ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Seymour Duncan SJB-1 ジャズベースの原点を目指して。

本日は、セイモア・ダンカンのジャズベース用ピックアップ、SJB-1についてレビューをしてみようと思います。

 

なお、この機種、ネック用とブリッジ用があり、前者は「n」、後者は「b」が型番につきます。

 

セイモア・ダンカンのジャズベース用ピックアップの概要 

リプレイスメント・ピックアップの超定番、セイモア・ダンカン。ベースの方でも、さまざまなピックアップをリリースし、それらはいずれも高い評価を得ています。

 

そんなダンカンのジャズベース向けピックアップについては、大きくは次のようなラインナップになっています。

  • SJB-1:ヴィンテージ指向のモデル(Vintage)
  • SJB-2:ヴィンテージ指向ながら出力が強いモデル(Hot)
  • SJB-3:現代的なサウンドのモデル(Quarter Pound)

このブログでは、以前に私も愛用している「SJB-2」についてのレビュー記事を書かせていただいております。 

www.tk-guitar.com

 

で、今回はヴィンテージ指向に振った、「SJB-1」についてレビューしてみよう、というわけなのです。

 

穏やかながらもダンカンらしさを感じるサウンド

さて、そんなSJB-1のサウンド。果たして、どのようなものでしょうか。

 


Seymour Duncan SJB1

 

ローパワーのジャズベースらしい、きわめて穏やかな特性を持ちつつも、ジャズベースの一番おいしいミッド部分については、しっかりと鳴らしてくれており、これがベースサウンドに、落ち着いた色気を与えてくれている印象を受けます。

 

ジャズベースは、その汎用性の高さ故に、落ち着いたジャンルの音楽からハードロックまで、実に幅広く活用されておりますが、もちろんそこにはサウンドの質の高さがあってこそ。

 

このSJB-1については、フェンダーのヴィンテージ系ジャズベースの音色をしっかり研究しつつ、ダンカンらしさである中域の華やかさを付加することで、単なるヴィンテージピックアップのコピーに終わらない意欲を感じることができます。

 

ヴィンテージ系だけど…このサウンドならロックにも使える!

そして、このような素養の高さであるがゆえに、ベースアンプやエフェクターのサウンドの強みを、ストレートに引き出すことができるのも、SJB-1の大きな特徴であると言えるでしょう。

 

ですので、たとえばSANSAMP BassDriverを通したときには、サンズアンプらしさをしっかり出してくれます。

www.tk-guitar.com

 

また、アギュラーのTone Hammerのような原音重視系のプリアンプを使ったときには、逆にこのピックアップの素養の高さが、プリアンプによってしっかり発揮される印象も受けます。

www.tk-guitar.com

 

このように、エフェクター等でしっかり音作りをして、ロックやポップスなど、幅広いジャンルでジャズベースを使っていきたい人にとっても、このSJB-1の素直なサウンド特性は、非常に扱いやすいと思います。

 

まとめ…ダンカンらしさとヴィンテージらしさをうまく両立

このように、このSJB-1については、ダンカンのジャズベース向けピックアップとしては、もっとも大人しい、ヴィンテージ指向のものでありますので、穏やかなサウンドに向いているのは言を待ちませんが、一方でそのサウンドの素直さゆえに、エフェクター等でしっかり音作りをして、ロックサウンドにも使っていけることが確認できます。

 

SJB-2との比較がかなり悩ましいところではありますが、個人的にはSJB-1の方がオールラウンドに使える印象があって、ロックに特化するのであればSJB-2が良いかなあ、という印象です。

 

価格も非常に安いのに、これだけのサウンドクオリティ。ダンカンピックアップのポテンシャルには、常に驚かされます。