilar Tone Hammer

まずはこれ、アギュラーのトーンハンマーです。これについては、以前、紹介記事を書いたことがあります。

www.tk-guitar.com

 

こちらの記事でも触れておりますように、とにかくこのプリアンプ、原音重視で、原音のおいしいところをしっかり引き出してくれるプリアンプです。 

 

とりわけ、ジャズベースとの相性が良いように感じます。上質なパッシブのジャズベースを、指弾きで弾くタイプのベーシストさんは、これを使っておけば間違いなしでしょう。

 

価格も2万円台と、最近のハイエンド指向の中にあって、比較的お求めになりやすい価格帯の商品だと思います。

 

個人的には、迷ったらコレを買っときゃ間違いなし!だと思います。

 

2. BOSS BB-1X

次にオススメなのが、こちら、BOSSのBB-1Xです。 

www.tk-guitar.com

 

こちらも、どちらかというと原音重視派にオススメなのですが、前述のアギュラーと違い、こちらはデジタル回路。

 

この業界、どうしてもアナログが好まれる傾向に強いように感じるのですが、そこはBOSS、デジタルの良さをフル活用して、非常に扱いやすい機材に仕上がっています。

 

ゲインが控えめのときには原音重視のプリアンプとして機能しつつ、ゲインを上げていくと、かなり凶悪な歪みエフェクターとしても使えてしまう…。このあたりの二面性が、このBB-1Xの特徴ではないでしょうか。

 

そして、BOSSのコンパクトエフェクターの筐体が用いられている、というのは、現場での使い勝手としては非常にありがたい話。ボードにも組み込みやすいですし、大柄になりがちなベースプリアンプ界隈において、扱いやすいサイズ感です。

 

アギュラーはハイエンド系のベースとの相性が良さそうですが、こちらは初心者向けも含めて、どんなベースと合わせても、そしてどんな音楽ジャンルと合わせても使っていけそうな懐の深さが魅力です。価格も1万円台と、アギュラー以上に買いやすいですしね。 

 

3. SANSAMP BASS DRIVER DI Ver.2

ベーシストなら知らない人はいない、ベース用プリアンプの帝王といっても良いでしょう。サンズアンプのBASS DRIVER DI。現在、新品で買おうとすると、基本的には、ミドル付きの「Ver.2」になります。

www.tk-guitar.com

 

サンズアンプといえば、とにかく「ロック向きのドンシャリサウンド」。シンプルに格好良く、このベースサウンドが出せれば、一般的なロックバンドはだいたいこなせると言っても過言ではないと思います。

 

今回の「Ver.2」には、ミドルのコントロールがついています。これにより、音づくりをより追い込むことができるようになった一方で、音が良くも悪くも大人になった、という印象を受ける向きもあります。個人的には、バンドで使う以上は、音づくりを細かく詰められた方がありがたいので、これは好意的に見ているんですけどね。

 

このあたりから価格が3万円台に突入し、なかなか気軽には買いづらいのですが、それでもロックバンドのベーシストを名乗るからには、1台は手元に置いておきたいプリアンプである点、疑いようはありません。 

 

4. Darkglass Microtubes B7K Ultra

次は、最近大人気のDarkglassから、B7K Ultraです。 

www.tk-guitar.com

  

こちらも、どちらかというと、プリアンプ自体がはっきりとしたサウンドキャラクターを持っています。ハイファイで、そしてダークなサウンドは、現代的なロックとの相性が抜群です。

 

そして、サウンドが非常にきめ細かく、また各種コントロールも豊富についていますので、音づくりを積極的にしていくことで、多方面なジャンルにアプローチができるのではないかと思います。強いて言うなら、ヴィンテージ系のサウンドは少し苦手にしているかもしれません。

 

このプリアンプ、サウンドは間違いなく抜群なのですが、価格が結構お高めなのが最大の弱点。欲しいけど手が届かない…という人も、多いのではないでしょうか。

 

5. ZOOM B3n

これはプリアンプとは少し違うのかもしれませんが、ベース用マルチエフェクター、Zoom B3nです。 

www.tk-guitar.com 

アギュラーやSANSAMPに加えて、なんとDarkglassまでモデリングで入っており、しかもこれが1万円台で買えてしまうのですから、コストパフォーマンスは抜群です。

 

もちろん、デジタルのマルチエフェクターなので、あくまで「…っぽい」レベルでしかないのかもしれませんが、さまざまなサウンドを簡単に切り替えができるという点は、他の単体機にはない魅力です。

 

宅録派はお手軽にさまざまなベースサウンドを録音でき、ライブ派はその場の機材やPAとの相性に合わせてサウンドを自在に調整できる…。また、ライブ派の方にとっては、足下の配線を簡略化できるというのも、結構大きなメリットです。

 

賛否は分かれそうですが、個人的にはこういうの、1台あると、ホントに便利だと思っています。 

 

まとめ ~あなたはどれを選びますか?~ 

以上、私の独断と偏見による、オススメプリアンプのベスト5でした。

 

ベースのプリアンプ、本当に様々な種類があり、そしてそれぞれが魅力的なので、購入を検討するとき、本当に悩むと思います。

 

この記事が、そんな悩める皆さんの一助に、少しでもなればいいな、と願っています。