ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】BOSS ST-2 アンプライクな新感覚ディストーション

本日は、BOSSの歪み系コンパクトエフェクターから、ST-2についてご紹介させていただこうと思います。

BOSS Power Stack ST-2

BOSS Power Stack ST-2

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

ST-2は「Power Stack」

今回ご紹介するST-2は「Power Stack」という名称が冠されています。名前からして、スタックアンプの鳴りを再現しようとしている予感がしてきます。

 

そして、漆黒のボディに、金色のパネルというこのルックスは、まるでマーシャルのギターアンプを思わせるようなデザイン…。

 

そう、ST-2は、まさにこういった期待を裏切らない、アンプライクな歪みを実現するコンパクトエフェクターなのです。

 

デジタルタイプの歪みエフェクターです

このST-2は、デジタル回路を内蔵し、これを使って歪みを作り出す、いわゆる「デジタルタイプの歪みエフェクター」になります。

 

通常、BOSSのデジタルエフェクターにおいては、BOSS独自のサウンドテクノロジー「COSM」を採用しており、このロゴを筐体に掲載しているのですが、このST-2については、「COSM」ロゴがありません。どうやら、COSM技術を使うことなく、独自のデジタル技術を採用しているようですね。

 

ちなみに、BOSSの公式サイトにおいては、「デジタル技術を使っている旨」がはっきりとは書かれていません。このエフェクターにおいては、あえてデジタルかアナログかを議論する必要がない、ということなのでしょうね。

www.boss.info

 

歪みのキャラクターを大きく変える「SOUND」つまみ

さて、このST-2のサウンドキャラクターを左右するのが、一番右にある「SOUND」というつまみ。

 

このつまみ、左端に「CRUNCH」、12時部分に「DRIVE」、右端に「ULTRA」という3つの文字が描かれており、この間を無段階で動かすことができます。

 

ちなみにこのペダル、一般的な歪みエフェクターにある「DRIVE」とか「GAIN」のつまみがありませんので、要は歪み量はこの「SOUND」でコントロールしていく、ということになります。

 

これを一番左の「CRUNCH」にしていると、ヴィンテージのマーシャルアンプを思わせる、音の太いクランチサウンドになります。そしてこのとき、ギター本体のボリュームや自身のピッキングの強弱によって、クリーンに近いサウンドを作り出せてしまうなど、かなり細やかなニュアンスを表現できるような印象です。

 

そして、真ん中あたり「DRIVE」においては、マーシャルのJCM2000あたりをしっかり歪ませたディストーションサウンドに変わってくる印象で、そこからさらに右、「ULTRA」までもっていくと、現代的なマーシャルアンプで出せるような、キメの細かいハイゲインアンプのサウンドを具現化してくれるような感じです。

 

ちなみに、こうやって「SOUND」つまみで作り出したサウンドキャラクターを、「BASS」と「TREBLE」という、2つのイコライザーで調整していくことができます。印象としては、12時の状態でも全体的にローがしっかり出ているようなので、どちらかというと「削る」方向で調整していく方がサウンドが良くなる気がします。

 

サウンドは…まさにマーシャルアンプを再現する歪み!

さて、そんなST-2のサウンド。実際に聞いてみると、どうでしょうか。


ST-2 Power Stack [BOSS Sound Check]

 

先ほどご紹介したこの「SOUND」つまみの特徴、聞いてみるとよくお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

まるで3つのエフェクターが1台におさまったかのような、歪みのバリエーションの豊富さ。そして、これらのいずれにも共通しているのが、「アンプライクな、箱鳴り感のある歪み」。メカニズムこそデジタルではありますが、ヘタにアナログエフェクターで歪ませるより、よっぽどリアルなサウンドなのでは…と思わせるような説得力です。

 

とりわけこのエフェクター、JC-120との相性が抜群で、と組み合わせると、あのJC-120がマーシャルに化けてしまうと思わせるような雰囲気です。さすがJC-120+BOSS、安定の組み合わせですね。

 

価格はBOSSコンおなじみの1万円

さて、このST-2ですが、価格はおおむね1万円を少し超えるくらいの金額です。BOSSコンとしては、きわめて標準的な価格設定ですね。

 

アンプライクな歪みエフェクターとなると、どうしても2~3万円かそれ以上のブティックエフェクターが主流になる中で、BOSSらしい価格で販売してくれているのは、ありがたい話です。

 

【まとめ】BOSSらしさにあふれるアンプライクなディストーション

このように、このBOSS ST-2については、マーシャルを思わせるアンプライクな歪みを、さまざまなバリエーションで楽しむことが出来る、非常に面白い歪みエフェクターだと言えるでしょう。

 

これまで、「アンプライクな歪み」というと、どちらかというと高額なブティック系に頼らざるを得なかったところ、今回、BOSSから、「おなじみの筐体」「おなじみの価格」でこのST-2がリリースされたことにより、一気に親しみやすいものになりました。

 

そして同時に、新感覚のディストーションとしても、とても興味深い一品です。

 

ぜひ、多くの方に、お試しいただきたい1台ですね。