ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】ヤマハ BB734A 実はBBシリーズ最強説?

本日は、ヤマハのベース、BB734Aをご紹介します。

 

現行BBシリーズの特徴

ヤマハのBBシリーズというのは、昨年フルモデルチェンジを行っておりまして、ラインナップが一新されました。

 

今回のBBシリーズは、大きく、

  • 国産のフラッグシップ:BBP34
  • アクティブタイプのベース:BB734A
  • 上位モデルのコンセプトを維持して低価格化したモデル:BB434
  • 機能を省略した入門モデル:BB234

この4種類に分類されます。

 

その上で、カラーバリエーションがあったり、5弦ベースモデルがあったり、BB434にはメイプル指板モデルがあったりといったバリエーションが広がっているわけですね。

 

このブログでは、過去にBB434をご紹介させていただいたことがあります。

 

www.tk-guitar.com 

BB734Aの特徴

このベース、とにかく非常にコストパフォーマンスが高いわけですが、今回紹介するBB734Aは、グレード的には、このBB434の1つ上のモデルに相当します。 

 

こちらは、前述のように、アクティブタイプのベースになっています。最上位グレードもパッシブのベースですので、現行BBのラインナップにおいて、これが唯一のアクティブベースということになります。 

 

そのサウンド、以前紹介したBB434と比べると、アクティブらしいパワーの余裕を感じます。現代的な音楽に持ち込んだときに、その本領を十分に発揮しそうな感じですね。

 

一方で、このベースは、スイッチ1つでアクティブとパッシブを切り替えることができます。パッシブにしておくと、他のBBと同様に、粒立ちが良くて上品なサウンドが出てきますね。

 

というか、そもそも、このBBシリーズは、基本的にはパッシブを前提に設計されているものですので、むしろパッシブをメインに使いつつ、パワーがほしい局面において、アクティブに切り替えるというような使い方がいいかもしれませんね。

 

さて、BB434のときと重複するかもしれませんが、このBB734Aの特徴について、改めておさらいをしておきましょう。

 

このベース、まずは大きな特徴として、プレシジョンベースのピックアップとジャズベースのリアピックアップが両方搭載された、いわゆるPJレイアウトになっています。

 

リアのみを鳴らすパターン、プレベ的に使うパターン、そしてそれらをミックスするパターンと、いろんなサウンドを鳴らすことができますが、やはり「らしさ」を求めるのであれば、プレベのサウンドを基本に、ジャズベのリアの高音をミックスした感じが好きですね。

 

個人的には、せっかくのPJレイアウトなので、これらをミックスした、パンチのある音が好きですね。

 


Yamaha BB Series Demo | BB734A

 

また、ヤマハBBシリーズの特徴として、

  • 弦を45度の角度をつけて裏通し
  • 5ピース貼り合わせネック(ネックの2本の線、あれは実は貼り合わせた木なのです)
  • 6本のネジでボディとネックを接合するマイターネックジョイント

といったところもあります。このあたりはBB434とも同様です。

 

BB434からの進化点

で、次に、このベースの構造面を見てみます。ここはBB434と大きく違うところ。

 

このBB734Aは、アルダー/メイプル/アルダー3プライのボディ構造。2つのアルダーの間にメイプル材を挟み込むという、手の込んだ構造になっています。これにより、中音域が豊かになるといった効果や、ネックのメイプル材と直結した音の伝達といった狙いがあります。この仕様は、最上位グレードのBBProと同様です。

 

また、ピックアップについては、こちらも最上位のBBP34と同じ「YGDカスタムV7」というものが採用されています。

 

このあたり、BB434は、普通のアルダーボディで、ピックアップは「YGDカスタムV5」というモデルを使っています。

 

ですので、BB734Aは、全体的にBB434よりも格上な仕上がりになっており、仕様としてはむしろBBP34に近いモデルです。

 

しかも、BBP34にはない、アクティブ仕様。この点、カタログスペックベースではBBP34よりもむしろ上に見えるほどです。

 

BBP34との違いは生産国…そして価格

では、BBP34とこのBB734Aの決定的な違いはどこかというと、それは生産国。BBProは日本製なのに対して、BB734Aはインドネシア製

 

それが、BBP34の約20万円、BB734Aの約10万円という価格差に表れています。ここをどう評価するかは難しいですね。国産のハイグレードベースが20万円程度というのは、近年としてはかなり安い方ですが、それでも概ね同スペックのベースが10万円安く買えるというと…迷いますよね。

 

ちなみに、BBP34についても記事を書いています。ぜひ、あわせてご覧ください。

 

www.tk-guitar.com

  

まとめ 

とまあ、いろんな視点から見てきましたが、このBB734A、トータルで見ると、相当に使えます。BB434もお買い得なベースでしたが、その上位グレードとなるこちらも、かなり良いです。

 

フェンダー系に目が向きがちなベース市場ですが、ぜひぜひ、このヤマハBBシリーズにも、注目いただければ嬉しいです。