ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Seymour Duncan APST-1 Twang Banger

今回は、ストラト向けシングルコイルピックアップのレビューです。

 

Seymour Duncan(セイモア・ダンカン)の 「APST-1 Twang Banger」をご紹介します。

「ストラトでテレキャスのサウンドを」

このピックアップは、「ストラトでテレキャスの音を」という、少し変わったコンセプトを持っています。「Twang」とは、テレキャス特有のサウンドを表現する英語。まさに「Twang」をストラトで出してやろう、という商品ですね。

 

ピックアップの底に、テレキャスターのリアピックアップと同様のプレートが埋め込まれており、一般的なストラトのシングルコイルとは、作り方からして少し違うというか、特徴的な感じがあります。 

 

サウンドは「ジャキッ」という感じ

さて、そのサウンドはどうでしょうか。

 

一般的なストラトだと「チャキッ」と鳴るところが、このTwang Bangerを搭載したストラトの場合「ジャキッ」となる感じですね。

 

ストラトの繊細さ、高音の強い響きを押さえつつ、その代わりにサウンドに太さを加えたような、そんな感じですね。良くも悪くも「ピックアップを変えた」感を、かなり強く感じることができると思います。

 

このピックアップは、基本的にリアを想定した設計になっていますので、リアで使っている限りは、とっても心地よくテレキャスらしさを出すことができます。とりわけ、クランチあたりの歪み方をしているときが、ちょうど一番気持ちよく楽しめるところですね。

 

ストラトとテレキャスのハイブリッドとして理解

ただし、そこはあくまで「テレキャスっぽさ」であることに留意が必要です。いくらテレキャスっぽいといっても、所詮は「ぽい」。なので、どこかにストラトのニュアンスを残しています。

 

まあ、これは、本当にテレキャスの音が欲しかったらテレキャスを使えばいいわけですので、ここは「テレキャスとストラトのハイブリッド」と好意的にとらえる方が良いでしょう。

 

弱点はノイズ

ただ、このピックアップには弱点があります。それは、非常にピーキーであるがゆえに、ノイズに弱く、またハウリングをしやすいこと。たとえば、ピックアップセレクターの切り替えなんかも、かなりシビアに音を拾ってきます。

 

この傾向は、歪みが強ければ強いほど、より目立ってくるので、そういった意味においても、やはりこのピックアップ、クランチまでで使うのが良いような印象を受けます。

 

使いどころは選びますが、上手に使えば、メチャクチャ面白いピックアップだと思いますね。

 

普通のストラトに飽きた方、ぜひ一度、いかがでしょう?