ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

関西でオススメな楽器屋さんはどこ?

このブログの執筆者である私・かとうたかしは、関西在住。

 

それなりに関西に長く暮らし、その中でバンド活動などをいろいろとやってきた経緯もありますので、「関西で楽器を買うなら、どこがオススメですか?」というご質問を受けることも多々あります。

 

ということで、今回、そういったご質問にお答えできるよう、私が普段通っている、関西エリアの楽器屋さんを、オススメなポイントとともにご紹介したいと思います。

 

では、早速、行ってみましょう!

  

 

大阪・梅田の楽器屋さん

まずは、関西の中心地といって良いでしょう、大阪・梅田の楽器屋さんからです。関西では「キタ」と言われるこのエリア、個性豊かな楽器屋さんが点在しており、非常に見応えがあります。

 

イシバシ楽器・梅田店

まずはここ、イシバシ楽器梅田店です。NU茶屋町の5階にあります。

イシバシ楽器梅田店

 

イシバシ楽器梅田店の特徴は、圧倒的な在庫と展示数にあると言って良いでしょう。エスカレーターでNU茶屋町の5階に上がると、まず眼前に広がるのは、フロアの左右にある中古楽器の数々。

 

そして正面に所狭しと展示されているのが、フェンダーのギターです。ストラト、テレキャス、ジャガーにジャズマスターといったおなじみのモデルについて、日本製フェンダーからUSAのアメリカン・プロフェッショナル、アメリカン・オリジナルまで、幅広く揃えられています。

 

そして、そこから右手に進むとあるのが、エフェクターやアンプコーナー。その奥にはギブソンやPRSが並べられており、個室にはアコースティックギター。さながらギターの博物館ですね。見ているだけで飽きません。

 

一方、エスカレーターから見て左手は、書籍・楽譜や、ドラム・電子ドラムやシンセサイザーなどのコーナーになっています。ギター系に強いお店のイメージがありますが、シンセサイザーやDTMなどの品揃えも充実していますね。

 

このお店、ギターやベースについては、新品・中古ともに圧倒的な品揃えがあり、梅田でギターを選ぶときには、この店を拠点に考えることになるでしょう。

 

一方で、イシバシ楽器の例に漏れず、店員さんには全体的に話しかけにくいオーラが漂っており、初心者さんは少し敷居の高さを感じてしまうかもしれません。また、これは梅田店に限った話ではありませんが、イシバシ楽器は下取り査定が全体的に辛い点も注意が必要です。

 

島村楽器梅田ロフト店

続きまして、関西人にはおなじみの梅田ロフトの最上階、8階に店を構える、島村楽器梅田ロフト店。梅田の楽器屋さんとしては比較的後発の部類です。

 

梅田ロフトの最上階まで上がらないといけないので、少しアクセスは悪いですが、こちらもなかなかの品揃えです。

 

梅田ロフト8階までエスカレーターまで上がり、左回りで逆進すると、まず見えてくるのが、おおむね10万円くらいまでのギター。日本製フェンダーやCoolZなどを中心に並べています。

 

そして、そこから右に進んだところにある部屋は、比較的高額なギターが並んでいます。フェンダーUSAのほか、通好みなギターが数々置かれています。このあたり、フェンダー、ギブソン、PRSといったメジャーどころを重点的に揃えるイシバシ楽器梅田店との差かもしれませんね。。

 

部屋を出ると、エフェクターコーナーがあって、その先にあるのがベースコーナー。こちらも、フェンダー系というよりも、アトリエZなどの他メーカーに力を入れているあたりが、イシバシ楽器梅田店との差かなあという印象です。

 

ベースコーナーの逆サイドにある部屋は、アコースティックギターコーナー。また、ギターやエフェクターコーナーの逆サイドには、シンセサイザーや電子ドラム、楽譜などが揃えられています。このあたりのデジタル機器の展示数も多いです。

 

このほか、島村楽器には珍しく、中古楽器もある程度展示があります。

 

こちら島村楽器梅田ロフト店は、店員さんが全体的にさわやかで、話しかけやすい雰囲気があります。また女性スタッフも多く、女性のお客さまにとっての心理的ハードルはだいぶ低いのではないでしょうか。

 

ただし、ギター、ベースの在庫については、イシバシ楽器梅田店を見た後だと、物足りなさを感じることが多いのも、正直事実です。ちまたで「定番」とされている人気のギター・ベースが展示すらされていないことも多いので…。

 

ESPカスタムショップ

JR大阪駅から一番近い楽器屋さんは、ここではないでしょうか。ヨドバシ梅田の北東、国道176号線沿いにあるのが、ESPカスタムショップです。

ESP

 

この楽器屋さんは、ESPのお店というだけあって、他の楽器屋さんと異なり、ESP系列のブランドが中心に販売されています。具体的には、ESPのほか、Navigator、Edwards、Grassrootsなどですね。また、ESPが輸入代理店をやっている経緯もあり、LAKLANDなどもたくさん揃えられています。

 

国道176号線側から入ると、EdwardsやGrassrootを中心に、概ね20万円以内くらいのギターやエフェクターが展示されており、中からビルの共用廊下を通じて奥の売場へ行くと、より高額な楽器やオーダーメイドの受付、ピックアップなどが売られています。

 

ESPはセイモア・ダンカンの輸入代理店をやっていることもあって、ダンカンピックアップの品揃えが良く、また店内に工房を持っているので、ギターやベースさえ持ち込めば、その日のうちにピックアップを取り付けてくれます。気になる工賃については…かつては1個2,000円と、割とお値頃だったのですが、最近は1個4,000円(2個目から2,000円)と、少し値上がりしてしまったのが残念です。

 

ESPといえば、良くも悪くもアーティストモデルのイメージが強いわけですが、そのためアーティスト本人使用楽器が展示されていることも多く、とりわけファンの多いLUNA SEA(SUGIZO、J)やL'Arc~en~Ciel(tetsuya)の特集が展示されているときは、プレイヤー以外の方でも賑わっています。

 

さて、そんなESPカスタムショップですが、店員さんが非常に気さくで、店に入ると「いらっしゃい」のかけ声。「いらっしゃい『ませ』」ではないんですよね。

 

そして、少しでも興味ありげな感じでギターを眺めていると、「もし良かったら音出しできますので言ってくださいね」との声かけがあります。このお店も、全体的にハードロック系の雰囲気を醸す店員さんが多いので、はじめのうちは驚くかもしれませんが、基本的に良い人が多いので、物怖じしなくても大丈夫です。

 

ただ、この声かけが本当に多いので、一人でゆっくり見たいときには若干面倒に感じることが多いのも事実。また、店の性質上、仕方がないのでしょうが、とにかくすぐにESP系列の楽器を勧めてきます。まあ、Edwards以上になると、普通に楽器の品質は良いのですが、非常に皆さんが熱心なので、ESP系以外の楽器を買う際に心理的なプレッシャーを感じることもあります…。

 

三木楽器梅田店

イシバシ楽器も島村楽器も関東発祥の楽器屋さんなわけですが、関西の楽器屋さんといえばこちら、三木楽器。

 

三木楽器梅田店は、ESTのすぐそばにあります。JR大阪環状線で、天満から大阪へ向かっている途中に見ることもできますね。少し狭いビルではありますが、4階構成になっています。

 

この三木楽器梅田店、時期によってフロア構成が結構違うのですが、2019年2月現在の状況で申し上げると、次のような感じです。

 

まず1階は、エピフォン全般、ギブソンの概ね20万円前後くらいまでのレスポール、SGと、フェンダーを含めたさまざまなメーカーの楽器が置かれています。ただ、ギブソン系以外は決して品揃えが充実しているわけではなく、「選択と集中」の考え方で展示品が選定されているようなイメージです。

 

2階はハイエンドとヴィンテージのエレキギター。梅田エリアで高額なヴィンテージがあるのは、この三木楽器梅田店くらいではないでしょうか。私が足を運んだときには、1965年製のストラトが200万円くらいの価格で売られていました…。

 

3~4階はアコースティックギターのフロア。エントリーモデルからハイエンドまで、さまざまな商品が並んでいます。

 

基本的にこのお店、フロアがあまり広くなく、店員さんもやはり少し話しかけにくい上、品揃えもマニアックで、少し上級者向けなところがありますね。ただ、そんな上級者にとっては、かなり楽しめるお店になっていると思います。

 

なお、この三木楽器梅田店、毎週水曜日が定休日です。大手の楽器屋さんで定休日があるところは珍しいので、お気をつけ下さい。気合いを入れてギターを買いに行ったのにお店が閉まってた、なんて悲しすぎますからね…。

 

ワタナベ楽器梅田店

このワタナベ楽器も、関西に拠点を構える楽器屋さんです。

 

ワタナベ楽器梅田店は、前述のESPカスタムショップがあった国道176号線を、もう少し北上したところにあります。お店の前には、国道176号線の高架がそびえ立っています。

 

このワタナベ楽器、フロアとしては奥に細長いスペースのワンフロアと、決して広くないのですが、品揃えは非常に充実しており、フェンダーやギブソンの定番品から、ヴァンザンドやSagoなどの通好みメーカーまで、実に幅広くラインナップしています。

 

また、他のお店と比べて、価格が安いことが多いのも特徴です。最近は各店舗とも、特価品をラインナップしていることが多いですが、ワタナベ楽器梅田店はそうした特価販売品が非常に多く、安くお買い物したいならまずはここ、といったイメージです。

 

店員さんも、島村楽器のような圧倒的な話しかけやすさがあるわけではありませんが、非常に親切で、そして知識も豊富。「このお店で買いたい」と思わせるような、不思議な説得力があると感じます。

 

他の楽器屋さんのように、近隣に他の商業施設があるわけではなく、あまり目立たないところではあるのですが、非常に素敵な楽器屋さんです。

 

梅田エリアのまとめ

梅田エリアには、このような楽器屋さんがあることを、改めて整理してお示しいたしました。

 

まとめると…

  • 数多くのギターを見たい人は、圧倒的な展示量のイシバシ楽器梅田店
  • 初心者の方や人見知りの方は、店員さんが話しかけやすい島村楽器梅田ロフト店
  • ESP系の楽器やピックアップ交換ならESPカスタムショップ
  • ヴィンテージ楽器を見たいなら三木楽器梅田店
  • ロケーションが微妙だけど実は穴場のワタナベ楽器梅田店

といったところかなあ…と思います。

 

どの楽器屋さんも強みと弱みがあるのが実情であり、私も上記のような観点で、お店を使い分けています。それぞれのお店の個性をこうやって見比べてみるのも、面白いものですね。

 

神戸・三宮の楽器屋さん

神戸市の…というより、兵庫県全体の経済の中心と言って良いでしょう、神戸市の三宮エリア。

 

JR、阪急、阪神の3路線が通り、神戸市営地下鉄を使って新神戸駅に出れば、新幹線にも乗れますし、ポートライナーを使って神戸空港に行くこともできるなど、交通の要所でもあります。

 

また、どことなく異国情緒漂うその雰囲気は、かつて神戸が港町として栄えた様子(いや、今も港町ではあるのですが)を感じさせてくれる、とっても素敵なまちだったりします。

 

三宮の楽器屋さんは駅南部に集中! 

そのような神戸・三宮エリアには、当然、楽器屋さんもいくつか存在しています。

 

三宮界隈の雰囲気は、大きく「JR三ノ宮駅より北か南か」でガラッと変わります。JR三ノ宮駅を北に出ると、飲食店などがたくさん立地するエリアになりますが、南に出ると、大型ショッピングセンターやオフィスビルなどが中心。

 

神戸・三宮の楽器屋さんは、この駅南エリアに集中しています。それでは早速、見ていきましょう。

 

イシバシ楽器・神戸三宮店

楽器屋さんといえば、多くの人が真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。そう、この三宮にも、おなじみのイシバシ楽器があります。

 

JR三ノ宮駅から、南の道路を挟んで向かい側、センタープラザの3階に上がると、東側入口付近でまずは電子ピアノのお出迎え。

 

そう、このイシバシ楽器神戸三宮店は、電子ピアノが展示されているんです。

 

実は梅田で、ギター類と電子ピアノを「両方」売っている楽器屋さんはありません。ですので、このお店は、ギター派の方もピアノ派の方も、両方が楽しむことが出来ます。

 

そして、中に進んでいくと、アコースティックギターコーナーや楽譜コーナーがあり、中央のレジを超えると、アンプ・エフェクターコーナーがあって、その正面にギブソン系のギターが中心に展示されています。

 

そこから右を向くと、フェンダー系のギターの展示があり、左側にはベースが展示されている、といったような感じになっています。

 

このイシバシ楽器神戸三宮店、とにかくフェンダー、ギブソンに強く、特にフェンダーのギターについては、アーティストモデルも含めて主要な商品が概ね揃っています。また、ギブソンのギターにも力を入れており、これらのギターが好きな人は、一日中見ていても飽きないでしょう。

 

一方で、店員さんに全体的に話しかけにくさが漂っているのも、神戸三宮店というよりはイシバシ楽器全体の特徴でしょうか。ロック系の風貌の方もいて、慣れていない方は少し驚くかもしれませんね。

 

ところで、このイシバシ楽器神戸三宮店は、センタープラザに店を構えているわけですが、センタープラザは上層階が駐車場になっており、自動車で乗り付けることも可能です。

 

車で行った場合、センタープラザの駐車場に止めることができれば、エスカレーターで下りればそこはイシバシ楽器の真正面。非常にアクセスが良く、買ったものの運搬も非常に楽です。

 

ただし、さすが主要駅そばの商業施設、駐車場代は30分250円と、少し割高であり、そして駐車料金サービスは原則としてありません。(現在、買い取り限定で30分無料キャンペーンはあるようですが)

 

島村楽器神戸三宮店

イシバシ楽器の永遠のライバル(?)、島村楽器も三宮に店舗を構えています。

 

こちら島村楽器神戸三宮店は、三宮ビブレの5階。三宮ビブレとイシバシ楽器神戸三宮店が入居するセンタープラザは、センタープラザの西にある「さんプラザ」を通じてビブレとつながっており、これら両者の店舗は非常に行き来しやすくなっています。

 

ビブレ内のエスカレーターを上がって5階に上がると、こちらもまずは電子ピアノがお出迎え。そこから少し進むと、壁際にはアコースティックギターが、内部にはDTM関係の機材が並べられています。

 

その奥にあるのが、ギター・ベースコーナー。これらの品揃えは、こちらもイシバシ楽器にやや劣る面はあるものの、定番品以外のブランドがさまざま並べられており、フェンダー・ギブソン以外の楽器を狙っている方は、むしろこっちを先に見た方が良いかもしれないくらいです。

 

この島村楽器さん、店員さんがフレンドリーなことで定評がありますが、ここ神戸三宮店は特にその傾向が顕著で、個性的な店員さんが、かなり積極的に話しかけてきてくださいます。皆さん知識・経験が豊富なので、お話を伺うと非常に勉強になるのですが、グイグイと距離を詰めてくるこの接客手法、人見知りな人は苦手かもしれません…。

 

さて、この島村楽器は、店員さんが皆さん個性的なこともあってか、イベントにも非常に力が入っています

 

とりわけ、このお店ならではのライブイベント「ヘタバン」は、「ライブをやりたいけれど、ライブハウスに飛び出す勇気が無い…」という初心者バンドさんを対象にして開催しているライブで、初心者さんには非常に心強いイベントです。定期的に開催されているようですので、ぜひイベント開催状況をチェックしてみてください。

 

ちなみに、こういったライブイベントのほか、リハスタや音楽教室などは、この5階ではなく、同じビブレの7階にあります。

 

中古楽器専門店・Qsic

最後は、チェーン展開されているお店ではありませんが、「Qsic」(キュージック)をご紹介します。

 

この「Qsic」は、さんプラザの3階に店舗を構えておりまして、実はこれ、イシバシ楽器と島村楽器を、さんプラザ経由で行き来しようとしたときに、ちょうど中間地点に位置します。

 

そして、このお店は「中古楽器専門店」ということで、店内に展示されているのはすべてが中古楽器。それゆえ、現行品以外のラインナップからヴィンテージと言っていいレベルの楽器まで、実に様々な楽器が揃えられています。

 

中古楽器店ながら、エフェクターも、BOSSであれば主要なラインナップが揃えられており、新品を扱うお店と変わらない感覚でお買い物をすることが出来ます。在庫管理、かなり難しいと思うのですが…さすがです。

 

また、このお店、中古楽器専門店ということで、買い取りにも力を入れています。この界隈はイシバシ楽器も島村楽器も買い取りを行っているので、見積もり合わせをして、最も高いところで売る、というふうなテクニックも使えそうです。

 

お店に少し入りにくい雰囲気を感じるかもしれませんが、このお店は押さえておいて損はありません。

 

余談ですが、Qsicさん、商品の試奏動画をYouTubeによく挙げておられます。これ、商品検討の参考になりますので、YouTubeの方も要チェックですよ!

 

三宮エリアのまとめ

以上、神戸・三宮の楽器店をご紹介いたしました。

 

主要な楽器屋さんは3店舗と少し少なく感じるかもしれませんが、これら3店舗をつなぐ動線は、慣れれば非常に分かりやすく、複数の店舗を見比べながらお買い物をするのが、実は非常に楽なエリアです。

 

なお、この界隈、センタープラザが20時までのため、イシバシ楽器とQsicは20時までしか営業していません。一方で、島村楽器は21時まで営業していたりしますので、閉店時間、お間違えのないようにしてください。

 

大阪・梅田や同じく心斎橋周辺の陰に隠れがちですが、三宮の楽器屋さん、なかなか熱いですよ。

 

兵庫県西部の方にとっては、ここが重要な拠点になることは言うまでもありますせんが、大阪からのアクセスも非常に良いエリアです。神戸の街並みと合わせて、ぜひ三宮の楽器屋さんも楽しんでいただければと思います。

 

車で行きやすい楽器屋さんはある?

首都圏や関西圏の主要な楽器屋さんって、だいたいがターミナル駅周辺にあり、電車でのアクセスは抜群ですが、一方で駐車場がなかったり、近隣のコインパーキングは割高だったりすることが多いもの。

 

ただ、一方で、各種楽器は得てして大きかったり重かったりするので、できれば車で移動して、少しでも楽に運搬したいなあ…と思う人も多いのではないでしょうか。

 

ということで、今回、関西(阪神間:概ね大阪~神戸の間)で、車で行きやすい楽器屋さんをいくつか、ご紹介しようと思います。 

総論…ショッピングモール内の島村楽器が強い!

車で行きやすい楽器屋さんというと、

  • 大通りに面している
  • 駐車場が広く、安い(というか無料)

というのが要件になってくるかと思いますが、この要件を満たすお店というのは、得てして郊外のショッピングモールだったりします。

 

そして、こういった店舗への出店を得意としているのが、ご存じ島村楽器。ですので、車で楽器の買い物に出かける場合、まずはここを軸に検討することとなります。

 

島村楽器ららぽーと甲子園店

まずは兵庫県西宮市の南東エリア。甲子園にあるショッピングモール、ららぽーと甲子園にある、島村楽器ららぽーと甲子園店です。

f:id:takashi-kato-guitar:20190216211316j:plain

 

この島村楽器は、ららぽーと甲子園の2階の東、どちらかというとイトーヨーカドーに近い方にあります。

 

ギター・ベースなどの軽音楽系の楽器はもちろんのこと、ピアノや電子ピアノ、管楽器など幅広く取りそろえており、どんな分野にも対応できる品揃えが魅力。また、島村楽器らしく、店員さんも優しくてフレンドリーな方が多くて、話しかけやすいのも特徴の1つです。

 

加えて、「ギター女子会」や「アコパラ」といったアコースティック系を中心に、さまざまなライブイベントなども企画されているほか、島村楽器にゆかりのあるミュージシャンの方のCDが置かれていたりするなど、単なる楽器屋さんの枠を超えた、総合音楽ショップのような雰囲気さえ感じさせてくれます。

 

ただし、決して広くない店舗スペースにさまざまなジャンルを幅広く展開しすぎているがゆえに、個々の楽器の品揃えは専門店系のお店には少し及ばないかな…という印象。また、店員さんも「担当」が細かく細分化されており、体制が手薄なときに訪問すると、自分が欲しい楽器の担当がおらず、試奏ができない場合もあります。

 

お店としては非常に好印象なところですので、訪問するときには事前に電話連絡をするなどして、担当者がいるかどうかを確認しておくか、あるいは店員さんの体制が手厚い土日祝に行くなどの工夫をしておけば、とても心地よく買い物ができると思います。

 

また、在庫が少ないといっても、島村楽器のスケールメリットを活かして、グループ全体の在庫を見てもらうこともできますし、それでも見つからない場合、必要に応じてメーカーに発注してもらうことも可能なので、欲しい楽器が決まっている場合は、その旨を店員さんに伝えると、商談を円滑に進めることも可能です。

 

このあたりは、郊外型店舗の特徴をこちらがしっかり把握した上で、お店の強みを上手に引き出せるようにしていきたいところです。

 

なお、ららぽーと甲子園は、駐車場が入場後2時間無料で、その後5,000円以上の買い物をすることで4時間無料になります。(三井ショッピングモールの会員カードがあれば+1時間延長されます)

 

島村楽器イオンモール伊丹昆陽店

続きまして、こちらも島村楽器ですが、兵庫県伊丹市、地元民に「尼宝線」(あまほうせん)として親しまれている道路沿いにあるのが、イオンモール伊丹昆陽。ちなみに「昆陽」は「こや」と読みます。

 

ここには、島村楽器イオンモール伊丹昆陽店があります。

f:id:takashi-kato-guitar:20190210141729j:plain

 

イオンモール伊丹昆陽の4階にある島村楽器です。こちらは前述のららぽーと甲子園店よりもう一回りくらい店舗は小さいですが、軽音楽系に関しては必要にして十分な品揃えです。とはいえ、専門店ほどの展示量がないのは、このイオンモール伊丹昆陽店も同様なので、その点はあらかじめ理解しておきましょう。

 

また、このお店も興味深いイベントが多々あり、「Friday Night Jam」というジャムセッションが行われていたりと、さまざまな取組を仕掛けていたりするのも面白いところ。決して大きくはありませんが、個性的なお店だと思います。

 

イオンモール伊丹昆陽は、駐車場が完全無料。楽器以外も含めてゆっくりお買い物が出来ますが、駐車場は全体的に混雑しており、土日祝の午後は駐車場の入庫待ち・出庫待ちの覚悟が必要です。

山野楽器イオンモール鶴見緑地店

この記事の執筆を続けていると、島村楽器さんの紹介ばかりになってしまうので、ここで趣向を変えて、大阪市鶴見区はイオンモール鶴見緑地にある、山野楽器さんもご紹介しようと思います。

f:id:takashi-kato-guitar:20190626201003j:plain

 

山野楽器さんといえば、かつてはフェンダーやギブソンの輸入代理店として知られ、現在もテイラーなどの輸入代理店業務を行っています。

 

それだけに、ギターやベースなどの品揃えは相当本格的であり、他の大型ショッピングモール系とは一線を画す、本格的な品揃えが魅力です。車を使って本気でギターを探される際は、まずはここから行けば間違いは無い、といえるほどではないでしょうか。

 

ただし…駐車場代は少し注意が必要で、最大の5時間無料を得ようとすると、イオンカード等の提携カードが必要になります。これがない場合、無料時間は2時間までとなり、その後の駐車場代は30分200円と、決して安くないものです。

車で行きやすい楽器屋さん・まとめ

今回、車で行きやすい関西の楽器屋さんを3店ご紹介させていただきました。

 

やはりどうしても、駅周辺のお店と比べると、品揃えには物足りなさを感じるかもしれませんが、車でのアクセスの良さというのは、大きくて重い楽器を持ち歩くことを考えると、やはり大きなアドバンテージになると言えるでしょう。

 

また、楽器屋さん以外のお店も充実しているので、その他のお買い物を一緒に済ませたり、あるいは逆に、シールドやピック、楽譜等を普段のお買い物のついでに行ったりできるなど、さまざまなメリットがあります。

 

特に、子育て中のギタリストさんにとっては、ご家族…特にお子さまとも一緒にショッピングを楽しみつつ、自分の趣味である楽器を見ることが出来るという点において、こうしたショッピングモール内の楽器屋さんは、非常に重宝されているのではないでしょうか。

 

お店の個性や、ご自身のライススタイル・ライフステージを踏まえながら、いろんなお店を、上手に使い分けていきたいものですね。

 

※楽器屋さん関係では、他に次のような記事もあります。ぜひ、あわせてご覧ください。

 

www.tk-guitar.com

www.tk-guitar.com

www.tk-guitar.com

www.tk-guitar.com