ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギターエフェクター

【レビュー】Providence Velvet Comp 上質なコンプ、サウンド面の評価も抜群!

今回は、Providenceのコンプレッサー、Velvet Compをご紹介します。

この記事はこんな人にオススメ
  1. Providenceの上質さを活かしたコンプが欲しい
  2. 手堅さと派手さの両方をコンプに求めている
  3. Velvet Compのサウンドセッティングを知りたい

 

名前からして「上質」。

Providenceというと、とにかく上質なエフェクターやケーブルを作っており、まさに、そんな「上質」という言葉がしっくりくるブランドかなあ…と思っています。

当ブログでは、Providenceのオーバードライブ・Sonic Driveの「SDR-4R」を過去にご紹介していますが、こちらもProvidenceらしい上質さが全面に出た、とても魅力的なエフェクターです。

【レビュー】きめの細かい、上質なオーバードライブ。Providence SDR-4R今回はProvidenceのオーバードライブ、「Sonic Drive SDR-4R」を取り上げようと思います。 ...

そんなProvidenceがリリースしているコンプレッサーが「Velvet Comp」。なんといいますか、名前からして既に上質感が漂っています。

コンプレッサーの役割とコントロール

ギターでコンプレッサーを使う場合、その役割は、大きく2つあると考えられます。

1つが、音量の補正。音の粒立ちを均一にそろえる、というやつですね。そしてもう1つが、積極的な音づくり

その辺を踏まえながら、Velvet Compのコントロール部を見ていきます。

このVelvet Compは、コントロール部は、マスターボリュームである「Level」を除くと「Attack」と「Sustain」の2つだけ。コンプとしては、かなりシンプルに仕上げてきています。

使い方としては、「Attack」つまみでピッキングアタックの強さを調整、「Sustain」つまみでサステインの長さを調整、という、これだけのシンプルな使い方です。

Velvet Compの具体的なセッティング

具体的なセッティングを少し考えてみましょう。

たとえば、自然に音の粒を揃える…というようなサウンドを求めている場合、Attackを控えめに、Sustainも控えめ気味に設定すると、そういった「粒立ち調整」にピッタリのセッティングになります。特に、リミッターとして使いたいときは、Sustainは思い切ってかなり左へ振っても大丈夫です。

そして、積極的な音づくりをしたいとき。そう、コンプを使うことで、あの独特の「パコパコ」感を作り出すことを求めているとき…このときは、Attackを強めに設定すれば良いですね。このパコパコの効き方も、しっかり効くんだけど、どこか上質さが残るあたりが、このVelvet Compらしさかなあ、と思います。

かとうたかこ
かとうたかこ
個人的には、「パコパコ」の効き方は、結構強いと思います。MXRのDyna Comp並みに積極的に使っていけるかも…。
【レビュー】MXR dyna comp あの「パッカーン」サウンドはこれで!本日は、エフェクターのご紹介です。MXRのコンプレッサー、「dyna comp」をレビューしようと思います。 ...

ノイズの少なさも優秀

そして、さらに「上質さ」を感じる点が、ノイズの少なさ

コンプレッサーは、その設計上、どうしてもノイズが出てきがちなのですが、このVelvet Compは、かなりノイズを上手に押さえ込んでいます。この点は、他のコンプと比べたとき、ホントに驚くところではないかと思います。

そうしたノイズの少なさと、コンプとしての効きの良さが相まって、このエフェクターを通すだけで、サウンドがワンランクアップしたような印象を受ける…そんな魅力も併せ持っているように感じます。

価格も15,000円程度と割とお手頃

さて、このVelvet Comp、この上質さゆえに、価格的には結構高いのでは…という印象を持ってしまいますが、お値段は市場価格でおおむね15,000円前後

BOSSのCS-3あたりと比べると、さすがに少し高いですが、「上質」をウリにしたエフェクターが得てして2〜3万円台から始まることが多いことを考えると、このVelvet Compの価格は、かなり良心的ではないかな、と思います。

【レビュー】BOSS CS-3 Compression Sustainer 自然なコンプ感に高評価!今回は、BOSSのコンプレッサー、CS-3 Compression Sustainerをご紹介します。 BOS...

【まとめ】上質さが自慢!だけど音作りの奥も深い!

このように、今回ご紹介した、ProvidenceのVelvet Compについては、いかにもProvidenceらしいサウンドの上質さ、そしてそれを担保するローノイズさを誇りつつも、同時にコンプらしさを全面に出した音づくりもしっかりこなせる、かなり奥の深いエフェクターです。

その上質さゆえに、「通すだけで音が良くなる魔法の箱」的な使い方もできそうですが、やはりここは、せっかくのコンプ、しっかりサウンドのビジョンを持って、セッティングを考えていきたいところですね。

とにかくこれ、ホントにProvidenceらしさが前面に出ている、とっても素敵なコンプです。ギター向けコンプで迷われている方、ぜひこのVelvet Compを一度、手に取ってみてくださいませ♪

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!