ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】BOSS DS-1X コードの分離感が見えるディストーション。

本日は、BOSSの歪みエフェクター、DS-1Xについてレビューしようと思います。

 

BOSS Distortion DS-1X

BOSS Distortion DS-1X

 

 

 

BOSSの「X」シリーズ

BOSSの「X」シリーズというと、本ブログでは、「OverDrive」を名乗る、OD-1Xについて、既にレビューをさせていただきました。

 

www.tk-guitar.com

  

このDS-1Xも、前回のOD-1Xも共通なのですが、このシリーズから、BOSS最新のデジタルモデリング技術「MDP」を採用しています。

 

これは「Multi Dimension Processing」の略でして、日本語に訳すと「多次元的信号処理」とのこと。何やら難しくなってきましたが、端的に言うと「音の変化を細かく分析し、その時々に応じて最適なエフェクトを施す」というような技術。これまでBOSSが培ってきたデジタルの技術をフルに活用した、BOSSならではの新しいエフェクターへのアプローチです。

 

歪み系エフェクターを探すときは、どうしても「やっぱり歪みはアナログでないと!」というような声が強いのは重々承知の上で、あえてBOSSがデジタルの強みをフル活用してリリースした、この「X」シリーズ。

 

しかも、今回は、ディストーションという、深い歪みへの挑戦です。

 

サウンドは…きめ細かい!

ところで、BOSSのディストーションというと、「DS-1」があまりにも有名なわけでして、この「DS-1X」も、型番からデザインから、何から何まで、DS-1をモチーフにしたかのような印象を受けます。

 

DS-1というと、上記の過去ログにもありますように、どちらかというと荒々しい歪みを得意とするディストーションペダルなわけですが、サウンドの方向性も同じところを向いているのか…。

 

結論から言いますと、「歪みの深さは同じなんだけど、方向性はむしろ逆」という印象。ハードロックにも使っていけそうなほどにしっかり歪むのに、そのサウンドは非常にきめが細かく、上質です。

 


BOSS DS-1Xを古川昌義が徹底試奏レポート!

 

そして、忘れてはいけないのがローノイズ感。ディストーションでありながら、ノイズはもはやゼロといっていいレベルです。これは地味に助かります。

 

コードの分離感がわかるディストーション

そして、実際に弾いてみると何が衝撃って、ディストーションペダルでありながら、コードの分離感を失っていないのです。オーバードライブなら分かるのですが、ディストーションでもここまで来たか…という印象。これはビックリです。

 

これなら、ポップス系のバンドでも十分使っていけるのではないでしょうか。

 

もちろん、そうした上質さの中にあっても、歪み自体はしっかりしているので、ロック~メタルくらいまでこなせる実力は有しています。なので、シンプルに「激しい歪みが欲しい」という方にも、もちろんオススメできます。そして、こういうジャンルのとき、ローノイズがまた、効いてくるんですよね。

 

なお、このような上質さであるがゆえに、しっかり歪ませていても、ギターの素性の良さがしっかり見えてきます。特にシングルコイルのときは、ギター本体の鳴りが結構意識できる印象ですね。

 

ディストーションとしては、文句なしに超一流だと思います。今まで、オーバードライブだけで勝負してきたポップス系ギタリストさんにも、ぜひ使ってほしい一品です。

 

OD-1Xとの比較…

さて、こうなってくると、いよいよ気になるのが「OD-1XとDS-1X、どっちがいいの?」というお話。特に、ポップス系でも使えるサウンドを持っているだけに、「どちらか1つ」というふうになると、相当悩むのではないかと思います。

 

もしこの2つで悩む場合…相当に難しいのですが、ポップス指向の方の1台目ならOD-1X、それ以外の場合はDS-1Xがオススメかななあ、と思います。

 

OD-1Xも、同様のきめ細かさを、オーバードライブの守備範囲を中心に持っており、そしてゲインを上げると、ディストーションに近いところまでカバーできてしまいます。そういった意味において、オーバードライブを指向するギタリストの1台目に向いているのは、やはりOD-1Xです。

 

一方で、はっきりと「ディストーションが欲しい」局面でありますとか、あるいは「オーバードライブは既に(OD-1X以外も含めて)お気に入りのペダルがある中で、次のペダルを買い足す」という局面においては、逆にディストーションに軸足を置きつつ、オーバードライブ的なサウンド、きめ細かいサウンドもカバーできるDS-1Xがオススメ。

 

そして、究極の理想は、OD-1XとDS-1Xの2台持ちですね。この2台を持っておけば、たいていの歪みサウンドには対応できるのではないでしょうか。

 

まとめ

このように、DS-1Xについて、OD-1Xと比較しながら、そのサウンドの特徴を見ていきました。

 

デジタルの強みをフルに活かした設計で、ローノイズできめが細かく、ディストーションの深い歪みを持ちながらも、コードの分離感までもが見えてくる、上質なサウンド。

 

もはや歪みエフェクターは、デジタルかアナログかとかいうことを気にする時代ではないのでしょう。ぜひ、先入観を持たずに、一度、弾いてみてください。気に入っていただけること、間違いなしですよ。

 

BOSS Distortion DS-1X

BOSS Distortion DS-1X