ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Sago Classic-Style T…透明感ある美しいテレキャス

本日は、兵庫県尼崎市に拠点を構えるギター工房・Sagoの、Classic-Style Tについてレビューしてみようと思います。

Sago/Classic Style T Wald Green
 

 

Sagoなりにアレンジされたテレキャス

Sagoといえば、独自のアイデアと個性的なカラーリング、高い技術力に裏打ちされた 高性能・高品質なギターを多々世に送り出している、気鋭の楽器工房です。

 

そんなSagoのラインナップは、フェンダー系のトラディショナルな姿を基礎としつつSagoなりにアレンジした「Classic Style」と、独自の解釈で新たな楽器を生み出す「Concept Model」の大きく2つがありますが、今回ご紹介するのは、この「Classic Style」に属するモデルです。

 

このモデル名についている「T」とは「テレキャスター」のこと。そう、このモデルは、テレキャスをSagoの技術力で作ったギター、ということになるでしょう。

 

標準的なテレキャスだが…ネックとピックアップに個性あり

さて、そんなClassic-Style Tですが、まずはカタログスペックを見ていきます。

 

まず、ボディ材は、アルダーが基本。ここは王道の木材チョイスです。

 

次に、ネックなのですが、こちらはメイプルを採用している一方で、ここがSagoならではのアレンジポイントなのですが、ネックにサーモウッド加工が施されています。

 

サーモウッドとは、木材を高熱で乾燥させることにより、人工的に経年変化を施し、ヴィンテージサウンドらしさと、楽器としての扱いやすさを生み出すことが出来る工法で、これを楽器に採用したのは、Sagoが最初であると言われています。

 

サーモウッド加工された、褐色のネックが、この楽器に、強烈な存在感を与えているといって良いでしょう。

 

次に、ピックアップですが、こちらはSagoのオリジナルピックアップ「L(x)」シリーズから、「Avendy-type1」というものが採用されています。歯切れがよく、引き締まった高域が印象的な、独自のピックアップです。

 

Sagoのピックアップは、リプレイスメントものとしても非常に高い評価を受けているものが多く、それが標準搭載されているという点も、ひとつの魅力です。

 

なお、スイッチング関係は、3ウェイのピックアップセレクターにボリューム、トーンと、標準的なテレキャスターを踏襲しています。

 

このように、このStyle Tは、オーソドックスなテレキャスターへのリスペクトを持ちつつも、Sago独自の技術が随所に詰まった、とても興味深いギターに仕上がっていることがわかります。

 

弾いてみると…ヴィンテージとモダンの中間な、上質なサウンド!

さて、そんなClassic-Style Tのサウンドは、どのようなものなのでしょうか。

 

 


「広島パルコ本館9階 島村楽器」 Sago CLASSIC STYLE T(サーモウッドネック) 演奏動画

 

テレキャスらしい歯切れの良さをしっかり保持しつつも、一方で音が暴れすぎることなく、非常に扱いやすいサウンドに仕上がっています。

 

また、音の解像度が非常に高く、また透明感のある質感になっているため、クリーントーンはもちろんのこと、コード感を残す系統のオーバードライブとの相性も抜群です。

 

このあたりのサウンドのクオリティは、まさにサーモウッドネックが作り出すヴィンテージ感と、L(x)ピックアップが生み出す現代的なサウンドとの合わせ技と言って良いのではないでしょうか。

 

また、電装系が非常にしっかり丁寧に作り込まれているためか、ノイズが非常に少ないのも、このギターの大きな特徴です。テレキャスとしては異例なほどにローノイズで、強く歪ませるタイプのギタリストさんにとって、これは大きなアドバンテージになるでしょう。

 

価格は仕様にもよるが30万円前後

さて、そんなClassic Style Tですが、価格は仕様にもよりますが、標準的な仕様だと、30万円前後くらいが相場です。

 

国産コンポーネント系ギターとしては、まずまず標準的な価格ではあるのですが、元祖テレキャスであるフェンダーのテレキャスが、アメリカン・プロフェッショナルだと20万円前後、アメリカン・オリジナルだと20万円台後半だということを考えると、少し割高に感じるかもしれません。

 

とはいえ、フェンダー系だと最高峰に位置するカスタムショップと、手にしたときの品質は同等かそれ以上に思えるほどの圧倒的なクオリティがこのギターにはあり、そちらと比べると、お値頃感を感じられるのも事実です。

 

値上がり前に生産された中古は狙い目!かなりお安く購入できます

なお、Sagoのギターは、近年大きく値上がりしておりまして、このClassic-Style Tも、4~5年前なら20万円台前半で新品を購入することができていました。

 

そのため、市場に流通している中古の中には、使用感が少ないにもかかわらず、価格が10万円台前半に収まっているなど、現在の新品価格を鑑みたときに、相当お買い得なものも散見されます。

 

場合によっては、中古を狙っていくのも一手かもしれません。

 

まとめ…透明感と高級感にあふれるテレキャス

SagoのClassic-Style Tは、さすが国産コンポーネント系ギターといった感じで、トラディショナルなテレキャスターに敬意を払いつつも、サーモウッドネックの採用やL(x)ピックアップの搭載により、Sagoのアイデンティティがふんだんに感じられる、意欲作に仕上がっています。

 

そのStyle Tが奏でるサウンドは、透明感あふれる、非常に扱いやすいサウンド。バンド練習やライブなど、実戦的な局面において、この扱いやすさは、非常に心強い武器になります。

 

価格は少し高く感じられるかもしれませんが、それに見合うクオリティは間違いなくあります。

 

テレキャスで勝負したいギタリストの皆さん、ぜひこのギターを、手に取ってみてください。 

Sago/Classic Style T Wald Green