ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ベースエフェクター

【レビュー】Ampeg Classic Analog Bass Preamp アンペグサウンドをコンパクトに!

今回は、ベースのプリアンプということで、AmpegClassic Analog Bass Preampをご紹介しようと思います。

この記事はこんな人にオススメ
  1. コンパクトなアンペグのプリアンプが欲しい
  2. SCR-DIが好きだけど大きくて重すぎる
  3. SCR-DIとClassic Analog Bass Preampとの違いが知りたい

 

コンパクトなアンペグのペダル

アンペグのプリアンプと言えば、先日、SCR-DIという、DI機能を搭載したプリアンプについてレビューを行ったところです。

【レビュー】Ampeg SCR-DI ベースアンプメーカーのプリアンプ!今回は、ベース用プリアンプ、Ampeg(アンペグ)のSCR-DIのご紹介です。 Ampeg SCR-DI (4...

こちらは、アンペグサウンドをポータブルなものにしたという点、そしてそのサウンドが素晴らしいものであることをしっかり書かせていただきましたが、一方でユーザーさんの中には「せめてもう少し小さければ…」というような声があるのも事実です。

その点、このペダルについては、完全にコンパクトエフェクターサイズになっているので、大きさ・重さの問題は完全にクリアされています。

小さくてもコントロールはほぼ共通

一方で、小さくなっても、SCR-DIのうちプリアンプ機能についてはしっかりと継承されています。従って、3つのイコライザーつまみに、「Ultra Lo」「Ultra Hi」のスイッチも同様に引き継がれています。

ちなみにこの「Ultra Lo」「Ultra Hi」は、それぞれ低域と高域を強調するスイッチ。アンペグのベースアンプ「SVT-3Pro」に搭載されていることで有名ですね。

サウンドはアンペグサウンドそのもの

ということで、サウンド面を見てみましょう。

アンペグ特有のサウンドの「艶」をしっかりまとった音を作ることができます。イコライザーや、各種Ultraスイッチもいいところに効くので、かなり実用性の高いペダルじゃないかなあ、と思います。

かとうたかこ
かとうたかこ
このサウンドを聴いていると、ジャズベースのおいしいところがしっかり引き出せている感じがしますね。めちゃいい…。

SCR-DIからの省略ポイント

ところで、このペダル、完全にSCR-DIをコンパクトにしただけのものかというと、そうでもなく、やはりサイズがコンパクトになったゆえか、SCR-DIから省略されている機能も、いくつかあります。

それは、次のとおり。

  • 歪みモード
  • DI機能
  • 外部入力機能

歪みモードが気になる方は、別途「Scrambler Bass Overdrive」というペダルが用意されているので、歪みに興味のある方はこちらを選んでみるのもアリかと思います。

【レビュー】Ampeg Scrambler Bass Overdrive アンペグのオーバードライブ!本日は、アンペグからリリースされているベース用オーバードライブ、Ampeg Scrambler Bass Overdriveについてレビ...

DI機能がなくなっているところ、気になる人は気になるでしょうが、ライブハウスでの使用においては、現地でDIがセットされているのが通常なので、そこはあまり気にしなくて良いと思います。

外部入力機能も、マルチエフェクターならいざしらず、この手のプリアンプで使うことは通常あまり想定されないので、個人的にはここも気にしなくて良さそうに感じます。

というか、要はこのペダル、「SCR-DIから、あまり使わなさそうな機能を省略し、プリアンプ部分だけを抜き出してコンパクトにした」という方が分かりやすいかも知れませんね。

価格は1万円台後半…コスパは高いぞ!

ちなみに、そんなペダルですが、市場では概ね1万円台の後半くらいでゲットすることができます。もし歪みが不要なら、高額で巨大なSCR-DIを選ぶよりも、こっちを選ぶ方がコストパフォーマンスも高いし、何かと幸せになれるような感じがします。

以上、Ampeg Classic Analog Bass Preampのレビューでした。アンペグサウンド好きにはもちろん、コンパクトなプリアンプを探されている方にも、オススメです。

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!