ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】Fender American Professional Jazz Bass

本日は、フェンダーのベース、American Professional Jazz Bassをご紹介します。 

 

一番身近なフェンダーUSAのジャズベース 

 今、「フェンダーUSAのジャズベース」というものを買おうとすると、一番身近なモデルになるのが、これですね。

 

フェンダーのAmerican Professionalシリーズ、いわゆる「アメプロ」は、一昨年、2017年に、これまでのAmerican Standard、いわゆる「アメスタ」に代わる位置づけでリリースされたラインナップ。

 

フェンダーUSAと言われる、米国産のフェンダーシリーズの中では、比較的お求めやすいモデルではありますが、このアメプロは、細部にわたってしっかり作り込まれており、ラインナップ内での優劣うんぬんではなく、シンプルに非常に使える、実戦的な中身になっているのが特徴です。

 

このブログでは、以前、アメプロのプレシジョンベースを紹介させていただきました。 
www.tk-guitar.com

 

このときも、このプレベを私は非常に使いやすいと感じたわけなのですが、今回のジャズベはどうなのか。

 

現代的なジャズベース

端的に言うと、「現代的なニュアンスを持ったジャズベのサウンド」といったところでしょうか。

 

このジャズベース、ボディはアルダー、指板はメイプルorローズウッドという、非常にスタンダードなつくり。ピックアップには、V-MODという、このアメプロ用に新たに作られたものが搭載されていますが、このピックアップが、アメプロのサウンドキャラクターを作り出している印象を受けますね。

 

指板とネックの特徴

指板のメイプルorローズは、これまた非常に悩ましいところではありますが、スラップでバキバキに攻めたい人はメイプル、指弾きで渋く攻めたい人はローズを選ぶと、このベースの良さが引き立つのではないでしょうか。

 

また、このジャズベの大きな特徴が、ネック回り。このアメプロは、これまでよりもさらに薄めな「スリムCシェイプ」というものが採用されており、これが非常に細身で、弾きやすいんです。

 

ジャズベ自体が比較的弾きやすいベースである中、ここまでネックが細いと、握り込みも非常にしやすいです。何より、この弾きやすさが、新しいベースラインを生み出しそうな、そんな期待感さえ持たせてくれます。

 

 ヴィンテージではなく「今」のフェンダーを

一方で、このベース、フェンダーUSAのスタンダードなジャズベースではありますが、いわゆるヴィンテージ指向とは必ずしも言いがたい面がありますので、そっち方面を期待する方は、あらかじめ試奏し、自分の求めるサウンドと合っているかどうか、ご自身の耳で確認されることをお勧めします。

 

どちらかというと、このベース、「現代のフェンダーが送り出す、最新のベース」ということで解釈した方が、スッと落ちてくる感じですね。

 

そう考えると、ヘタにヴィンテージ系のベースに手を出すより、はるかに使い勝手はいいですし、基本的に年式が新しいですから、長く使えるのも間違いなし。実戦的なジャズベースをお探しの方には、非常に心強い味方になってくれると思います。

 

価格は基本的に20万円弱くらいが定番の様子。フェンダーUSAのベースとしてはお求めやすい方ではないでしょうか。

 

新しいフェンダーUSAのスタンダードは、プロフェッショナルにも使い込める、素敵な一品なのです。