ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】BOSS ODB-3 実は激しい歪みを出せちゃいます!

今回は、ベース用歪みペダルの定番、BOSSODB-3 Bass OverDriveのご紹介です。

BOSS Bass OverDrive ODB-3

BOSS Bass OverDrive ODB-3

 

 

 

 「オーバードライブ」というよりは…

ギターではごく当たり前のように使われている歪みサウンド。それを、ベースでも使ってみたいと考えたときに、真っ先に手に取るのが、このODB-3ではないでしょうか。

 

あのBOSSから出される「オーバードライブ」で、しかもベース用。色も黄色で、ギター用と同じような雰囲気。多くの人は、ベースでナチュラルな歪みを得られるのではないかというふうに創造するのではないかと思います。

 

しかし、このエフェクター、そのような「万人向け」とは少し雰囲気が違うかもしれません。

 

実はこれ、「オーバードライブ」と銘打ってはいるものの、その歪みは非常に深く、何ならディストーション~ファズくらいまで行けてしまうのではないかと思うほど。


Boss ODB-3 Bass Overdrive Demo

 

つまみの使い方

つまみは左から

  • LEVEL(音量)
  • EQ(2軸つまみで上段がHIGH、下段がLOWのコントロール)
  • BALANCE(原音とエフェクト音のミックス)
  • GAIN(ゲイン)

というふうになっており、歪み量を決めるのは一番右の「GAIN」なわけですが、これ、9時くらいでもかなり強力な歪みが得られます。そして、そこから先は、相当にブーミーな歪み方をします。

 

レッチリ「Around the World」のサウンド 

このエフェクターが使われている有名な曲として、The Red Hot Chilli Peppers(レッチリ)の「Around the World」が挙げられます。そう、あのイントロの、アレです。

 

かなりパンチの効いたフレーズだと思いますが、まさにあんな感じの音を出すのにピッタリなエフェクターだと言って良いでしょう。

 

ということで、実は私もこのエフェクターを買った当初、「えっ、こんなに歪むの?」と驚いた記憶があります。

 

BALANCEつまみの使い方が重要

で、そこで頼りになるのが、BALANCEつまみ。これをDRYの側にしておき、できるだけ原音多めで使うことで、ある程度違和感のない、自然なサウンドが作れます。

 

もっとも、BALANCEつまみ9時くらいでもかなり歪みを強く感じるので、いっそ「DRY」に振り切るか振り切らないかくらいの方が、かけっぱなしで使う際には良い感じになると思います。

 

バンドで使っているときには、軽く歪んでいる方がなじみが良かったりしますので、そういう狙いを持っているのなら、ここはDRY振り切りで決まりですね。

 

でも、このエフェクターの「らしさ」をしっかり引き出せるのは、やはりある程度歪みを強く出したとき。とはいえ、その状況で終始引き続けるというのも、それほど現実的ではないと思うので、しっかり歪まして使うなら、「ここぞ」の場面でブースター的に使うのが効果的だと思います。

 

ちなみにこのエフェクター、自然体でつなぐと、良くも悪くも割とローが削れます。そういうときには「EQ」でローを足してやればいいのですが、その削れ具合があるがゆえに、オケなじみが良くなる面もあります。このあたりは、使いながら要調整ですね。

 

とまあ、このように、ギターのエフェクターのイメージで行くと、思わぬギャップに驚かされますが、逆にそこをしっかり理解すると、強力な武器になりそうな、このODB-3。

 

BB-1Xとの比較 

なお、BOSSのベース用ペダルでは、他にBB-1Xもあります。こちらについては、以前レビューを書いています。

www.tk-guitar.com

 

BB-1Xとの比較で言うとBB-1Xはどちらかというとプリアンプ的な考え方で設計されているのに対し、こちらODB-3はあくまで「歪みエフェクター」という感じになっており、背景にあるものは結構違うように思います。また、BB-1Xはデジタルなのに対して、ODB-3はアナログ

 

「ベースを歪ませる」というシンプルな目的で選ぼうとするとこれら両者は似ているように感じるかもしれませんが、意外と根幹部分は大きく異なっていますので、選ぶ際にはそういった点に注意すると良いと思います。

BOSS Bass OverDrive ODB-3

BOSS Bass OverDrive ODB-3