ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギターエフェクター

【レビュー】BOSS AC-3 Acoustic Simulator 「アコギっぽさ」に高評価!

本日は、BOSSのコンパクトエフェクター、AC-3 Acoustic Simulatorのレビューです。

この記事はこんな人にオススメ
  1. アコースティック・シミュレーターについて知りたい
  2. BOSS AC-3のサウンドの評価や使い方を聞きたい
  3. アコースティック・シミュレーターでどこまでアコギを再現できるか考えたい

アコースティック・シミュレーターとは

このエフェクターは、その名のとおり「アコースティック・シミュレーター」、すなわちエレキギターで、アコースティックギターの音をシミュレートする、というものです。ここに言うシミュレートは、日本語で言うなら「疑似再現」が近いでしょうか。

このエフェクターは、ローランド独自のサウンドモデリング技術・COSMを採用し、デジタル技術を駆使して、エレキギターをアコギに近づけようとしています。

つまみの特徴

つまみは左から、2軸つまみの「REVERB」「LEVEL」、それと通常の「BODY」、「TOP」、そしてスイッチ式の「MODE」とあります。

まず「REVERB」は、そのままリバーブですね。アコギは結構リバーブを効かせてミックスされることが多いので、これがあると、かなり雰囲気が出せます。

次に「BODY」、「TOP」。これがあまり聞き慣れないつまみですよね。要は

  • BODY=低域をコントロールするつまみ
  • TOP=高域をコントロールするつまみ

というような理解でいいかと思います。

そして、最後のMODEですが、次のような形で、サウンドバリエーションを選ぶことができます。

AC-3 MODE一覧
  1. STANDARD:アコースティック・ギターの定番となっているドレッドノート・タイプの音色。
  2. JUMBO:大きなボディーが特徴のアコースティック・ギターの音色で、豊かな低音域と美しい高音域をあわせ持つ音色。
  3. ENHANCE:スタンダードよりアタック感のある音色で、バンド・アンサンブルなどでも他の楽器に埋もれない音色。
  4. PIEZO:ラウンドバック構造のアコースティック・ギターの音色で、ボディーの鳴りが抑えられた、独特のアタック感のある音色。
かとうたかこ
かとうたかこ
個人的には、STANDARDが一番「ぽい」かなあと思いますが、他の音もなかなか個性的です。

「アコギっぽい」サウンド

さてさて、サウンド面を見てみましょう。


AC-3 Acoustic Simulator [BOSS Sound Check]

このエフェクターの要は「どれだけ、アコギっぽい音が出せるか」というところですが、個人的にはかなり「アコギっぽい」と感じます。

ただし、ここで注意しなくちゃいけないのは、あくまで「ぽい」ということ。

よく聞くと、やはりエレキギターのサウンドが鳴っていますし、そして弾き手側もエレキだという前提のもとに運指やピッキングをしがちなので、出てくるフレーズやニュアンスも、やっぱりエレキのそれになっているように感じます。

なので、このエフェクターは、アコギの完全なる代替品とまでは行かない気がします。

「っぽい」のレベルがかなり高い!

でも、改めてよく聞いてみましょう。「アコギっぽい」のですが、そのクオリティ、相当高くないですか?

本気で聴きに行くとエレキなのは分かるとしても、軽く聞き流しているだけなら、結構「これはアコギですよ」で押し切れてしまうかも…。

なので、ライブやスタジオの現場では、「しっかりアコギ代替品として使う」というよりは、たとえば「セットリストの中の1曲だけ」とか、「楽曲の中の特定のフレーズだけ」とか、そういった局面においては、アコギの代わりに頑張れるような感じがします。

要は「アコギっぽい」で押し切れる局面においては、非常に頼りになる、ということなのですね。

たとえば、特定の曲の、特定のパートのためだけにアコギを引っ張り出すというのは、荷物も増えるし、セッティングも増えるしで、少なくともアマチュアにとっては、なかなか現実的なものとは言えません。

交通手段別!スタジオ・ライブハウスへの機材運搬と留意点ギターやベースを抱えて、スタジオやライブハウスへ向かう道のり。 本来、非常に胸が高鳴る時間のはずなのですが、どうしても荷物の重さが...

でも、そんなときは、このAC-3を足下において置けば、ほぼアコギの代わりとして手持ちのエレキを使っていくことができる、ということになりそうです。

【まとめ】バンド内の「少しだけアコギ」に完全対応!

このように、このAC-3で作り出せるアコースティックギターのシミュレーションサウンド、非常にレベルが高いです。

完全にアコギの代わりにはならないかもしれませんが、部分的になら結構いけてしまうこのクオリティ。「アコギっぽい」を、かなり高いレベルで再現できてしまうのです。

バンドサウンドの中で、少しだけアコギサウンドが欲しいとき。そんなときは、迷わずコレを、ボードに投入しましょう!

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!