ギタリスト・かとうたかしの音楽ブログ

楽器レビューのほか、音楽をテーマにブログを書いています。

【レビュー】ヤマハ BB434 この性能でこの価格…CP最強クラスのベース!

本日は、ヤマハのベース、BB434をご紹介します。

 

 

ヤマハのベースとは。

ベースといえば、圧倒的なシェアを誇るのが、なんといってもフェンダー系なわけですが、ヤマハBBも、なかなかユーザーの多いベースです。 

 

国内では、あの亀田誠治氏が、このBBシリーズをベースにしたシグネチャーモデルを出しているわけですからね。

 

ヤマハといえば、ピアノの世界では非常によく知られたメーカーではありますし、また音響の世界でも定評がありますが、ギターやベースといった領域では、かつては海外メーカーほどの強力なブランドイメージはなかったように思います。

 

ところが、このBBシリーズがここに来て再評価されてきたりとか、あるいはギターアンプの方でTHRシリーズが高評価を受けてきたりするなど、軽音楽の世界でも、その存在感が際立ってきたような印象を受けます。

  

現行BBシリーズの特徴

で、今回紹介するのが、昨年フルモデルチェンジを行った、BBシリーズのうちから、BB434を紹介します。

 

今回のBBシリーズは、大きく、

  • 国産のフラッグシップ:BBP34
  • アクティブタイプのベース:BB734
  • 上位モデルのコンセプトを維持して低価格化したモデル:BB434
  • 機能を省略した入門モデル:BB234

この4種類に分類されるかと思います。その上で、カラーバリエーションがあったり、5弦ベースモデルがあったり、BB434にはメイプル指板モデルがあったりといったバリエーションが広がっています。

 

このあたりのモデル展開、まるで家電みたい…と思ったのは、私だけでしょうか。さすが日本のメーカーです。

 

BB434の特徴

で、このBB434というのは、価格帯も比較的お値頃ながら、しっかり上位機種と同等の機能を有している、なかなか優れたベースです。

 

そのサウンド面は、どのような感じなのでしょうか。

PJレイアウトのサウンドと使い勝手

このベース、まずはそもそもの設計として、プレシジョンベースのピックアップとジャズベースのリアピックアップが両方搭載された、いわゆるPJレイアウトになっています。

 

ですので、リアのみを鳴らすパターン、プレベ的に使うパターン、そしてそれらをミックスするパターンと、いろんなサウンドを鳴らすことができます。

 

個人的には、せっかくのPJレイアウトなので、これらをミックスした、パンチのある音が好きですね。

 

さて、このBB434でそのPJレイアウトのベースを弾いてみると、とにかく音の粒立ちが良く、上品で扱いやすいなあ…という印象を受けます。とりわけ、指弾きで丁寧に弾くのが、このベースの良さを引き出せる印象があります。

 


Yamaha BB Series Demo | BB434

 

ベースの構造面は…?

で、このベースの構造面を少し見てみるのですが、ボディはアルダーで、ピックアップはアルニコV。上質なベースを、スタンダードに作った印象です。

 

また、ヤマハBBシリーズの特徴として、

  • 弦を45度の角度をつけて裏通し
  • 5ピース貼り合わせネック(ネックの2本の線、あれは実は貼り合わせた木なのです)
  • 6本のネジでボディとネックを接合するマイターネックジョイント

といったところもあります。かなり細部にこだわってきているんですね。

 

あと、前モデルのBBシリーズと比べると、ボディが一回り小さくなっています。前のモデルは少しグラマラスな感じでしたが、今回のはかなりスマートで、フェンダー系のシェイプにかなり近づきました。このあたりは好みも分かれそうですが、個人的には今の方が好きですね。

 

価格もお買い得!コスパは超優秀!

とまあ、こうした、こだわりにこだわりを重ねたヤマハBBのスタンダードモデル、なんと価格は約6万円!相当にお買い得です。

 

ちなみに、この1つ下のモデル、BB234は約4万円で買えてしまいますが、せっかくの今回のBBシリーズの特徴がほとんど省略されていますので、買うなら是非、このBB434以上にしましょう。

 

これまで、10万円以下のお値頃ベースを本ブログでいくつか紹介してきましたが、このBB434、その中でもかなりハイコストパフォーマンスです。

 

1本目にも、そして中~上級者のサブベースにもピッタリですね。