ベースアンプ

【レビュー】Phil Jones Bass Micro7 ご家庭に、気軽にPJBを。

本日は、Phil Jones Bass(PJB)のベースアンプ、Micro7についてレビューしてみようと思います。

この記事はこんな人にオススメ
  1. 自宅用のベースアンプを妥協せずに選びたい
  2. PJBのコンパクトなベースアンプが欲しい
  3. Micro7のサウンド面について、評価を聞きたい

Phil Jones Bassのベースアンプ

Phil Jones Bassといえば、ベースアンプ市場にさまざまな意欲的な商品を展開している、気鋭のアンプメーカーです。

自らもベーシストであり、スピーカー会社のサウンドデザイナーであった創設者のフィル・ジョーンズ氏が、理想のベースサウンドを求め、次々と開発していく新製品は、どれも非常に上質なサウンドが鳴り、最近、日本においても次々とファンを増やして行っています。

Micro7の特徴

そうしたPJBの商品から、今回ご紹介するのは、「Micro7」というアンプ。

実はPJBは、このアンプに先立って、家庭用アンプ「Session77」という商品をリリースしています。こちらは、「サウンドの上質さに定評があったものの、価格面から手が出しづらい」というPJBのウィークポイントを克服すべく、「コストパフォーマンスの良さ」をコンセプトに開発された商品。こちらも非常に人気の高いアンプなのですが、それでも実売価格は5万円前後と、気軽に買える商品ではありませんでした。

そこで出てきた「Micro7」。こちらは、Session77をベースとしつつ、サイズや出力、スピーカー数をコンパクトにすることで、さらなる省スペース化と低価格化を図ったモデル、という位置づけになるでしょう。

具体的には、約30センチメートル四方の正方形型をしており、スピーカーは7インチ1発にツイーターの組み合わせ。出力も38Wと、これまでのPJBのラインナップの中では、異質とも言って良いコンパクトさです。

かとうたかこ
かとうたかこ
ちなみに、2022年2月現在では、これのさらに上を行くコンパクトベースアンプ、NANOBASS X4というモデルもあります。これも超魅力的なんです♪
【レビュー】Phil Jones Bass NANOBASS X4 超小型の、超高品質ベースアンプ。本日は、Phil Jones Bass(PJB)の小型ベースアンプ、「NANOBASS X4」についてレビューさせていただこうと思います...

サウンドは…かなり上質!

ところが、そんなコンパクトさを感じさせないサウンドの上質さこそが、PJBのPJBたるゆえんです。

実際に弾いてみると、とてもこの小さなサイズからは想像も出来ないような、リッチな低音と色気ある中域、そしてサウンドにエッジを加える高域が、見事にすべて出てきてくれるのです。


Michael Albronda Gives Us A Quick Look at The New PJB Micro-7

自宅練習用のベースアンプでも、サウンドに妥協したくない人にとって、これ以上の選択肢はあり得ない、といえるほどのクオリティです。

ちなみに、ベースアンプとしての機能面ですが、3バンドイコライザーにマスターボリューム、AUX入力とヘッドホン出力と、ごくごく基本的なものしか搭載されておりません。

この価格内で得られる性能は、すべてサウンドのクオリティに振り切った、という設計思想なんでしょうね。

PJBとしてはお手頃だが…家庭用ベースアンプとしては高い?

そんなPJBのMicro7なのですが…価格は約3万円

「PJBとしては安い」のは間違いなく事実なのですが、家庭用ベースアンプとしては明らかに高級品の部類に属します。

たとえば、同じくベースアンプの定番、アンペグやハートキーの自宅練習用アンプは、どちらも1万円~2万円台で入手可能です。

【レビュー】Ampeg Rocket Bass RB-108 最新の自宅用アンペグベースアンプ!本日は、Ampeg(アンペグ)の自宅用ベースアンプ、Rocket BassシリーズのRB-108についてレビューしようと思います。 ...
【レビュー】ハートキー HD15 本格派の自宅用ベースアンプ。(2022年1月追記)本日は、自宅用のベースアンプのご紹介です。HARTKE(ハートキー)の、HD15について書いてみようと思います。 (2022年1月...

スピーカー数や出力なども考慮すると、必ずしもPJBが高額だとは言い切れないのですが、「自宅練習用アンプ」という括りで見たときに、価格面ではやはり高額に見えてしまうのは、やむを得ないところかもしれません。

とはいえ、サウンドの質を考えると、この価格が決して高いとは思えません。むしろ、PBJのアンプを3万円弱で買えることを「安い!」と思う方も多々いらっしゃるわけで、このアンプは、そうした方に向けての商品だと考える方が自然でしょう。

【まとめ】自宅に置くPJB…そのサウンドは至高です

このように、今回ご紹介したPJBのMicro7、家庭用ベースアンプとしては少し割高に思えるかもしれませんが、あのPJBのベースアンプとしてはかなりお買い得で、そしてサウンドもPJBらしい上品さを備えた、とても魅力的な機材です。

このサウンドクオリティを、自宅で気軽に楽しめるというのは、本当に良い時代になったものだと痛感します。

ぜひ、自宅にPJBのある生活を。このベースアンプ、本当にオススメですよ!

 

ギター買取人気ランキング
ところで、新しい楽器を購入するにあたって、不要な楽器を売って資金の足しにしたり、あるいは単に使わなくなった楽器を売却したりしたいときって、あると思います。

そういったときは、楽器店の下取りに持ち込んでも良いのですが、やはり重たい楽器ともなると、持って行くのも少し面倒だったりするもの。

そんなときにオススメなのが、ネットからも申し込める楽器買取店

楽器の買取屋さん
1.全国どこでも無料出張!しかも最短即日30分で即現金!
2.ギター買取以外にもベースやギターなどどんな楽器でも買取可能!
3.宅配買取でも送料・手数料完全無料!

電話でもネットでも申し込みができ、最短30分で楽器を現金化できるという圧倒的なスピードが魅力的。

また、査定も楽器のプロが行いますし、全国対応の安心感もあります。
楽器の下取り・買い取りを検討されておられる方、ぜひネットからの楽器下取り・買い取りにチャレンジしてみてください!
評価
名前楽器の買取屋さん
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・全国対応
公式ページ


楽器の買取【バイセル】
1.バイセルの出張買取は各種手数料が無料!
2.送料無料!箱に詰めて送るだけ♪バイセルの宅配買取
3.楽器以外の時計やブランド品も買取しています。

ギター・管楽器・弦楽器など経験豊富なスタッフがしっかりと状態を確認します。
評価
名前バイセル
特徴出張買取・即日対応・宅配買取・店頭買取
公式ページ
ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!