ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギター

【レビュー】Sago Seed TD-SG 戸高賢史モデルのSGに光るSagoらしさ。

本日は、Sagoのスチューデントブランド・Seedからリリースされているエレキギター、Seed TD-SGについてレビューさせていただこうと思います。

この記事はこんな人にオススメ
  1. 戸高賢史氏のシグネチャーモデルが欲しい
  2. Seed TD-SGの評価・口コミが知りたい
  3. Sagoのギターが欲しいが高くて手が届かない
  4. ヘッド落ちしないSGを探している
  5. 特徴的なカラーリングのSGが欲しい

 

戸高賢史モデルがSagoのSeedブランドで登場!

今回ご紹介するSeed TD-SGは、Art SchoolやMONOEYESのギタリストとして活躍するギタリスト、戸高賢史氏のシグネチャーモデルです。

もともと戸高賢史氏は、ギブソンのヴィンテージSGを愛用していたのですが、そのSGを、より自分のプレイスタイルに合うようにアレンジしたいとのことで、そのオーダーを受けたのが、当ブログでもしばしば登場する、兵庫県尼崎市のギター工房・Sago

Sagoでは、最上位の楽器には「Sago」ブランドが冠されており、ミドルグレードには「幹」を表す「Stem」というブランド。そして一番お求めやすい価格帯には、これから成長するように…との意味を込めた「種」を表す「Seed」ブランドが冠されています。

今回ご紹介する戸高賢史氏のシグネチャーモデルは、そのうちもっともお求めやすいブランド・Seedからリリースされたものになります。

こだわりのペルハムブルーが美しい…

さて、そんなSeed TD-SG。もっともお手頃なブランドのシグネチャーモデル…ということで、一般的には少しスペックが気になってしまうところですが、ここで一切手を抜かないのが、Sagoブランドの素晴らしいところ。

まずこのギター、真っ先に目につくのが、この鮮やかなカラーリング。これは、「ペルハムブルー」と言われるカラーリング。

この色自体はギブソンでもしばしば用いられているのですが、一般にはどちらかというと水色的なイメージが持たれるところ、このTD-SGにおいては、光の当たり加減によって緑色とも水色ともとれるような、何とも不思議で美しい仕上がりになっています。

このカラーリングは、Sago公式サイトによると「アンティーク・ペルハムブルー」と名付けられているんだとか。

お手頃価格でもスペックに抜かりなし!

さらに、このTD-SG、スペック面においても、低価格帯のギターでありながら、妥協は全くありません。

まず、木材については、ボディがマホガニー、ネックもマホガニー、指板はパーフェローとなっています。さすがに指板にローズウッドは厳しかったようですが、サウンドに大きな影響を与えるボディとネックに、本家SGと同様の木材を持ってきたところは評価すべきところです。

ローズウッドの代替材・パーフェローを「微妙」と感じるのはなぜだろう(2021年12月追記)ローズウッド。 主にギターの指板として使われているほか、アコースティックギターのボディにも採用されている事例があるなど、ギターにお...

また、ピックアップについては、戸高氏とともに作り上げてきたSagoのピックアップ「L(x) HB Custom」をもとに海外で製作した「L(x) Lite Humbucker」が搭載されています。全く本人と同一仕様、というわけではありませんが、Sagoのピックアップ・L(x)シリーズらしい上質さはしっかり受け継がれています

ダミーバイブローラーのおかげでヘッド落ちを回避!

さらに、ここから先が、一般的なSGと違う、Sagoブランドならではのこだわりポイントということになるのですが、このギター、ダミーのバイブローラーが搭載されています。

一般的にバイブローラーというのはアームを搭載するために取り付けるものですが、このTD-SGはアーミングは想定されておらず、あくまでルックス的なアクセントとしての意味合いが主になります。

ただ、このダミーのバイブローラーがつくことによって、SGボディの重量バランスが改善され、SGの弱点である「ヘッド落ち」を克服するに至っているのです。

SGボディでありながら、ヘッド落ちをあまり気にしなくて良い…この快適さ、SG使いなら、きっと分かっていただけることでしょう。

戸高賢史さんご本人による検品!サウンドも絶品!

さあ、そんなTD-SG。実際のサウンドは、いかがでしょうか。

なんと戸高賢史さんご本人が、Sagoの工房で、Seed TD-SGを1本1本検品していっています!その気合いの入り方に、まず圧倒されますし、本当にこのギターのことを大事にしてくれているんだ…と、頭が下がる思いです。

そして、そんなTD-SGのサウンドなのですが、SGらしい軽快でパワフルなドライブ感が、しっかり感じられる印象です。これまで見てきたように、ギターとしての設計思想やスペックに一切の手抜きがないからこその、このサウンドクオリティ。

もちろんクリーンも独特の柔らかさがあり、非常に好みなのですが、やはりこのギター、しっかり歪ませて、元気なサウンドを鳴らしにいくのが、とても合っている感じがいたします。

価格もお手頃…ライバルのSGタイプを凌駕する!

さて、このSeed TD-SG、価格は税込み94,600円。実売価格で10万円を下回ってきています。

これだけのスペック、これだけのクオリティの楽器が、10万円以下で買えてしまうというのが、Sagoのスチューデントブランド・Seedの恐ろしいところ。

同価格帯のSGとしては、エピフォンの1961 Les Paul SG Standardがあり、こちらはギブソン直系という点において魅力を感じるものの、やはり細かなこだわりについてはSeedの方に若干の強みを感じるところがあります。一方で、このギターはピックアップが本家同様のバーストバッカー搭載だったりするので、最終的には好みで選んでいくこともできそうですね。

【レビュー】Epiphone 1961 Les Paul SG Standard エピフォンの常識を超える高品質。本日は、Epiphone(エピフォン)のエレキギターから、1961 Les Paul SG Standardについてご紹介しようと思いま...
かとうたかこ
かとうたかこ
とはいえ、私個人的には、ヘッド落ちを気にしなくて良いSeedの方が好みかも…。

【まとめ】お手頃でルックス抜群のモダンSG!

このように、今回ご紹介したSagoのスチューデントブランド・Seedからリリースされた戸高賢史氏モデルのTD-SGは、10万円を下回る価格帯でありながら、そのスペック・クオリティは抜群で、ファンはもちろん、10万円前後で使いやすいギターを探している方にとっても、非常に魅力的な楽器に仕上がっています。

このカラーリングとヘッド落ちしない重量バランスは、一般的なSGではなかなか得られない魅力でもあり、今までSGを敬遠していた人にも積極的にオススメできる一本です。

Sagoといえば、やはり高品質・高価格なイメージがありますが、その高品質さを最大限維持しながら、価格を大きく下げてくるこのSeedブランドは、本当に驚異的であり、そして魅力的です。

このSeedシリーズの楽器は、リリース直後は比較的買いやすいのですが、しばらくするとすぐに品切れになってしまいます。興味がある方、ぜひお早めにお買い求めくださいね!

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!