ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギターピックアップ

【レビュー】Fender Custom Shop Fat 50s…繊細でパワフルなシングルコイル。

本日は、フェンダーカスタムショップからリリースされているストラトキャスター向けピックアップ、Fat ‘50sについてご紹介しようと思います。

 

どんなピックアップ?

ストラトキャスターの歴史を紐解くと、ヴィンテージ系に関していえば、大きくは「50年代」「60年代」「70年代」の3パターンにカテゴライズされるのが一般的かと思います。

今回紹介するFat ’50sは、その名のとおり、「50年代」のサウンドを狙って設計されたピックアップだという位置づけになります。

単なる「50年代復刻」ではなく…

ただし、そうは言っても、単純に50年代のストラトに搭載されたピックアップをそのまま再現しようとしたわけではありません。

具体的には、50年代のピックアップのイメージをモチーフとしつつも、そこに低音を強化するとともに、サウンドが全体的にパワフルになるよう、出力も増強されているのです。

このピックアップが「Fat」を名乗る理由は、まさにそこにあると言ってよいでしょう。

ストラトの繊細さとパワフルさを両立!

さて、そんなFat ‘50s、サウンド面はどうなのでしょうか。さっそく、聞いてみることにしましょう。


Fender Custom Shop Fat ’50s Stratocaster® Pickups — CLEAN | Fender

まず、クリーントーンですが、ストラトらしい繊細さは、しっかり感じられますね。このあたり、さすがフェンダー純正のピックアップ、といったところでしょう。

そして、オーバードライブさせたときのサウンドは…


Fender Custom Shop Fat ’50s Stratocaster® Pickups — DIRTY | Fender

そうした繊細さをベースに残しつつも、それがそのままパワフルに暴れる感じで、「ストラトでロックするならコレ!」という、非常にわかりやすくて印象的なサウンドを作り出すことができます。

個人的には、このパワフルさを活かし、オーバードライブくらいの歪みで弾くのが、一番Fat ‘50sらしさを出せるかなあ、と思います。

ノイズは乗りやすい…ハードなディストーションは苦手かも

なお、このピックアップは、センターが逆巻きになっている関係で、ハーフトーン時にハムキャンセルがかかるようにはなっていますが、それ以外のノイズキャンセル機構等が搭載されているわけではありません

ですので、これはこのピックアップに限らず、ストラト全体に言えることなのですが、ノイズの乗りやすさはこのピックアップの弱点ということになるかと思います。

それゆえ、ノイズが乗りやすい、現代的なハードディストーションを多用する局面は、このギターが少し苦手とするところになるかと思います。

とはいえ、前述の「ストラトらしい」サウンドというのは、そうしたノイズの乗りやすい純粋なシングルコイルピックアップだからこそ出せるものでもありますので、そうした点も含めて、このピックアップの「個性」だと理解した方が良いでしょう。

もちろん、ノイズサプレッサーなどを活用して足元でノイズ対策をしたり、あるいはDS-1Xのような、低ノイズのハイゲインエフェクターを活用したりして、あえてこのサウンドを強く歪ませるアプローチも、これはこれで魅力的なサウンドに仕上がります。

山内モデルのストラトには標準搭載

ところで、ピックアップについては、他の楽器やエフェクターと違って、試奏が非常に難しく、これが購入にあたっての大きな悩みになります。

ただ、このFat ‘50sについては、一昔前のフェンダーUSAの標準機であったアメリカン・スタンダードや、日本製フェンダーで言うとフジファブリックの山内総一郎モデルにおいて標準搭載されており、そのサウンドを気軽に味わいやすいピックアップでもあります。

アメスタは現在中古でしか入手できませんが、山内モデルであれば、店頭で新品を見かけることもあります。このギターは、以前レビュー記事を書かせていただいておりますが、非常に扱いやすい、素敵なストラトです。試奏する機会があれば、ぜひお試しください。

【レビュー】Fender SOUICHIRO YAMAUCHI STRATOCASTER…フジファブリック・山内モデル本日は、日本製フェンダーとしてリリースされている、フジファブリックの山内総一郎モデル、Fender SOUICHIRO YAMAUCHI...

【まとめ】これは面白い!フェンダー純正のパワフルピックアップ

このように、フェンダーカスタムショップのピックアップ、Fat ‘50sについて、その概要やサウンドの印象についてレビューさせていただきました。

このピックアップは、50年代ストラトをモチーフにしつつも、そこから一歩踏み込んで、低域を中心にパワフルなサウンドになるようなアレンジが施されており、単なるリイシューに終わらない可能性を秘めた意欲作だと思います。

特に、クリーン~オーバードライブくらいを主戦場にするギタリストさんにとっては、非常に魅力的なピックアップであると言えるのではないでしょうか。

幸い、このピックアップを試奏できるギターも市場にいくつか出回っておりますので、もし弾く機会がありましたら、ぜひこの、「フェンダー純正のカスタムピックアップ」、お試しいただきたいと思います。

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!