ギター

【レビュー】Epiphone ES-335 伝統的なセミアコを、エピフォンでお手軽に。

本日は、エピフォンからリリースされているセミアコースティックギター、Epiphone ES-335についてレビューさせていただこうと思います。

ES-335というギター

ES-335

ギブソンから世界初のセミアコースティックギターとして発売され、長きにわたって、セミアコースティックギターの標準とされているギターです。

2ハムバッカー、2ボリューム・2トーン、チューンOマチックのブリッジなど、基本的な設計はレスポールと同じような感じではありますが、センターブロックを持つホロウボディのおかげで、そのサウンドには一般的なソリッドタイプのエレキギターにはない「空気感」が加味され、色気のあるサウンドを作り出すことが可能。

ハウリングしやすいという弱点があるため、極端にハードな歪みは苦手にしていますが、クリーン~クランチの、過度が取れた甘い音色は非常に聞き心地が良く、ジャズ・ブルースから、ポップス・ロックなど、非常に幅広い音楽ジャンルで愛されています。

価格もお手頃!エピフォンブランドのES-335

そんな魅力的なギター、ES-335ですが、ギブソンブランドでまともに買おうとすると、実に30万円程度の出費を覚悟しなくてはなりません。

セミアコギターの音色は魅力的ですが、いきなり購入するにはハードルが高すぎる…。

と、そこで登場するのが、エピフォンブランド。エピフォンは現在、ギブソン直系のブランドとなっており、ギブソンブランドのギターを、お手頃価格で生産することが可能になっています。

当ブログでも過去にご紹介していますが、エピフォンブランドのレスポールやSGは、比較的お手頃でありながら、そのサウンドの雰囲気はギブソンのそれにかなり近く、非常にコストパフォーマンスの高いギターとして評価されています。

【レビュー】Epiphone Les Paul Standard…エピフォンのレスポール、その評価は?(2021年12月更新)本日は、楽器屋さんで見かけることの多いあの1本・Epiphone(エピフォン)のレスポール・スタンダードタイプ「Epiphone Les...
【レビュー】Epiphone Les Paul Custom Pro…エピフォン製のレスポールカスタム。本日は、Epiphone(エピフォン)のレスポールシリーズから、「Epiphone Les Paul Custom Pro」について、レ...
【レビュー】Epiphone Tak Matsumoto DC Custom…あの「松本モデル」をエピフォンで。本日は、EpiphoneからリリースされているB'zの松本孝弘モデル、Epiphone Ltd. Tak Matsumoto DC St...
【レビュー】Epiphone 1961 Les Paul SG Standard エピフォンの常識を超える高品質。本日は、Epiphone(エピフォン)のエレキギターから、1961 Les Paul SG Standardについてご紹介しようと思いま...

なお、エピフォンのES-335は、標準的なモデルの他、AAAメイプルが印象的な「Figured」モデルもありますが、スペックはおおむね共通しておりますので、以下では一括して説明していきます。

セミアコならではのサウンドが心地よい

さて、そんなエピフォンのES-335、サウンドを聴いてみましょう。

レスポールとは異なる、独特の空気感を持ちながらもしっかりと歪むサウンド

セミアコにあまり興味の無いギタリストの方は、しっかりドライブさせたセミアコのサウンドを聴くと「えっ、こんなに激しいサウンドを出せるんだ!」と驚かれることがあるのですが、そこは2ハムバッカーのエレキギター、基本的な設計はレスポールにかなり近いですので、ハウリング対策さえしっかりすれば、実は意外とドライブサウンドにも対応できてしまうのです。

そして、クリーンサウンドにして鳴らしたときの、この角の取れた甘いギターサウンドは、まさに多くの人が想像する「セミアコ」の音そのもの。ホロウボディが作り出す、この空気感たっぷりのこの音は、ポップスやロックのみならず、ジャズに持ち込んでもいけそうな感じ。

一般的なエレキギターとは少し違う雰囲気を持ちながら、そのサウンドは実にオールラウンド

これが、セミアコの特徴であり、ES-335の魅力なのです。

ギブソン・ES-335とエピフォン・ES-335の違い

さて、そんなエピフォン・ES-335の魅力はよく分かったのですが、やはり気になるのは、本家本元であるギブソン・ES-335との比較

まずはスペック面から見ていくことにします。

ギブソンエピフォン
ボディ材メイプル・ポプラ合板メイプル合板
ネックマホガニーマホガニー
指板ローズウッドインディアンローレル
ピックアップCalibrated T-TypeAlnico Classic PRO
塗装ラッカープリウレタン
価格30万円程度6~7万円程度

さすがに、30万円VS6万円なので、スペック的に全く同じというわけにはいきません。

特に、ボディ鳴りがサウンドに大きな影響を与えるセミアコにあって、ラッカー塗装ではないところが気になる…という声はあってしかるべきかと思います。

また、指板のインディアンローレルというのも、いわゆる「ローズウッドの代替材としての位置づけであり、本家ES-335の再現という点ではやや物足りなさを感じるところ。

一方で、ピックアップについても差があるのですが、ここは割と気軽に後から交換ができるので、そこまで気にしなくて良いかもしれません。

ちなみに、エピフォンのES-335に搭載されている「Alnico Classic PRO」というピックアップは、ギブソンの定番ピックアップ、57 Classicをエピフォンで再現したものだと言われています。

【レビュー】Gibson 57 Classic ヴィンテージ系ハムバッカーの代表格。本日は、ギブソンのギター向けハムバッカーピックアップ、57 Classicについてレビューさせていただきます。 ...

少し鋭い音が好きなら、バーストバッカーへの交換でも良いでしょう。

【レビュー】Gibson Burst Bucker(Type1・2・3)本日は、ギブソンのギター用ハムバッカーピックアップ、Burst Bucker(バーストバッカー)についてレビューしてみようと思います。 ...

ES-335、ギブソンとエピフォンでどれだけ音が違う?

さてさて、そんなギブソンとエピフォンのES-335。弾き比べてみると、果たしてどれくらい音が違うものなのか

もちろん、これだけの価格差、そして作りの違いがありますので、ギブソンのES-335の方が、より暖かく、空気感のあるサウンドが出せているように思いますが、一方でエピフォンの方も、価格を考えると、かなり健闘していると言えるでしょう。

また、エピフォンの方は、少しサウンドの固さがありますので、ドライブサウンドをメインにしていくのであれば、その固さを活かした音作りができるエピフォンを選ぶのも、大いにあり得る話かと思います。

このほか、エピフォンについては、この価格ですので、先述のようにピックアップを気軽に交換して、自分なりのES-335を作っていきやすいという、お手軽さゆえの魅力もあるのではないでしょうか。

【まとめ】この価格なら十分!最初のセミアコにオススメ

このように、今回ご紹介したエピフォンのES-335は、ギブソンの名機・ES-335を、4分の1以下の価格で気軽に味わえる、とてもお手頃で魅力的なギターです。

さすがにこれだけの価格差ですので、本家ES-335と全く同じというわけにはいきませんが、それでもES-335の持つ空気感は十分に伝わってきます

セミアコが気になる方の最初の1本としてはもちろんのこと、普段はソリッドギターを愛用されている方が、気分転換に弾くセミアコとしても、大変に魅力的です。

フェンダーに比べるとやや押されているように感じるギブソン系のギター。

「どうした?Gibson」最近のギブソンに存在感がない4つの理由最近、楽器屋さんを回っていたり、あるいはネットで楽器関係の記事を見ていると、とにかく目につくのはフェンダーのギター・ベース・アンプのもの...

しかし、しっかり向き合えば、フェンダーにはない魅力がたくさんあるのも、ギブソン系ギターの魅力です。

ぜひ、このエピフォン・ES-335をきっかけに、セミアコに、そしてギブソン系ギターに興味を持っていただければ、私も、とても嬉しいです!

この楽器が気になる方、購入はこちら↓からできます!

ギター買取人気ランキング
ところで、新しい楽器を購入するにあたって、不要な楽器を売って資金の足しにしたり、あるいは単に使わなくなった楽器を売却したりしたいときって、あると思います。

そういったときは、楽器店の下取りに持ち込んでも良いのですが、やはり重たい楽器ともなると、持って行くのも少し面倒だったりするもの。

そんなときにオススメなのが、ネットからも申し込める楽器買取店

楽器の買取屋さん
1.全国どこでも無料出張!しかも最短即日30分で即現金!
2.ギター買取以外にもベースやギターなどどんな楽器でも買取可能!
3.宅配買取でも送料・手数料完全無料!

電話でもネットでも申し込みができ、最短30分で楽器を現金化できるという圧倒的なスピードが魅力的。

また、査定も楽器のプロが行いますし、全国対応の安心感もあります。
楽器の下取り・買い取りを検討されておられる方、ぜひネットからの楽器下取り・買い取りにチャレンジしてみてください!
評価
名前楽器の買取屋さん
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・全国対応
公式ページ


楽器の買取【バイセル】
1.バイセルの出張買取は各種手数料が無料!
2.送料無料!箱に詰めて送るだけ♪バイセルの宅配買取
3.楽器以外の時計やブランド品も買取しています。

ギター・管楽器・弦楽器など経験豊富なスタッフがしっかりと状態を確認します。
評価
名前バイセル
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・店頭買取
公式ページ
ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!