ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Seymour Duncan SSL-3…ストラトを、もっと元気に!

今回は、ギターのリプレイスメントピックアップのご紹介をしてみようと思います。

 

Seymour Duncan(セイモア・ダンカン)のシングルコイルピックアップ、SSL-3です。

 

SSL-1の特徴を踏まえた上で  

以前、同じダンカンのSSL-1をご紹介いたしました。詳しくは下記のレビューにて、といったところなのでしょうが、「これぞストラト!」という感じの、スタンダードな音づくりを徹底した、といった印象でした。

 

www.tk-guitar.com

  

SSL-1の方向性を維持しつつ、強化されたパワー

さて、今回のSSL-3はどうか。

 


Seymour Duncan SSL-3 Hot For Strat Playthrough

 

基本的な音の方向性は、SSL-1と一緒だと思います。要は「ストラトらしさ」を追い求めている音

 

そうした中、1つ大きな違いがあり、そしてそれがSSL-3にアイデンティティを付与しているものがあります。

 

それが「パワー」です。

 

このピックアップは「HOT」とも銘打たれているように(ちなみにSSL-1は「Vintage Staggered」です)、ハイパワーモデルでして、音の方向性は同じなんだけど、その威力は結構違います

 

たとえていうなら「辛さの量が違う、同じカレー」といったところでしょうか。SSL-1は標準の辛さで、SSL-3は辛さ10倍、みたいな感じ。

 

このように、一般的なストラトっぽさを残しながら、かなり元気なサウンドを出すことができるので、ストラトの特徴を活かしながらロックをやりたい人には、とってもオススメできるピックアップなのではないかと思います。

 

弾いていても、この元気なサウンドのおかげで、弾いているこっちまでもが元気になれる、そんな印象もあるほどです。

 

ノイズとの付き合い方には要注意

ただし…1点、注意事項があります。

 

それは、ノイズ

 

ストラトらしさが残っているがゆえに、どうしても課題になるのがノイズの問題。ましてや、このピックアップは「ハイパワーなストラト」なので、そのノイズの出方も結構なものがあります。

 

ハイゲイン系のエフェクターなんかをつかっていると、「ジー」というノイズが結構目立つかもしれませんね。

 

もちろん、そういったノイズについては、ノイズサプレッサーなどで低減してやる手法もありますが、「ノイズも含めて味!」と割り切ってしまう手もあるかもしれません。

 

個人的には、このストラトはいくらロック向きとはいっても、ハイゲイン系のエフェクターをつかってバリバリのメタルやハードロックをやると言うよりは、ゲインを上げ気味のオーバードライブで弾いてやる方が、ピックアップの持ち味が活きるのではないかと思います。

 

SSL-1とSSL-3の組み合わせがオススメ

また、前回のSSL-1のところでも紹介した手法ではありますが、「リアのみSSL-3、センターとフロントはSSL-1」というような組み合わせは、ポジション的にもSSL-3とSSL-1のそれぞれの得意分野が上手くマッチしそうですね。

 

いずれにせよ、SSL-3もSSL-1も、「ストラトらしさ」を求めるピックアップとしては非常に優秀で、また価格もお手頃。

 

SSL-3は、元気なサウンドを求めるストラト使いの方に、ぜひ手にしていただきたいな、と思います。