ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギターピックアップ

【レビュー】Fender Custom Shop ’51 Nocaster Tele 伝統のテレキャスPU。

本日は、テレキャスター用のピックアップのご紹介です。フェンダーの、「Fender Custom Shop ’51 Nocaster Tele」についてレビューさせていただこうと思います。

実は当ブログ、テレキャスターのピックアップ紹介は今回が初めて。

商品名だけで思わず「おっ」となるこのピックアップですが、果たして、どんなサウンドなのでしょうか…早速、見ていくことにいたしましょう!

この記事はこんな人にオススメ
  1. フェンダー・Custom Shop ’51 Nocaster Teleの評価・口コミを知りたい
  2. テレキャス用の上質なピックアップを探している
  3. フェンダー・カスタムショップ製のテレキャスピックアップに興味がある
  4. ノーキャスターのサウンドを手持ちのテレキャスで出したい

そもそも「Nocaster」って何なの?

まずはこのピックアップの話をする前に、そもそも「Nocaster」とは…というお話。

実はフェンダー・テレキャスターの歴史を紐解くと、そのルーツは、1950年の「Esquire(エスクワイヤー)」というモデルにさかのぼります。このギターは、現在のテレキャスターのボディシェイプに、リアのピックアップだけが搭載されたものでした。

その後、翌年、1951年に、そのエスクワイヤーの上位グレードとして「Broadcaster(ブロードキャスター)」というギターが登場。これが、エスクワイヤーにフロントピックアップを追加したもの…つまり、まさに今のテレキャスターに相当するギターなのです。

しかしながら、このブロードキャスターというギターの名称、既にグレッチが別商品において用いていたため、クレームが入ったことから、ギターのヘッドロゴからギター名が消えてしまうこととなりました。

この、「ブロードキャスター」と呼ばれる予定だったものの、こうした事情からヘッドロゴから名前が消え、「Fender」のみが示された1951年のギターのことを「Nocaster」と呼ぶようになったのです。

ちなみにその後、ほどなくして、新しいギターの名称として「Telecaster(テレキャスター)」が決定。以降は、私たちにとっておなじみの「テレキャスター」という名称で、この形のギターが親しまれるようになった、ってわけなのです。

現在では、フェンダー・カスタムショップにおいて、このノーキャスターのリイシューモデルが製造されていたりします。

かとうたかこ
かとうたかこ
カスタムショップ製のノーキャスター、気合いの入ったレリック加工が魅力的で、私も欲しいんです。ただ、価格が…。

初代テレキャスを再現したPU…その特徴は

さて、そうした「ノーキャスター」の歴史を理解した上で、今回のピックアップを見ていきます。

このピックアップのコンセプトは、「オリジナルのノーキャスターのサウンドを目指して、当時と同じ設計で忠実に再現」というもの。

具体的には、

  • エナメル皮膜マグネットワイヤー
  • 弦のレスポンスを均一にするフラットタイプポールピース
  • アルニコ3マグネット使用
  • 錫メッキ銅のベースプレート
  • 当時と同じクロスワイヤー(出力線)とファイバーボビン

…といったところです。

アルニコ3は、初期のテレキャスやストラトではよく用いられていましたが、最近のモデルではあまり採用されていないマグネットですね。ヴィンテージ系PUでよく見るアルニコ2ともまた少し違った、枯れたサウンドが何とも言えない魅力を放つ印象です。

サウンドは…ダークさと明るさの同居する、不思議な魅力

さて、そんなFender Custom Shop ’51 Nocaster Teleピックアップ。サウンドの方は、いかがでしょうか。

かなり素朴なサウンドが鳴っている印象です。比較的ローが削れている一方、ミッド〜ハイあたりに漂うテレキャスらしさが強調されている印象でしょうか。

また、最近のモダン系ギターによくある、ハイファイなサウンドではなくて、むしろヴィンテージギターで感じられる、ある種のダークなサウンドというのも、どこかに見え隠れしているようにも思います。

クリアさとダークさが同居する、ヴィンテージギター独特の雰囲気が、見事に出ている感じですね。

このサウンドの傾向は、歪ませたときにより際立ってくる印象で、中〜高音域にかけて、テレキャスらしい暴れ方をしっかりしてくれます。

ですので、このギターは、パワーコードで低音のリフを奏でるという使い方よりも、クリーンで素朴なギターの音色を楽しんだり、クランチ〜オーバードライブでテレキャスらしい軽快なサウンドを楽しんだりするのが向いているといえそうです。

かとうたかこ
かとうたかこ
まあ、50年代テレなので、あまりハードなサウンドに使っていくことは想定されていないでしょうけどね。

【まとめ】伝統のテレキャスサウンドが欲しい方はぜひ!

このように、今回ご紹介したFender Custom Shop ’51 Nocaster Teleピックアップは、まさに1951年の「ノーキャスター」を狙った、素朴で、どこかダークさも匂わせつつ、でも歪ませたときのテレキャスらしい軽快なドライブサウンドをしっかり出してくれるピックアップです。

さすが本家・フェンダーカスタムショップ、このあたりのヴィンテージ系ピックアップを作らせたら、他の追随を許さない、圧倒的な存在感を発揮してきますね。

テレキャスも、60年代になるとまたサウンドの方向性が結構大きく変わってきますが、50年代ならではの、この独特の雰囲気は、何物にも代えがたい魅力があるように思います。

伝統の50年代テレキャスのサウンドを極めたいそこのアナタ、このピックアップ、本当にオススメですよ!

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!