ギターエフェクター

【レビュー】MXR Carbon Copy 伝統と信頼のアナログディレイ。

本日は、MXRのアナログディレイ、Carbon Copy(カーボンコピー)についてレビューさせていただこうと思います。

この記事はこんな人にオススメ
  1. MXR Carbon Copyの評価・口コミを聞きたい
  2. MXR Carbon Copyの音作りについて知りたい
  3. BOSS DM-2WとMXR Carbon Copyを比較してみたい
  4. 直感的に使えるアナログディレイが欲しい

アナログディレイの魅力

多くのギタリストにとって、歪み系エフェクターの次にこだわりを見せるところが、このディレイではないでしょうか。

少し遅れて原音を鳴らすことにより、音の奥行きや臨場感を演出するエフェクター。

マルチエフェクターにもほぼ確実に搭載されており、細かな設定などを追い込むことができるのですが、ディレイサウンドにある種の温かみを持たそうと思えば、コンパクトエフェクターでアナログディレイを用意するしかありません。

そんなこだわりのアナログディレイ派にとって、このMXR Carbon Copyはまさに王道の一台と言えるでしょう。

MXR Carbon Copyの特徴

ということで、今回ご紹介するMXR Carbon Copy

MXRといえば、多くのコンパクトエフェクターがギタリストに親しまれているメーカー。当ブログでも、いくつかMXRのエフェクターをご紹介させていただいています。

【レビュー】MXR Distortion+ アンプの歪みのスパイスに。(2022年1月更新)今回は、歪み系エフェクターの定番、MXR Distortion +をご紹介しようと思います。 (2022年1月追記)直近の記事...
【レビュー】MXR dyna comp あの「パッカーン」サウンドはこれで!本日は、エフェクターのご紹介です。MXRのコンプレッサー、「dyna comp」をレビューしようと思います。 ...
【レビュー】MXR Micro Amp 艶やかな音作りを、たった1つのつまみで。本日は、MXRからリリースされているブースター、Micro Ampについてレビューさせていただこうと思います。 ...

いずれも「定番」として親しまれているエフェクターばかりですが、今回ご紹介するMXR Carbon Copyも、まさにそんな「MXRの定番」の1つ。

コンセプトとしては「アナログテープエコーの再現」。それは、名前の「Carbon Copy(カーボンコピー)」からも容易に想像ができるところではないでしょうか。磁気テープを用いた、ディレイ黎明期のアナログディレイを再現するようなイメージで、このエフェクターは設計されています。

使い方と音作りのポイント

そんなMXR Carbon Copyですが、筐体には3つのつまみがあり、基本的にはこれを操作しながら音作りを進めていくことになります。

まず、真ん中上にある「MIX」つまみは、原音とディレイ音の比率を決めるもの。左の「REGEN」は、エコーのリピート量を決めるつまみで、他メーカーだと「Feedback」などと表記されていることもあるもの。そして、右の「DELAY」つまみは、ディレイタイムの設定に使います。

いずれも、マルチエフェクターのように数値で正確な設定ができるわけではないのですが、一方で、こうやってつまみで直感的に触れるあたりが、アナログディレイらしくて非常に好印象。

ちなみに、ディレイタイムは20〜600msecの範囲内で設定可能。アナログディレイで600msec…つまり0.6秒を設定できるというのは、なかなか長い方だと思います。

また、左上にあるMOD」スイッチは、アナログのテープエコーが持つわずかな揺らぎを再現するスイッチ。この効き方がまた絶妙で、派手になりすぎない程度にキレイにはまってくれるんです。

サウンドは…暖かさときらびやかさが入り交じる

さて、MXR Carbon Copyの実際のサウンド、どんな感じなのか、聞いてみることにしましょう。

アナログディレイ特有の温かみが、特にロングトーンを駆使するギターソロにうまくはまり、非常に幻想的なギターサウンドを作り出すことが可能です。

また、アルペジオやバッキングなどにおいても、アナログディレイで生み出した素朴なディレイ音が、サウンドに奥行きを与え、非常に聞き心地の良い音色を生み出してくれるのです。

こうしたサウンドですので、基本的にはモダンなギターサウンドよりも、どこか懐かしさ漂う音楽ジャンルに持ち込んだときの方が、よりマッチするような印象を持っています。

BOSS DM-2Wと競合する?

さて、このMXR Carbon Copy、価格的にはおおむね1万8,000円程度が相場になっています。

この価格帯で競合するアナログディレイといえば、真っ先に思いつくのが、BOSS DM-2W。BOSSの「技クラフト」シリーズの技術を惜しみなく投入した、最新鋭のアナログディレイです。

【レビュー】BOSS DM-2W アナログディレイのぬくもりと個性を。本日は、BOSSのエフェクター、DM-2Wについてご紹介させていただこうと思います。 BOSS D...

比較してみると、大きなディレイサウンドの方向性は一緒なのですが、サウンドの温かみに関して言うと、DM-2WのSモードが一番かなあ…という感じがします。

DM-2WのCモードとMXR Carbon Copyが割と似たような感じで、アナログの雰囲気を持たせつつも、相対的にクリアな要素も併せ持っている、といったところ。

ちなみにディレイタイムに関していうと、DM-2WのSモードが最大0.2秒、Cモードが最大0.8秒となっています。MXR Carbon Copyはここには及びませんが、それでも0.6秒と、かなり健闘している部類です。

さすがにスペック面ではDM-2Wの方にやや分があるように思いますが、一方で長きにわたって愛されてきたMXR Carbon Copyのサウンドは唯一無二ですし、特にMODスイッチを入れたときの心地よい揺らぎは、このエフェクターならではだなあ…という感じがします。

【まとめ】伝統と信頼のアナログディレイ。

このように、今回ご紹介したMXR Carbon Copyは、そのサウンドの暖かさ、揺らぎの心地よさが最大の特徴で、長きにわたって多くのギタリストに愛されてきたアナログディレイです。

直感的に操作できる分かりやすさと、MODスイッチをオンにしたときの、なんとも絶妙な揺らぎは、温かみのある音楽を指向するギタリストにとっては、まさに必須アイテムといって良いサウンドだと言って良いでしょう。

アナログディレイ業界では、DM-2Wが猛旋風をふるっていますが、このMXR Carbon Copyが積み上げてきた伝統と信頼のディレイサウンドは、今なお健在です。

優しいギターサウンドを求めるギタリストさん、ぜひ足下に一台、いかがでしょうか?

ギター買取人気ランキング
ところで、新しい楽器を購入するにあたって、不要な楽器を売って資金の足しにしたり、あるいは単に使わなくなった楽器を売却したりしたいときって、あると思います。

そういったときは、楽器店の下取りに持ち込んでも良いのですが、やはり重たい楽器ともなると、持って行くのも少し面倒だったりするもの。

そんなときにオススメなのが、ネットからも申し込める楽器買取店

楽器の買取屋さん
1.全国どこでも無料出張!しかも最短即日30分で即現金!
2.ギター買取以外にもベースやギターなどどんな楽器でも買取可能!
3.宅配買取でも送料・手数料完全無料!

電話でもネットでも申し込みができ、最短30分で楽器を現金化できるという圧倒的なスピードが魅力的。

また、査定も楽器のプロが行いますし、全国対応の安心感もあります。
楽器の下取り・買い取りを検討されておられる方、ぜひネットからの楽器下取り・買い取りにチャレンジしてみてください!
評価
名前楽器の買取屋さん
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・全国対応
公式ページ


楽器の買取【バイセル】
1.バイセルの出張買取は各種手数料が無料!
2.送料無料!箱に詰めて送るだけ♪バイセルの宅配買取
3.楽器以外の時計やブランド品も買取しています。

ギター・管楽器・弦楽器など経験豊富なスタッフがしっかりと状態を確認します。
評価
名前バイセル
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・店頭買取
公式ページ
ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!