ギターエフェクター

【レビュー】BOSS TU-3 最新のペダルチューナー、その機能と使い方。

本日は、BOSSのペダルチューナー、TU-3をご紹介します。

この記事はこんな人にオススメ
  1. TU-3の機能や使い方を知りたい
  2. ペダルチューナーのメリットを知りたい
  3. TU-2とTU-3の比較をしたい

 

BOSS伝統のペダルチューナー

ペダルチューナーというと、KORG(コルグ)とこのBOSSが二大巨頭なイメージがありますね。本日紹介するのは、BOSSの現行モデル、TU-3ということです。

ペダルチューナーがなんなのかは、今さら説明も不要かとは思いますが、ギターやベースのチューニングをする際、音程が合っているか、その高低を足下のランプ式メーターで確認しながらチューニングを行うものです。

最近は、アコギ系の方のみならず、エレキ系の方でもクリップチューナーをお使いの方を結構見かけるようになりました。

もちろん、クリップチューナー、これはこれで便利なんだと思いますが、個人的には、やっぱりチューナーは足下かな、という思いを強く持っています。

だって、ギターにはできるだけ余計なものをつけずに、ギターそのもののフォルムを見てほしいな、って思うじゃないですか。

そんなわけで、私は自宅のちょっとした個人練習以外は、常にペダルチューナーを愛用しています。

足下で輝く美しさ

そんなこのTU-3。どのような使い方をするのか。

このチューナー、使い勝手がいいというのもありますが、第一印象として、「美しい」…と思いません?

この、光に誘われてチューニングをする、この感覚…。私、これ、単純に結構好きなんですよ。

詳しい使い方

さてさて。使い方をもう少し見てみましょう。

ギターからの信号を「INPUT」のところに差し込むというのは良いとして、アウトプット側には「OUTPUT」と「BYPASS」の2つがあります。

これ、前者の「OUTPUT」は、チューナーをオンにしたときに音が出なくなる(ミュートされる)もので、後者の「BYPASS」は、チューナーをオンにしている間も音が出っぱなしになるというもの。

ライブなどでチューニング中に「ばいーん」という開放弦の音が鳴っているのはあまりかっこいいものでもないと思うので、通常は「OUTPUT」で使うことになりますね。

簡易パワーサプライにも

あと、このTU-3、他のエフェクターへの電源供給機能を有しています。このTU-3をACアダプターで駆動させて、他のエフェクターに電源を供給してやるという、言うなれば簡易パワーサプライのような機能も果たしてくれるのです。これ、地味に便利ですよ。

弱点の「音やせ」は逆にサウンドコントロールの隠し味に

TU-3を語るときに「弱点」として言われるのが、「BOSS特有の音やせ」感。といっても、個人的にはこれを音やせというかもさることながら、これはBOSSのエフェクター全般に通じる音の変化のような印象を持っているので、実はあまり気にしていません。むしろ、変なハイがほどよく削れて、使いやすい音になっているのではないかと感じるほどです。

TU-2とTU-3との比較

さて、このTU-3なのですが、実はその前モデル、TU-2というのも非常に人気のあるペダルチューナーでして、こちらを持っている方も多いです。

で、そのTU-2とTU-3でどこが変わったか、どこが進化したかと言う点は、実は結構興味のあるところではないでしょうか。

私の知る限り、大きくは、次の5点で感じで整理できるかな、と思っています。

  1. 高輝度モードの搭載。これにより、屋外などの明るいところでも非常に見やすくなっています。(なお、TU-2が見にくいわけではありません。TU-3の進化具合が大きすぎる、というところです)
  2. ギター/ベースモードの搭載。音程単位のみならず、「○弦」といった単位でのチューニングが可能になっています。弦と音の関係が把握し切れていない初心者の方には便利かもしれません。
  3. アキュピッチサイン機能の追加。チューニングがあった際、LEDのランプでお知らせしてくれます。地味に便利です。
  4. 使用LEDの数が増加。(11→21個)。細かいところですが、これにより精度の高さを視覚的に把握することができます。
  5. チューニング精度のさらなる向上。なお、この影響かどうかは分かりませんが、TU-2と比べて、5弦ベースのときの反応がかなり良くなっていると感じます。

とまあ、このようなところでしょうか。

まとめ

「頑丈で使いやすいチューナー」という基本コンセプト自体は、既にTU-2で完成されていたので、そこから劇的な進化、というのは正直ないように感じる向きもあるかもしれません。

でも、これらの新機能、一度覚えてしまうと、結構やみつきになるのも事実。

もしまだペダルチューナーを持っていない人がいらっしゃれば、このTU-3、メチャクチャ便利で使いやすいので、ぜひ導入を検討してみてください。

BOSSのおすすめ歪み系コンパクトエフェクター10選!オーバードライブもディストーションも!ギタリスト・ベーシストなら、初心者から上級者までがお世話になっているのが、BOSSのコンパクトエフェクター。 一目見ただけでそれと...
【レビュー】BOSS DD-3T 古いデジタルならではの味わいを、そのままに。本日は、BOSSのコンパクトエフェクター、デジタルディレイのDD-3Tについてレビューさせていただこうと思います。 どんどんモデル...
【レビュー】BOSS BD-2W 「技 WAZA CRAFT」シリーズのBD-2。本日は、BOSSの歪みエフェクター、BD-2Wについてご紹介しようと思います。通称「ブルース・ドライバー」、BD-2が技クラフトシリーズ...
ギター買取人気ランキング
ところで、新しい楽器を購入するにあたって、不要な楽器を売って資金の足しにしたり、あるいは単に使わなくなった楽器を売却したりしたいときって、あると思います。

そういったときは、楽器店の下取りに持ち込んでも良いのですが、やはり重たい楽器ともなると、持って行くのも少し面倒だったりするもの。

そんなときにオススメなのが、ネットからも申し込める楽器買取店

楽器の買取屋さん
1.全国どこでも無料出張!しかも最短即日30分で即現金!
2.ギター買取以外にもベースやギターなどどんな楽器でも買取可能!
3.宅配買取でも送料・手数料完全無料!

電話でもネットでも申し込みができ、最短30分で楽器を現金化できるという圧倒的なスピードが魅力的。

また、査定も楽器のプロが行いますし、全国対応の安心感もあります。
楽器の下取り・買い取りを検討されておられる方、ぜひネットからの楽器下取り・買い取りにチャレンジしてみてください!
評価
名前楽器の買取屋さん
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・全国対応
公式ページ


楽器の買取【バイセル】
1.バイセルの出張買取は各種手数料が無料!
2.送料無料!箱に詰めて送るだけ♪バイセルの宅配買取
3.楽器以外の時計やブランド品も買取しています。

ギター・管楽器・弦楽器など経験豊富なスタッフがしっかりと状態を確認します。
評価
名前バイセル
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・店頭買取
公式ページ
ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!