ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Marshall JH-1 The Jackhammer

本日は、マーシャルのコンパクトエフェクター、JH-1 The Jackhammerについてご紹介しようと思います。 

 

 

マーシャルのコンパクトエフェクターは生産終了したけれど…

マーシャルというと、やはり多くの人は、あの「ロックの象徴」とも言えるギターアンプを想像する方が非常に多いかと思います。

 

そんなマーシャルのギターサウンドを、身近なものとして扱いたい…多くのロック系ギタリストに共通する思いであり、悩みです。

 

そうした思いに応えるべく、マーシャルでは、いくつか歪み系のコンパクトエフェクターをリリースしていました…これが過去形になるのは、これらが現在は生産終了となってしまっているためです。

 

当ブログでは、過去に「BluesBreaker II」をレビューさせていただいておりますが、こちらも現在は生産終了とのこと。残念…。

www.tk-guitar.com

 

とはいえ、中古市場でもそれなりに見かけますし、今でも愛用している方は多い様子。そういった実情を踏まえ、当ブログでは、しっかりとJH-1についてレビューしようと思います。

 

オーバードライブとディストーションを選択

さて、気を取り直して、このJH-1。

 

このペダルは、4つのつまみがついていますが、そのうち一番左のつまみは、「OD(オーバードライブ)」と「DS(ディストーション)」を切り替えるスイッチになっています。

 

マーシャル的には、これを「OD」にしたときがJCM800のイメージで、「DS」にしたときがJCM2000のイメージになっているとのこと。

 

ですので、クランチ系の色気ある歪みから、現代的マーシャルならではのハイゲインサウンドまでを、この1台で対応しきることができる…そういうコンセプトになっているということが言えそうです。

 

2軸つまみで細かい音作りに対応

そして、右側3つのつまみは、いずれもが2軸つまみになっており、かなり細かく音作りを追い込めるような設計になっています。

 

まず、左から2つ目のつまみは、ゲインとボリュームの2軸つまみ。ここで歪みの量と、音量をコントロールすることになります。このあたりは、一般的な歪み系ペダルと同じような感じですね。

 

その右にあるのが、「BASS」と「TREBLE」の2軸つまみ。これはそのまま、低音と高音を調整するつまみですね。コンパクトエフェクターの中には、低音部分が触れない部分もあるので、ここは結構貴重かもしれません。

 

そして、一番右のつまみは「CONTOUR」つまみ。マーシャルのアンプでたまに見かける、この「コンツァー」ですが、これは2軸つまみのもう一つ「FREQ」を用いて、特定の周波数をカットするためのもの。ですので、思いっきりミッドをカットすれば、激しいドンシャリサウンドなども作れたりします。

 

このあたりの音作りの細かさは、BOSSの「メタルゾーン」ことMT-2に通じるものがあるかもしれませんね。

www.tk-guitar.com

www.tk-guitar.com

 

サウンドは…抜けの良い「OD」と、ラウドな「DS」

さて、JH-1のサウンドを聴いてみましょう。


Marshall JH-1 Jackhammer Guitar Pedal

 

マーシャルらしい、「これぞロックギター!」という、大変分かりやすいサウンドが、このコンパクトエフェクターでしっかり実現できていることが、よく分かります。

 

まず、ODモードですが、こちらでは、非常に抜けの良い、元気なクランチサウンドが作れる印象です。往年のハードロックであったり、あるいは2000年代のJ-Rockあたりとも相性が良さそうな、そんな小気味良いギターサウンドです。

 

そして、DSモードにすると、サウンドの重心が少し下に落ち、ヘヴィとまではいかないまでも、ラウドなギターサウンドになっていく印象を受けます。しっかりと歪んでくれるのですが、傾向としてはヘヴィメタルとかに使うというよりは、アメリカンなハードロックに合いそうな印象です。

 

なお、DSモードのときに、「抜けが悪い」というような弱点を指摘する声が一部にあります。もしそのように感じるときは、ギターアンプをJC-120のようなソリッドのものにしてみると、状況が改善することが多いです。もしよろしければ、ぜひお試しください。

 

BOSS MT-2と比較すると…

ところで、このJH-1、先ほども申し上げたように、2軸つまみで音作りを細かく詰められるディストーションという点において、BOSSの「MetalZone」ことMT-2と類似する点が認められます。

 

これらを比べてみると、どうなのか。

 

 


Boss Metal Zone MT-2 Vs Marshall Jackhammer JH-1 Distortion Pedal Shootout

 

やはり、メタルゾーンの方が「エグい」歪み方をする感じですね。ヘヴィメタルとか、モダンなハイゲインサウンドを指向するなら、こちらの方が向いているかもしれません。

 

一方のJH-1の方は、しっかり歪むとはいえ、そこまで極端ではなく、ギターの原音のニュアンスを残しながら、激しくドライブしてくれるサウンドというような印象を受けます。

 

結構キャラクターが違うので、自分が求めるギターサウンド、あるいはバンドで求められているギターサウンドをよく考えると、どちらがより向いているかは、自ずと答えが出てきそうな感じですね。

 

中古市場で5,000円前後…見つけられればお買い得!

さて、このJH-1ですが、前述のように、既に生産が終了しており、新品での購入は困難です。

 

よって、中古市場で探すことになるわけですが…これ、新品のときの価格が1万円前後だったこともあって、中古市場ではおおむね5,000円前後くらいで流通しています。

 

誰もが知るブランドからリリースされた、これだけの多機能なペダルを、この価格で手に入れることができるというのは、ある意味幸せなことかもしれません。

 

【まとめ】マーシャルの息吹を感じるペダル…生産終了が惜しまれます

このように、このマーシャルのコンパクトエフェクター、JH-1については、さすがマーシャルという感じのドライブサウンドが非常に印象的で、またOD/DS切り替えや2軸つまみを活用した積極的な音作りにも対応しているなど、非常にハイレベルなペダルであるということが言えそうです。

 

JCM800とJCM2000を、まとめて足下に」というような売り方をすれば、もっともっと売れたでしょうし、多くの人にも評価されたのでしょうが、このペダルについては、時代の流れに乗れなかったのか、あるいはマーシャルのマーケティング的に居場所を失ってしまったのか、残念ながら生産終了となってしまいました。

 

とはいえ、このペダルの魅力は、決して否定されるものではなく、むしろ生産終了になったことで、かえって注目を浴びるような一面もありそうです。

 

デジタル系のエフェクターが幅をきかせるこんな時代だからこそ、マーシャルがリリースしたアナログの歪みが、かえって新鮮に感じられるかもしれませんね。