ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】ZOOM B3n 使える!ベース用マルチエフェクター

今回は、ZOOMのベース用マルチエフェクター、B3nをご紹介します。

 

ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n

ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n

 

 

 

ZOOMといえば、良質なデジタルマルチエフェクターを、きわめてリーズナブルな価格で提供することに定評のあるメーカーですね。

 

かつてはその安さゆえに「安かろう…」みたいなことを言う向きも一部にありましたが、最近の商品のクオリティは本当に高く、マルチエフェクターについてはBOSSと人気を二分するところまで来ているのではないかと感じるくらいです。

 

ということで、今回は、このB3nの機能や音づくりについて見ていきましょう。

 

どうやって使うの?

これ、マルチエフェクターですので、当然、音作りは非常に幅広く行っていくことができます。一方で、マルチエフェクターということですので、どうしても操作の複雑さが気になってくるところ。

 

その点、このB3nは(そして前のモデルであるB3もそうなのですが)「コンパクトエフェクターを並べたかのような操作感」というのにこだわっています。

 

筐体には、3つのディスプレイと、その下にある4つのつまみ。さらにその下には、上下の「TYPE」というボタンがあります。

 

これらの使い方ですが、まずは「TYPE」ボタンでエフェクトのタイプを選ぶと、これに対応したエフェクトのパラメーターがディスプレイに表示されます。そして、ディスプレイの下にある4つのつまみで、それぞれの設定を変えていく、というような感じです。

 

つまり「TYPE」でエフェクターを選べば、あとはコンパクトエフェクターの要領ですね。

 

そして、筐体には3つしかディスプレイがありませんが、下段左、真ん中の「SCROLL」スイッチでスクロールさせることで、最大7つまでエフェクトを並べることができます。(ただし、CPUの処理能力を超えるエフェクトは置くことができません。CPUパワーをたくさん使うエフェクトは要注意です)

 

さらにさらに、これらのエフェクトのスイッチのオン・オフは、「TYPE」スイッチ下のフットスイッチで切り替えができるのですが、音色の切り替えはこれのみならず、「パッチ」を切り替える手法もとれるのです。

 

具体的には、右下のフットスイッチで「MEMORY」モードと「STOMP」モードを切り替えるわけですが、STOMPモードのときはコンパクトエフェクターのオン・オフ的に、MEMORYモードのときにはパッチ切り替え的に使う形となります。

ここは音楽性に応じて、柔軟に使い分けたいところですね。

 

どんな音が入っているの?

このB3nには、全部で70タイプのエフェクトが入っています。

どんなものが入っているかは、詳細は公式ページをご覧いただくとして…

www.zoom.co.jp

ここでは、特に私が個人的に気に入っているものを、いくつか紹介します。

  • MB COMP
    EBS MULTICOMPの、MultiBandモードのモデリングです。あの「通すだけで音が太くなる」感じとかも、しっかり再現されていますよ。
  • Dark Pre
    なんとこのB3n、最近ベーシストの間で話題沸騰中のプリアンプ「Darkglass Microtubes B7K」のモデリングが使えてしまいます!モデリングもかなり良い線行ってますよ。
  • Bass BB
    Xotic Bass BB Preampのモデリング。シンプルなのですが使いやすい。
  • Dark OD
    こちらは歪みエフェクター「Darkglass Microtubes B3K」のモデリングです。こういう、旬のエフェクターが入っていると、所有欲を満足させてくれますね。
  • Bass Metal
    BOSSの「MT-2 Metal Zone」のモデリングなわけなのですが、ベースで使うことを想定して、オリジナル版にはないブレンドつまみがあります。
  • Defret
    いわゆる「デフレッター」ですね。フレットレスベースっぽい音にしてくれます。曲の中のごく一部分だけだけど、フレットレスベースを使いたい、ってときに便利です。

とまあ、私がよく使うのはだいたいこのあたり。

 

 

ちなみに、ZOOMといえば「それ、どこで使うの?」みたいな、いわゆる「変態系エフェクト」というものがありますが、これだと「Bomber」がそれにあたるでしょうか。「ピッキングすると爆発音が鳴ります」…うん、どこで使うか分かりませんね(笑)

 

前のB3とは何が違うの?

とまあ、このように、B3nは非常に使えるベース用マルチエフェクターなわけですが、実は前モデルのB3というのも、なかなかに優秀な機種でして、今でも愛用者はたくさんいます。

 

で、このB3とB3nを並べてみると、単純なカタログスペックではB3の方が上に見える箇所がいくつかあります。たとえば…

 

電源

  • B3:単3電池4本もしくはACアダプター
  • B3n:ACアダプターのみ

 

エフェクト数

  • B3:111種類
  • B3n:70種類(ただしダウンロードで増やすことができる)

 

モニターの大きさ

  • B3:大きく、エフェクトのグラフィックもこだわった描き方
  • B3n:小さい(その代わりスイッチ・つまみが増え、実用的にはなっている)

 

出力端子

  • B3:通常の出力に加えて、XLR端子もあり( DIとしても使える)
  • B3n:通常の出力のみ

 

といった具合です。ここだけ見ると、「えっ、前モデルの方がいいの?」という誤解をしてしまいそうですが、実際はそうではありません。

 

まず、前述のように、ディスプレイは小さくなっているものの、B3nにおいて、MEMORYモードとSTOMPモードの切り替えが簡単にできるようになっているのは非常に大きいです。

実はこれ、前のB3では、「ボタン2つ同時推し」をしないと、パッチの切り替えができなかったのですが、これ、ライブの演奏中などに行うのはほぼ不可能ですよね。

ですので、実戦での使い勝手、という意味においては、圧倒的にB3nの方に優位性があります。

 

また、エフェクト数は、確かに数の上では減っているのですが、常用できるエフェクトはしっかり残っていますし、何より、その残されたエフェクトのクオリティが非常に高いです。

B3よりもB3nの方が、音の厚み、温かみは圧倒的に上ですね。

 

ですので、基本的には「どうしてもXLR端子や電池駆動が必要」などといったよほどの事情がない限りは、素直にB3nを新品で購入する形でいいんじゃないかなあ、と個人的には思っています。

 

まとめ

以上、B3nのレビューでした。これ、本当に価格もお手頃で、使えるエフェクトがてんこ盛り、そしてその音質も素晴らしいと、申し分のないアイテムになっています。

 

ここまでマルチエフェクターの完成度が高まると、コンパクトエフェクター業界の方にも良い影響が出てくると思うので、コンパクトとマルチが両者切磋琢磨しながら、より魅力的な商品が出てくることを期待したいですね。

 

それにしても、マルチエフェクター系は、どうしても書かないといけないことが多くなるので、つい長文になってしまいます…。

 

ここまで、お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

 

ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n

ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n