ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ
楽器レビューと音楽コラム
ギターエフェクター

【レビュー】BOSS SD-1W 技クラフトのSD-1!(2022年1月追記)

本日は、BOSSのWAZA Craft(技クラフト)シリーズ、SD-1Wをご紹介しようと思います。

この記事はこんな人にオススメ
  1. SD-1がSD-1Wになってどう変わったかを知りたい
  2. SD-1が好きだけど、もう少し強く歪ませてみたい
  3. 技クラフトシリーズのエフェクターをまずは1台試してみたい

(2022年1月追記)最近の記事のクオリティに対応できるよう、「まとめ」を追記したほか、細部にわたりリライトを行いました。

WAZA CraftとSD-1

BOSSのWaza Craft(技クラフト)シリーズ。これまでBOSSの代表作と言われてきた歴史的な名機を、他ならぬBOSS自身がセルフモディファイしたシリーズです。

最近、BOSSはどちらかというとデジタル系のエフェクターに注力してきていますが、「やはりエフェクターはアナログでないと!」という声は一定程度ある中、このWaza Craftシリーズは、アナログの従来品を、現代的にカスタマイズし、そうした声に応えてきている、そんな感じです。

そして、今回ご紹介するSD-1W。これは、名前、そして見た目からもおわかりのとおり、これ、BOSSのオーバードライブ、SD-1を、言うなればセルフモディファイしたような格好の商品です。

そのベースとなるSD-1については、このブログでもレビューを書いたことがあります。とにかく安定感、安心感がある一品ですよね。最近は実売価格が6,000円程度に下がっていることもあり、価格も含めた使い勝手の良さが光る一品です。

【レビュー】BOSS SD-1 ロングセラーとなった正統派オーバードライブ。引き続き、オーバードライブの話をしてみようと思います。今回も再びBOSSの定番機種、SD-1のレビューです。 ...

「S/Cスイッチ」で切り替えるSD-1Wのサウンド

このエフェクター、基本的なつまみは「LEVEL」「TONE」「DRIVE」と、ノーマルのSD-1と一緒なのですが、TONEつまみの上に「S」と「C」と書かれたスイッチがあります。

これは、モード切替スイッチなんです。

「S」は「スタンダードモード」で、オリジナルのSD-1の音色であるというふうにされています。ただ、そうはいっても、ディスクリート回路を使用し、全体的に上質に仕上げられているためか、より扱いやすい音色になっている印象です。

一方の「C」は「カスタムモード」。スタンダードモードより…というかSD-1よりもゲインをアップしたサウンドになっているとされています。SD-1Wらしいサウンドを求めるのなら、こちらを使っていくことになるのでしょう。

で、その「C」モードのサウンドなのですが、私の印象では「上質で元気」という印象。基本的にはSD-1と同じサウンドの方向性を向いてはいるのですが、そこにパワーが加わり、非常に弾いていて心地よいです。

また、「これぞアナログ!」って感じの追従性の良さ…これはピッキングやボリュームに対する追従性なのですが、ここもまた自然な感じ。

なんといいますか、ギタリストの本能に訴えかけてくるような、そんなオーバードライブだと思います。

ハンドメイド系エフェクターとしては安い!

そして、この手のエフェクターでどうしても気になるのが、価格。

この手のハンドメイド系のエフェクターというのは、ともすれば3万円前後くらいが相場になってしまって、なかなか買うのにも勇気がいる価格ところなのですが、このBOSSのSD-1Wは、1万円台後半で売られているところもポイントが高いです。

また、BOSSの頑丈な筐体であること、新品で買えば5年保証がついてくるところなど、細かいところでBOSSの安心感を得ることができるというのも大きいところ。

ノーマルSD-1との比較

ところで、このSD-1WとノーマルSD-1。ノーマルSD-1が6,000円というバーゲン価格になっていることもあって、両者の間には、結果として1万円程度の価格差がついています。

この価格差と音との関係をどう整理するか。

両者を聞き比べてみると、SD-1Wの「S」モードと、ノーマルSD-1は、確かにわずかな差はあるのですが、ここに1万円の価格差を見出すのは、ちょっと理屈では難しいかもしれません。

ただ、一方で、SD-1Wの「C」モードについては、方向性こそ同じではあるものの、これはもはや、別のエフェクターとして理解してもいいのではないかと思えてきます。

そう考えると、SD-1Wは、「SD-1のパワーアップ版」というよりは「SD-1と、SD-1ベースのゲインアップしたオーバードライブの2個が1つになった商品」というふうに理解できてきます。

このあたりの感覚は、後発のJB-2に通じるところもあるかもしれません。

【レビュー】BOSS JB-2 最大の名作!?本気で使えるコラボペダル!今回は、BOSSのJB-2をご紹介します。 登場当時、かなり話題になったBOSSとJHSのコラボペダル。その実力のほどは…早速、見...

こういうふうに理解すると、SD-1Wの1万円の高さは、高いどころかむしろお買い得なのではないか…そうとさえ思えてくるほどになります。

【まとめ】SD-1愛好家にも、技クラフト入門編にも。

このように、今回ご紹介したBOSS SD-1Wは、多くの人に、長きにわたって愛されてきた、あのSD-1をベースに、サウンドを上質にしつつ、より強いドライブ感を得られるようにセルフモディファイしたオーバードライブです。

無印のSD-1がバーゲンセール的な価格になっている中、この1万円台後半になっているSD-1Wをどう評価するか…という話もありますが、S/Cスイッチの切り替えによって得られる2つのサウンドは、まさに「エフェクター2個分」の価値。しかも、それらの両方がSD-1愛好家にとっては「刺さる」仕上がりになっており、このサウンドは非常に魅力的です。

また、ベースとなるSD-1のサウンドが多くの人にとってなじみのあるものであるため、このSD-1Wは、「技クラフトの技術力がどのようなものか」というのを体験する意味においても、非常に大きな価値があります。

SD-1ファンの方にも、そしてBOSSコン愛好家の方にも、そして何より、普通に上質なオーバードライブを探している方に…ホントにオススメです。ぜひぜひ、試してみてください。

かとうたかこ
かとうたかこ
BOSSの技クラフトシリーズは、他にもレビュー記事がありますので、ぜひ合わせてご覧くださいね♪
【レビュー】BOSS BD-2W 「技 WAZA CRAFT」シリーズのBD-2。本日は、BOSSの歪みエフェクター、BD-2Wについてご紹介しようと思います。通称「ブルース・ドライバー」、BD-2が技クラフトシリーズ...
【レビュー】BOSS MT-2W 「技 WAZA CRAFT」のメタルゾーン。本日は、BOSSの新製品、MT-2Wについてレビューしてみようと思います。 BOSS MT-2W MADE I...
【レビュー】BOSS CE-2W Chorus 「技 Waza Craft」のコーラス!本日は、BOSSのコンパクトエフェクターから、「CE-2W Chorus」についてご紹介しようと思います。 ...
【レビュー】BOSS DM-2W アナログディレイのぬくもりと個性を。本日は、BOSSのエフェクター、DM-2Wについてご紹介させていただこうと思います。 BOSS DM-...
【レビュー】BOSS DC-2W レアでレトロ、そしてモダンな空間系。本日は、BOSSのコンパクトエフェクター、DC-2Wについてご紹介させていただこうと思います。 BOSS DC-2...

 

ABOUT ME
かとうたかこ
気がつけば、ギター・ベース歴は20年。ギターなどの楽器と音楽をこよなく愛する社会人のブログです。更新情報はTwitterやFacebookでも発信しているので、ぜひ下のTwitter・Facebookアイコンからフォローしてください!